心の栄養

今日は朝から鳥見町の某クリニックに行って紹介状を書いてもらい、その足で15分走って一条高校の時の親友 久保田憲司君のおウチにお邪魔して来た。

柔らかな陽射しと爽やかな春らしい空気の中、彼のおウチの広い庭に椅子を並べて珈琲を飲みながら、互いの健康を気遣う会話から話が始まった。

今進めているウルフのレストア状況から始まり現在進行真っ只中のN700に話は移った。
彼のクルマに積んでいる木型を見せてもらっていたらあっという間に1時間以上が過ぎ去った。

12時30分から義兄の家に行く約束があったので、後ろ髪を引かれながら久保田君の家を後にした。

いつ会っても彼の前向きな話と姿勢は聞いていてワクワクする。


日本製のネットワークカメラ

2017年9月に購入したChina製のネットワークカメラが動作しなくなった。

ハードウェアが壊れたわけではない。ネットワーク・サーバーそのものが無くなったのだ。如何にも怪しげなChina製のネットワークカメラは決して買うものではない。

今回購入したものは株式会社塚本無線というネットワークカメラを専門に作っている日本製のネットワークカメラ。今更ながらYouTubeで検索したところたくさん出てきた。悪い評価ではない。良い評価なのだ。 “日本製のネットワークカメラ” の続きを読む


2TB HDDの分解

漢方薬を飲んだあと、処分する予定の外付けハードディスクが手元にあったのでバラしてみた。

すべてのネジがトルクスのT6とT8で固定されていた。強力なネオジウムマグネットも内蔵されている。

このディスクを破壊しておけばデータを呼び出される事は無い。


漢方薬局をやっている友人

ここ2〜3日、喘息がひどくて気道から擦れた音がして、大きな息をすると胸が苦しい。

高校の同級生でクラスメイトが薬剤師で漢方薬局をやっている方がいるのを知って、1週間ほどメッセージを使って問診を受けている。
その方の住んでいるのが東京田園調布なのだ。

1週間近くの細かい問診が終わって今朝、一番に漢方薬をいくつか調剤して送っていただいた。 “漢方薬局をやっている友人” の続きを読む


昨日は楽しい飛鳥小学校同窓会の幹事会

昨日で4回目(途中少数で集まったのはカウントしていない)の“飛鳥小学校学年同窓会を相談する幹事会”の第4回目。

場所はならまちセンター

1回目はみんながイタリアンのお店に集まったのが幹事会の集まり。

2回目は奈良県文化会館会議室に集まり、3回目はならまちセンター

そして今回の4回目も“ならまちセンター”だ。

開催される5月19日まで2ヶ月を切ったので、もう1度集まるぞ!って何やねん!集まるたびにプチ同窓会みたいやろ。楽し過ぎるやないか。

本番の同窓会になったら話すことが無くなるかもね。


君は少年ジェットを観たか?

懐かしいなあ、少年ジェット。
乗っているのはスクーターだぜ。

走り出す時にツーサイクルエンジンの混合オイルがちょっと濃いめで吐き出す白煙がスゴイだろ?。
それになんといってもノーヘルの爽快感がたまらんぜ!

賢いシェパードのシェーンもいつも一緒なんだぜ!
イイだろ?羨ましいだろ?
リードも付けずにバイクと一緒に走れるイイ時代だったんだぜ。

それに少年なのに銃を持っていて、悪い奴らが居たら撃てるんだぜ!
ザマアミロだ!

昭和30年代だからなんでもアリなんだぜ。
怖いもん無しさ。
イイ時代だったねえ。

平成の世ならノーヘルで捕まるし、バイクの白煙は整備不良で減点だぜ。飼い犬をリードも付けずにバイクと一緒に走ったりしたらえらいこったぜ。
更に拳銃不法所持とくれば刑務所行きだぜ。

昭和でよかったなぁ“少年ジェット”よ。
そんな平成の世もあと少しで終わるなあ。
もう一度あの自由な昭和が来るのかなあ?(んなわけないやろ)

※明るく元気で正しい心 少年ジェットこそ真の少年の姿である。
(昭和30年代限定の少年イメージ)


ソメイヨシノの枝

「まだ咲いてない桜の枝、少し切ったのあるからよかったら帰り取りにくる?」と東生駒に住む小学校の友達から連絡をもらったので、三碓にある鍼灸院に行った帰りにもらいに行ってきた。

鍼灸院を出て10分ほどで到着。

すでに友人は家の前に出て桜の枝を袋に入れて待っていてくれた。

今週初めに植木屋さんがおウチの桜の木(ソメイヨシノ)を剪定されたらしくて取っておいてくれたらしい。

インドネシア産マンデリンの珈琲豆も頂いてしまった。

さて、挿し木にするか盆栽にするか両方ともするか?


GX7Mk2のシャッター音を聞いたか?

5年ほど使い続けたPanasonic DMC-GX7(GX7と呼ぶ)。

硬質なメカニカルシャッター音がしていた。

それほど気にならなかったが、先日購入したPanasonic DMC-GX7Mk2(GX7Mk2と呼ぶ)の静かなシャッター音に驚いた。

変な音ではない。静かな囁くような、例えるならLeicaのシャッター音のよう。

雑音が無くて柔らかい音がGX7Mk2の音だ。

これは高速シャッター速度を1/8000secから1/4000secに低くなったのが音にも現れている気がする。

デメリットはストロボのシンクロ速度が1/250から1/160に低下したこと。

日中シンクロなどでストロボを駆動しないのであれば新しいGX7Mk2のほうが魅力的。

ここに音の比較動画を掲載。


昨年末のプレゼント

半世紀ぶりに会うことが出来た飛鳥小学校同級生の仲良しがくれた誕生日プレゼントの“達磨オブツーサ”と通称“ナンジャコレ”こと“アルブカ スピラリス フリズル シズル”に花芽が着いた。

最初に気づいたのは達磨オブツーサの方で「おおっ!芽が出ている!」と思って写真を撮ったあと、夜になったので南窓のある廊下の外に出してあった“アルブカ スピラリス フリズル シズル”を室内に取り込んだときに・・・・・

「こちらも花芽が出ている❗」

これも撮影したよ、もちろん。カメラは昨日買ったばかりのGX7MK2にマクロの30mmで。

すぐにLINEで連絡したら彼女のほうはまだ花芽が出ていないと返ってきた。

やるなあ、オレ。(オレがすごいわけではない)

花が咲いたら写真を撮って贈ろう。