最高の同窓会かも?

菊水楼に10時30分、集合した幹事たち。

少し遅れて私とウチに誘いに来てくれたミッチャンがせがれに送ってもらって少し遅れて到着したのが10時50分。

会場は菊水楼の南側1階の洋室に丸テーブルが並べられた光が差し込む明るい室内で53年ぶりの同窓会が開かれる。

11時30分から受付が始まり、名札を首から下げた同級生が会場横のラウンジに集まり始めた。

そして先生が登場。クラスが4組あった中で唯一ご存命の素敵な先生である。

11時30分、司会担当の酒井君と総挨拶の阪田君の進行で同窓会が始まった。

持ち込んだパソコンから流れる1960年代の音楽とマッチした空気感が心地良い。

ドリンクが運ばれてきて乾杯の無くなった方たちへの黙祷が続いた。

そこかしこで想い出話の声が聞こえてくる。

さて、そろそろ撮影を始めるか。

各テーブルを回ってみんなの笑顔をカメラに収める。

料理が運ばれてきて食べるのも喋るのも忙しくなってきた。みんなの話し声が室内に木霊して大きな流れとなりはじめた。

2時間近く経ってからクラスごとの撮影を始めた。みんな窓側に立ってもらって逆光の状態でストロボを光らせてシャドウを持ち上げた撮影をする。こうすると背景にストロボの嫌な影が出ないから良いのである。

ワイワイ言いながら各クラス毎の撮影を終えて、次は全員の集合写真。

これは室内では無理なので、南側の芝生に出て撮影を敢行した。

少し逆光になるが、そこは私の腕と補正技術でなんとかする。

撮影のデータを見てみると、ほぼ全員がとても良い笑顔をしてくれたので、とても魅力的な集合写真が撮れた。(と思う)

53年目の同窓会の一次会が終わって帰り際に「来てよかった!」「誘ってくれてありがとう!」の声を何人かから直接聞いただけで今日の同窓会は成功だったな。と感じたのである。


今なにしてる?Vol.11

外泊で自宅に戻っても目覚める時間は病院時間とほとんど同じになっていた。

寝室の窓から見える陽光
寝室の窓から見える陽光

天文薄明が終わりかける4時30分である。

5時10分になって東の空を見ると陽光が見えてきた。

真夏のような肌に纏わりつくような嫌な気温ではない5月の朝の空気は爽やかで心地良い。

今日は53年ぶりの【飛鳥小学校学年同窓会】開催の日だ。

昨夜はお風呂に入っているときにiPhoneに着信があった飛鳥小学校の同級生は私の心の支えであり親友のY・N君。

彼が同窓会に参加してくれることを知ったらクラス担任の富田先生どんなに喜んでくれただろう。

そう思うと胸が熱くなった。


今なにしてる?Vol.10

今は自宅の仕事場にいる。

退院したわけではない。外出届を出して“24時間の猶予”をもらった。

第してTwentyFour.

明日の飛鳥小学校学年同窓会に合わせて担当してくれている先生が薬を調整して体調を良くしてくれたのだ。

病院内に居ても「アイツ何処が悪いんや?」と言うくらいに元気に歩き回ってリハビリしたり、トレーニングルームでボートを漕いだり、体幹トレーニングをしている。

今まではほとんど通らなかった鼻はスコスコ通るし、匂いは感じるし、食欲はあるし、熱は出ないし、5年前の副鼻腔炎になる前に戻ったような快適な体調に戻った。

たったひとつ、免疫力が極端に低下していることを除いて。

PS:シャワーを浴びて🚿いたら電話が…

明日、参加してくれる同級生からだった。


今なにしてる?Vol.9

今日は朝一からリハビリテーションをやって午後にシャワーを浴びて部屋に戻り、親しい友人とLINEで喋っていたとき、部屋のドアをノックする音が聞こえた。

男性の声である。

誰だろう?と思ったが「どうぞ」と声をかけたら入ってきたのは……

忠ちゃんだった。

「えええっ〜‼︎来てくれたのか❣️

15年以上前から親しくしてもらっているクルマ仲間である。(バイクも)

日本中を忙しく飛び歩いている彼がやってきてくれた。

私の大好きなプリンを持って。


今なにしてる?Vol.7 & 8

今なにしてる?Vol.7

昼のリハビリテーションが終り、良い汗をかいて部屋に戻ってスポーツドリンクを飲んでいたら酒井君が来てくれた。

長3封筒を受け取りに来てくれたのだ。

おっとそのままでは帰さないぞ。

食べ物がいっぱいあるので、コーヒーゼリーをふたりで食べた。

食べながら明後日の打ち合わせもしっかりとやった。

幹事が集まる時間や流れの確認もだ。

私が出席出来なかったので聞き逃した話もしてくれた。

他にもいろいろ…

Vol.8は後半に続く・・・・・

“今なにしてる?Vol.7 & 8” の続きを読む

ポケットWi-Fiルーター“ちびファイ3”

入院して困ること。それはインターネット接続が出来なくなること。

そんなことしていないでテレビでも観てたらええのんと違うか?

御尤もごもっとも。しかし私はTVはほとんど見ない。

インターネットが無ければ動けない鮫か鮪のように死んでしまうのだ。(大袈裟)

それで入院が決まったときにMacBook Airを持ってきて、一人部屋にはネットワークコネクタ(RJ-45)があるので、それにUSBEthernetアダプターでMacBook Airを接続し、インターネット共有を使ってiPhoneやiPad Air2をWi-Fi接続して使っていた。

これの欠点はMacBook Airを常時立ち上げておかないといけないこと。但し画面を閉じてもWi-Fiだけは動いてくれるので特に不便は感じなかったが、部屋を空けるたびにロッカーにノートパソコンを仕舞い込んで出て行き、戻ったら再びWi-Fiの接続をつなぎ直す必要があった。

昔はAppleから“AirMac”という小型のポケットルーターが発売されていたが、現在はAirMacもAirMac Extremeも発売されていない。

あんな便利なものを置いておいてくれたら良かったのにと思うのだが、無いものはしょうがない。

で、Amazonで似たようなものを探したらこんなのを見つけた。

“PLANEX ホテルでWiFi コンセント直挿型 無線LANルーター ホテル用 11n/g/b 150Mbps ちびファイ3 MZK-DP150N PS4・AppleTV・WiFi-WiFiモード対応”

価格を見て再度驚いた。2,400円を少し切る安さ。これが使えたら言うことなし。ということで早速注文したのが昨日の未明の3時。

それが今日の17日の朝に届いた。届いたのは自宅。私は入院中の身。

家内が届けてくれるのを首を長くして待った。

午後1時35分にリハビリから戻ってきたらすでに家内が部屋に来ていた。

「Amazonから届いていたなんか判らへんものを持ってきた。」

家内にとって私の購入するものは解らないものだらけらしい。

早速開封して、RJ-45ケーブルを本体と病室の壁から出ているネットワーク端子に接続して、MacBook Airのネットワーク設定で本体裏に書いてあるSSIDPasswordを入力したらすぐにWi-Fiに接続が出来た。
(※SSID及びPasswordは変更可能)

これ、有線を無線(Wi-Fi)にするだけでなく、Wi-Fi – Wi-Fiの無線ー無線の拡張モードも設定が可能だ。


 

どうするかといえばスマートフォンのアドレスバーに192.168.111.1と入力すると設定画面が立ち上がる。

Login IDとPasswordを入れれば設定画面が表示される。
(※Login ID及びPasswordは変更可能)

 

この画面でWi-Fi設定・インターネット設定・ファームウェア更新・管理設定の4つでほぼすべての設定が可能である。



【天文薄明の時間帯】


大量のステロイド投与のおかげで鼻詰まり激減し、何年も失っていた匂いも復活、味覚も戻った。おかげで何を食べても美味しい。

でも良いことばかりじゃない。

ステロイドのせいで疲れているのに眠ることが出来ないのだ。
更に免疫力は低するため点滴で抗生物質の投与を何日か受けた。

それでも体調は健康的なレベルにまで回復して、何を食べても美味しいと感じられるのは心からうれしい。

こうやって毎朝未明に目が覚めてAmazonプライム・ビデオを観ながら日が昇るのを待つ毎日である。


天文薄明とは

薄明(はくめい)は、日の出のすぐ前、日の入りのすぐ後の、空が薄明るい(薄暗い)時のことである。大気中の塵による光の散乱により発生する。英語のトワイライト(twilight)も薄明のことである。

日の出前においては黎明(れいめい)、払暁(ふつぎょう)、彼者誰(かわたれ)、明け(あけ)、夜明け(よあけ)、暁(あかつき)、東雲(しののめ)、曙(あけぼの)などの名がある。

Wikipediaから引用


今なにしてる?Vol.6

お昼のシャワー浴びて部屋に戻ったらデザイナーの美由紀さんが来てくれた。

初めて出会ったのは今からもう14年ほど前のこと。

それ以来、私のことをずっと信頼してくれている素敵な女性だ。

もう何年会ってなかったのだろ?

リアルでは5年以上会ってなくてもLINEなバーチャルで繋がっていたから距離感は全くない。

そして今日は彼女の口からサプライズな報告を聞かせてもらった。

また来てくださいね‼️ 美由紀さん。


私の大好きなものを頂いた。ありがとうございます!

 


今なにしてる?Vol.5

今日も13時からリハビリテーションルームでトレーニング。

担当してくれている女性療養師先生がお休みの日なので若い男性の療養師先生がやってくださった。

アドバイスを頂いて良い汗をかかせてもらった。

話しをしながらやっていると辛いことなんか全く無し。
楽しい。

夜、夕食を終えた時にゴルフ場支配人の内田君が来てくれた。

大好物のホット珈琲とプリンを持って。

それから約2時間、色んな話をしたり聞かせてもらっているだけで、気力が漲ってくる。

気の置けない友の良さはこんなところにあるんだ。


お見舞いに頂いた差入れはみんな美味しい

ちょっと体調が良くなった…なんてものじゃない。

大量のステロイド投与と抗生物質のお陰なのは分かっているが、それにしても入院前どころか何年も前に感じていたくらいの体調の良さである。

5年ほど前に鼻茸(ポリープ)の手術後、副鼻腔炎になり、喘息になり、気管支炎になり、とロクな状態ではなかった身体から一気に膿が抜けさって、鼻は通るわ匂いはするわ、味覚は昔のように戻るわで絶好調になっている。

これもやっぱりステロイドの作用だが、副作用が怖い。

まあそれは置いといても、体調が良くなったことは確かなこと。

お見舞いに頂いた差入れをいくつか食べたのでここで紹介する。

「何が食べたい?」と聞かれたら口から出るのは「美味しい果物!」と言ってしまう。ケーキも好き、ゼリーも好き・・・・・

食べる前に撮影しようと思っているが、つい先に食べてしまって音方も無くなっているものもあるが、そこはご容赦。