ぜいたく豆本舗が年内閉店すると聞いて

Facebook友達で春日中学同級生の中野君がタイムラインに書いてくれていた情報「ぜいたく豆本舗が年内に閉店のお話」を知って、ちょうど大学時代の親友にぜいたく豆を送りたいと思っていたので、昨日の朝の開店と同時に出掛けて行った。

ここには春日中学・一条高校時代の同級生がお勤めされている。 続きを読む


Yahoo!メールってヤダねえ。

Yahoo!メール、使っている?

俺は使っていない。

昔、ヤフオクを始めた頃に作ったかはっきりした理由は定かではない。

このYahoo!メール、ブラウザーの右上に“未読11通”とか表示している。

そこをクリックしてメールの画面に移動するとズラッと来ているメールが分かる。

全部がYahooショッピングからだ。

一度でも楽天やYahoo!関連からネットショッピングをしたらうるさいほどメールが来る。

で、それを削除は出来るのだが、送信者を受信拒否リストに登録はできないようになっている。

これってどう考えてもおかしくないか?

一番の迷惑メールってYahoo!から来るメールだろ。

こんなメールアドレスは使いたくないわ。


肋骨が折れてました。

先週の日曜日に一階の居間の天井にLED照明を取り付ける際、二階の床板を外して天井裏を覗き込む為に身体を曲げて押し付けた時に胸からグキッと。

ヒビが入ったと思って翌日に診察を受けた時はそれほど酷く無かったが、3日後に喘息のキツイ咳が出た時に胸の痛みがかなり酷くなったので、我慢してたけれど、寝てるのが辛いくらいになり、今日の月曜日に整形外科の先生にレントゲン撮影とエコーをかけてもらったところレントゲン撮影ではかすかに骨がズレている映像が見えたので、先生が「エコーをする用意して。」と言われてベッドに横になり、痛みのある左胸にエコーを当てたところ、「うん、やっぱり折れてますねえ。ハッキリと写ってます。」と言われてその画面を見せてもらった。

ヤッパリ折れてたんだ。

どおりで痛いわけだ。

エコーを見せてもらったら、新しい骨も生成されているようだし、安静にしておけとのこと。

年末年始、辛いなあ。


写真が呼び覚ます記憶はすごい

小学2年生くらいだったか、遠足に行く電車の中で対面式の座席は国鉄の列車だろうか?

私の前に座ってこちらを見つめているのは仲良しの女の子。

「可愛かったなあ。」

「可愛かったよ。」

この前に懐かしい写真を送ってもらってお互いに口にした言葉だった。

電車が走り出す前に、ホーム越しに見送っていた彼女のお母さんの発した言葉まで思い出したのは写真の為せる力なのか?

関連記事:


パンツを買いに行った帰りに

大和郡山のUNIQLOにパンツを買いに行った帰り、あまりにもお腹が空いたので、奈良市三条桧町にある“さん天”奈良三条店へ立ち寄って天丼をお持ち帰りで買ってきた。

買ったのは季節限定の“海老牡蠣天丼” 690円。

美味しくいただきました。


居間の照明をLEDに

居間の照明を20wの直管蛍光灯から今時のLEDに交換しようとAmazonで調光・調色出来るのを注文。

この家を建てたのが1986年だから、この居間の照明器具を使い続けて32年前になる。

その照明を今ようやく交換しようと思った。

ここ数年前から室内に取り付ける照明器具の価格もかなり下がってきて、交換する気になった。 続きを読む


ST105.003を借りようと思った理由は?

店長に「お持ちのOMEGA SpeedMaster 3rdモデル、撮影させてもらえないでしょうか?もしもよろしければお借りできるなんてことは無理でしょうか?」と図々しいお願いをしてみた理由は、これをお借りして大和八木にある小柳時計店の店長にお見せしようと思ったのが発端だった。

ガンショップに伺う数日前のお話。

いつものように小柳時計店に行って主の小柳さんと「奈良市のガンショップの店長が非常に珍しいOMEGA SpeedMaster 3rdモデルをお持ちなんですよ。」と話したときのこと。 続きを読む


ST105.003はやっぱりお宝なのだ

Facebookを見ていたらこんな映画予告が載っていた。

時計ファン必見のおすすめ映画予告 – 『ファースト・マン』

来年2019年2月、全国ロードショーで公開される『ファースト・マン』は月面飛行の歴史が描かれて、これにはスピードマスターは欠かせない。

ということで持っているOMEGA SpeedMasterの中でもとびきりのST105.003(通称3rd Model)を引っ張り出してきた。

この時計、手に入れたのは1996年の事。SONY Cyber-Shot DSC-F1が発売されたときだ。どうしてCyber-Shotが関係あるのかって?

これが大いに関係があるのだ。 続きを読む