“TL125Sイーハトーブのカムチェーンテンショナー” を

イーハトーブのエンジンのカムチェーンテンショナーが普段とは違う異音を発しだしたのでモトパワーに持っていって相談中。

私が壊した?

調べてもらったらカムチェーンテンショナー関連とヘッド&ヘッドカバーガスケットなどのパーツは全て鈴鹿にあるらしい。

モトパワーに預けたら一安心。

っていつも頼って預けてるんやけど。

モトパワーさん、修理の仕事がかなり多くて、車庫の中は預かり車両でいっぱい。「今、代車がすべて出払っていて、1台も無いんですけど…(^_^;)」と言われても「いいんですよ。大丈夫、迎えに来てもらいますから。」

せがれが会社帰りに迎えに来てくれた。

JFG RACING バイクハンドルバー 22.2mm バーハンドル

TL125sイーハトーブのハンドル、トライヤル車では定番のRENTHALが付いている。
アルミニウム合金なのは好きなのだが、幅は84cmあって低くて幅が広いので町乗りでは手首が疲れる。

それが嫌でモトクロス用ハンドルに交換した。
歳取るとだんだん気合が入らなくなったのもある。

新しいハンドルの素材は7075-T6(アルミニウム合金)ハンドル幅は75cm・高さ12.5cmで、手首の曲がりはRENTHALよりも少し角度が付いている。

気に入ったのは黒のマット仕上げでクラッチ側はローレットが切ってあり、アクセル側はツルッとした光沢仕上げだ。

そしてハンドルブレースも付いている。

TL125sイーハトーブのキックスターターにラバーを

イーハトーブのキックスターターは全て金属なので油断したら靴が滑る。そこでスーパーカブのキックスターターゴムを嵌め込んでみたらピッタリ❗️これでキックする時に靴👟が滑りにくくなると思うけど、どう⁉️.

※これを知ったのはInstagramで相互フォローしている“lonelineyo”さんがご自身のイーハトーブに施されていたやり方を真似ました。

Since the kick starter of the HONDA TL125s Ihatovo is all metal, the shoes sometimes slip. So if I try to fit the kick starter rubber of the Super Cub, it is perfect ❗️ I think that my shoes 👟 will be hard to slip when kicking with this, but ⁉️
#hondatl125s
#ihatovo
#Tl125s

イーハトーブTL125sBのペダル

TL125sイーハトーブのステップは金属製で小さいのが付いている。たぶんこれはトライアルを意識したサイズなんだろうと思った。

スタンディングで乗ったときにもじゃまにならない大きさってことなんだろう。

しかし街乗りメインの私には小さ過ぎるので、大きめのペダルを探していたところ、ヤフオク!でこんなのを見つけた。

オリジナルよりも随分大きいサイズのステップ。材質はステンレスとのこと。

【満足している点】
幅が広くて足が載せやすい。

【不満な点】
前後に幅があるので、スタンディングするときにちょっとだけ違和感あり。

TL125SBイーハトーブが来て1カ月

ひょんなことからTL125SBイーハトーブがウチにやって来て1カ月が過ぎた。

欠落していたパーツやボルト&ナット類、サビが酷かったヘッドライトリムや摩耗していたタイヤを交換し、貧弱な6Vの電装を12V化して実用に耐えられるようになった。

何もモノを積むことができないTL125SBのためにヤフオク!にmomotarouさんが出品されていた新品のステンレス製リヤキャリアを付けた。

乗った距離は36kmほど。

ほとんど走ってない。

暑いし・・・・(^^;;

TL125Sイーハートーブの12V化

GAG・CT110・EPOと12V化した実績ある12V化キットをヤフオクで購入。

6V電球をすべて12V電球に交換。
オリジナルのレギュレータとキットのレギュレータレクチを交換、ウィンカーリレーを交換、バッテリーを6V2Aから12V1.2Aのドライバッテリーに交換。
説明書に書かれているとおりにケーブルを差し込んで終了。

TL125SB(イーハトーブ)で走ると怖かった

MICHELIN TRIAL COMPETITION X11の4.00−18をリヤに2.75−21をフロントに履いたTL125SB。

思いの外4.00は太くてしかしブロックが柔らかくて「これで舗装路走るってどうよ?!」って思った。

家から数キロの距離にあるバイク仲間で友人の谷口さんのおうちまでブルーベリーをもらいに行くのに初めて乗ってみた。

クルマが走る国道は走らずに旧天理街道(狭い道)をクネクネと。

そしたら判ったことがある。

ハンドルは抉ってもダメ。カラダを曲がりたい方向に向けると自然にそちらに回頭するが、フロントで曲がるのではなくリヤが外側にスライドして曲がる感覚なのである。

いつも少しだけテールスライドしている気分でちょっと怖かったね。

タイヤを見ると「OFFROAD USE ONLY」だって・・・・判るわぁ〜。

価格はモトパワーで交換をお願いして40,050 円也。

渡りに船でやって来たTL125SB イーハトーブ

8月1日の夕方、ご近所の洋食屋さんのオーナーとガレージでばったり出会った時に「前にうちの店の前でホンダの・・・・トライアル車の何だったかな・・・イーハトーブだ!あれに乗っている友人が手放すらしいんだけど買いませんか。」と突然のお話し。

ホンダのイーハトーブと言えばバイアルスの後継機。
1981年発売のTL125SBの方である。CDIになったなかなか魅力的なトライアル車。

そして翌日の夜、ホンダ イーハトーブに乗った洋食店のオーナーの友人がうちにやってきた。

しげしげと眺めて欲しい心を封じ込めてもやっぱり欲しい。

「譲ってください。」

そう言ってその日のうちにガレージに収まったのである。

翌日の3日には名義変更(原付二種だが、同じ市内なのでナンバーは引き継げる)と自賠責保険の名義変更をして晴れて僕のものになった。

35年の歳月はあまり感じられないほどのキレイな個体である。

それでもいくつかはボルトナットの欠落や細かいサビがあるし、シートはお約束の破れもあるが、総じてキレイなバイクだ。

改造もされていないオリジナルのTL125SBなんてついぞ見たことがなかったからうれしい。