春には和三盆の黒わらび餅

バイク仲間で高校の同級生がウチに来るときに持ってきてくれた“和三盆の黒わらび餅(by LAWSON)”が美味しくて探し回ったのは3年前の春のこと。

毎年、LAWSONで見つけては買って食べている。

今年も4月になって“和三盆 黒わらび餅”が食べたくなったので、デイリーヤマザキでいつもの“シュクレリーフとデンマークソーセージロール”と新しく発売された“カスタードフリッター”を買った帰りに西城戸町のLAWSONに立ち寄った。

デザートのコーナーを探したら“和三盆 黒わらび餅”をふたつ発見!

そそくさとEdyで支払いを済ませて持ち帰った。

春になるとわらび餅やくず餅が食べたくなるんだよねえ。

※3年前とはラベルデザインが少しだけ変わっていた。

3年前のラベルはこんなの ※毎日ローソン詣で


250TRのバッテリーを新しいものと交換

Amazonで注文した250TRのバッテリーを同じYUASAのものに交換した。

YUASAはYUASAでもAmazonで買ったのはTaiwan製。(元のKawasaki純正はChina製)

Webで純正のバッテリーを検索すると出たのがコレ。

買えませんがな、なんぼなんでも高いですがな。

22,788円(税抜)税込で24,611円。

今朝、佐川のオネエサン(いつも笑顔で挨拶してくれる)が届けてくれた。

昨日、旧バッテリーを充電しておいたので、比較のために両方の端子電圧を測ってみたところ、結果は旧が12.49V 、新が12.85V。

電圧の比較をしたあと、早速取り付ける。

セルモーター用のハーネスを避けながらバッテリーを押し込んで元通りに固定。

キーをオンにしてセルボタンを押すと躊躇ぜずにエンジンが掛かった。

Amazonが発売・発送している商品は充電済みとのことだが、普段通りにセルスター バッテリー充電器 DRC-300 を使って0.8Aで充電しておく。


250TRのバッテリーを外す

新しいバッテリーはまだ到着していないが、250TRから今のバッテリーを先に外しておくことに。

シートを外してECUを固定しているパネルのネジを3本外し、バッテリーを抑えているステーも外す。

右側のサイドカバーを外してからヒューズ類をまとめているコネクタを外してバッテリーを右側から抑えているパネルのネジも外す。

そしてバッテリーのターミナルからマイナスを外して最後にプラスを外してからバッテリーを右側にケーブルに干渉しないように注意して引き抜いた。

ああ、面倒くさいバッテリーなこと。

新しいバッテリーが明日到着したら取り付けるのを待つだけ。


250TRのバッテリーが弱って

外気温が20度超えになっているのに、ガレージに置いてあるときにはトリクル充電出来る充電器で補充電していないと、セルは回るがエンジンが始動しづらくなった。

一瞬エンジンが掛かるが爆発が続かない。

セルを回すための電力で火花が弱くなっている可能性有り。

30分ほど補充電してからセルを回すと一発始動。

この250TR、2012年モデルだから今年の7月が来たら8年目。

今まで一度もバッテリー交換していないのが凄い。

でもそろそろ寿命か?ってことで、バッテリーを物色。

いつものAmazonでTAIWAN YUASA [ 台湾ユアサ ] の品番がYTX7L-BSのものを見つけた。

250TRのバッテリーはYTX7L-BSである。

買おうかな?


エンジンクリーナーの使い方

買ってきたばかりのエンジンクリーナーでテストしてみた。

ホースの先をバケツに入れた水の中に入れて噴射するとちょっとタイムラグはあったが霧状になった水を吹き出してくれた。

だが、時々バケツからホースが外れていることに気づかずに使っていて、水が出ないことがあったので、ペットボトルにホースを差し込んで使うことにした。

そんなに大量に液は吸い上げなかったのでコレで良いかも。

ただ、ペットボトルのフタとホースがタイトなため、噴射していると負圧でペットボトルが凹んでしまうのがわかったので、ペットボトルのフタに小さな穴を穿っておいた。

結束バンドでホースを縛っているのは、差し込んだだけでは弱くて抜けてしまったことがあるためだ。


霧噴射と4段式

なんのこっちゃ?

霧噴射はエンジンクリーナーガンで4段式は3/8→1/4変換・1/4→3/8変換・3/8→1/2変換・1/2→3/8変換のアダプタのこと。

エンジンクリーナーが欲しくて買ってきた。たまたまバーゲンしていて1,339円

それと1/2→3/8変換が248円

他の変換ソケットは前から持っていた物。

もうひとつ、3/8DR ウォーブルエクステンション250mmで561円。

これは首振りタイプのエクステンションで、奥まで差し込むと固定できるエクステンション。

エンジンクリーナーガンは排水口の蓋とかを掃除するのに使ってみた。

高圧洗浄機ほどの強さはないが、それでも細かい所のヨゴレは落ちる。

更に他にも使いみちが・・・・・

これはまた次回に。


ギリギリで給油

久しぶりにKawasaki 250TRで大和郡山にあるアストロプロダクツまで走って行った。

途中で時々ガスが来なくなったので燃料コックを予備に切り替えた。

欠品している商品の注文をして、バイク好きのSさんとしばらくバイク談義してから250TRのエンジンを掛けて家の近くにあるマスオ石油で給油するために天理街道を走った。

天気も良くて普段よりクルマも多く、ストップ&ゴーの繰り返し。

ようやくマスオ石油に到着して250TRの燃料タンクの蓋を開けてレギュラーガスを給油。

6.59リットル入った。・・・・・・このバイクの燃料タンク容量は6.6リットル。

ほぼカラッポ。

飛行機やったら墜落寸前やったな。

122.3km走って6.59リットルの給油だと18.558リットルの燃費。悪い!

あんまり乗らないバイクやけど、たまにはガソリンを入れてやろう。


面白そうな工具とアダプター

工具のカタログを見るのが昔から好きで、つい最近もコンビネーションラチェットレンチを買った。

まだそれを使ってもいないのに、こんなものを見つけた。

昔からあるのかも知れないが私は知らなかった。

それがコレ。

TONE製のラチェットメガネ用アダプター差込角9.5mm 3/8.in用(RA3 )

他にも12.7mm 1/2in.用と6.35mm 1/4in.用がある。

その際のラチェットメガネレンチはそれぞれ19mmと10mmサイズのメガネ部分に差し込む。

これと組み合わせるのがTONE製の切替式ラチェットめがねレンチ13番。

このコンビネーションラチェットレンチはラチェット部分に13°の角度が付いており、リバースして使うようにはなっていない。

その代わりにラチェットの回転方向を切り替えることが出来るようになっている。

これにラチェットメガネ用アダプターを差し込んでラチェットレンチとして使うことが出来る。

ラチェットレンチは何本もあるけど、こうすると厚みがかなり薄くなるのがイイ。

とか言っているけど、いつ使うんだろう?

工具が好きな男の戯言だと思って見てくれ。

TONE ラチェットめがね用アダプター 差込角9.5mm 差込角9.5mm RA3
販売: Amazon Japan G.K.
¥ 422

TONE 切替式ラチェットめがねレンチ 二面幅13mm HPRMR-13
販売: Amazon Japan G.K.
¥ 1,364


大仏プリン

平城山大通り(ならやまおおどおり)は歯医者に行くときに通過する。

それ以外でもよくこの道を利用する。

奈良市内から般若寺を超えて天皇陵を通り過ぎたらイヤでも目につく大仏プリン本店。

ここはいつも購入客がいっぱいで、立ち寄りたいなと思いながらも一度も行ったことがなかった。

昨日はカインズホームの帰りに小雨の平日だったからお客さんが少ない。

かと思ったけどまったく変わらん。

プリンが食べたかったので買いに行った。

若い方が多いんだなあ、こういうお店は。浮いてる・・・・オレ。

大仏プリンを8個買った。
大仏プリン

写真は7個なのは1個先に食べたんだよ。

とても美味しいね、コレ。(高いけど)


コンビネーション ラチェットレンチ

前々から欲しいと思っていた工具を買った。

メガネ部分がラチェットになっているレンチで片方がオープンエンドのものだ。

で、これのオープンエンド部分がまたすごい。

オープンなのにラチェットになっている。

それを知って更に欲しくなったのでAmazonで買った。(どうやらラストワンだった)

SATA コンビネーションラチェットレンチという。(SATAは台湾のメーカー)

8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19mmの12種類。

このうち、15,16,18は滅多に使わない。(15だけは自転車で使う)

8mmから1ミリ単位で19mmまであるなんてイカスじゃないか。