ホームセンターにドライバーを買いに行ったら

ガレージで使っているドライバーは30年ほど前にオートショップ・フクイ(現モトパワー)で購入したSnap-onと、以前から持っているPB(PB SWISS TOOLS)ドライバーを使っている。

いつ買ったのか忘れたが、VESSELのインパクトドライバーが使いやすくて気に入っていたので、バイクに載せて出かける用にVESSELの+とーのドライバーを買おうと11時過ぎにホームセンターのコーナン三条大路店に出掛けていた。

ドライバーはすぐに見つかったので周りにある電動工具を眺めていたら、そろそろ買い替え時だろうと思っている電動のインパクトドライバーを見ていた。

現在使っている電動ドライバーは10年近く前に購入したHITACHI(現HIKOKI)製の電動ドリルにドライバービットを取付けたりして使っている。
今欲しいのはリチウムイオンバッテリーを使った充電式インパクトドライバーなのだ。

ブラックアンドデッカーBOSCHコーナンブランドのものも置いてあったなかで、コレ欲しいなと思っていたのがRYOBI製のインパクトドライバー。

売りつくしの黄色いラベルが付いたRYOBI 14.4V 3000mAh BID1416が1個だけ置いてあったのだ。もちろんBID1416は現行品である。

1個だけですぞ、1個!残り1個に弱いのがワタシ。
それも旧価格の15,455円(税込17,000円)とはかなりのお得な価格。

迷いながらも工具コーナーの周りを歩いているとまた見つけました。
全く同じRYOBI 14.4V 3000mAh BID1416店頭展示品がなんと!11,819円(税込13,000円)だって!

どちらにするか迷いますがな、ドキドキと。

家内が病院に行くと言っていたので12時までに戻らなあかん。
後ろ髪を惹かれてVESSELのドライバーだけ買って帰りました。“+ー各1本で1,936円”

昼食を食べながらiPad ProでRYOBIインパクトドライバーBID1416を検索して見ると、Amazonが最安の19,818円でした。
他では新しい価格設定で23,000円〜29,000円の間で売っている。

家内が帰ってくるまで家を開けられないもどかしさ。

15時過ぎに家内が病院が終わって薬局から帰ってくるなりZE2インサイトでコーナン三条大路店に向かいましたとさ。

電動工具のコーナーに行ったらまだ置いてありました。

店員さんに声を掛けて「こちらの店頭展示品、ちょいと開けて中を見せてもらえやしませんか?いえね、手垢とか部品の欠損や欠品が無いか知りたいのでさぁ。」

ちょっと嫌な顔をしながらも黄色のジャケットを着た小太りの兄ちゃん盗難防止タグを切り離してくれたので、おもむろにケースを開けました。

チャラ〜〜〜〜ン。(蓋を開けた音)

「付属品有り・説明書有り・空箱有りでバッテリー2個付と書いてありますよね、でも1個しか入ってませんよダンナ。」と私は黄色のジャケットを着た小太りの兄ちゃんに言った。

「う〜ん、もしかしたらですよ。展示しているときにパクられたのかもしれません(^_^;)」

「もしもここで開封せずにレジに持っていって13,000円を支払ってルンルン(死語)で持ち帰って自宅で開封……無い……バッテリーが1個。となっていたかもしれないですよねえ。」

持ち帰ってから欠品に気付いてコーナン三条大路店に電話したら黄色のジャケットを着た小太りの兄ちゃんなら「このオッサン、ヤカラ言っているのとちゃうやろか?と疑うのと違いますか?」

「いえいえ、そんなこと有りません。開封してよかったですぅ!」
(最初は開封してくれと言ったときにちょっと嫌な顔をしたの誰やったかな?)

そんなことは噯(おくび)にも出さずに17,000円新品未開封の残り1個をレジに持っていったのは言うまでもない。

持ち帰ってウチのアトリエで記念撮影したのがコレだ。

前から欲しかったので嬉しいなあ。

※ここだけの話このセットがお買い得なのは、リチウムイオンバッテリーB-1430Lの価格がAmazonで12,360円、最安値が9,780円、だいたい13,000円前後で売っているので本体+充電器+3,000mAhバッテリー2個付で17,000円はかなりのお買い得である。

美味しい食パンと香り豊かな珈琲

朝から友人を病院に送ったり家内とトイレットペーパーの買い物に付き合ったりとあちこち出掛けていたので,いつもの美味しい食パン🍞を天迦久珈琲に買いに行くのが午後になってしまった。

そして今日は香り高いコーヒーを飲んできた。秋の穏やかな水曜日の午後である。

 


#天迦久珈琲
#いつもの美味しい食パン🍞
#タンザニアコーヒー🇹🇿

ご近所の男性のスーパーカブ90にLED補助ライトを

私のスーパーカブ90カスタムの補助ライトはとても明るい。明るいだけでなくワイドレンジでカットラインがあって対向車を幻惑しない優しい仕様になっている。

それを見たご近所の男性が私のスーパーカブ90カスタムの明るいヘッドライトを見て「私のは暗くて夜走るのが怖いんですよ。」と話していたので、手元にはLEDライトが2個余っているし、スイッチもあるし、配線するためのケーブルもあるしということで取り付けて上げることにした。
話が始まったのは1週間ほど前のことである。

最初はライトだけ売って欲しいと言われていたのだが、そのパーツを持って“とあるバイク店”に持ち込んで取付けてもらう…と聞いたときに、「私が取り付けたほうが間違いないかな?」と思って「取り付けしましょうか?」と話したのがきっかけだった。

余っている部品だし購入してもLEDライトとスイッチと配線ケーブルやギボシなども含めても2,500円ほどのものだから何かと物々交換ということで話がついた。

13日の日曜日の10時15分にうちのガレージに持ち込まれたスーパーカブ90カスタムのヘッドライトを外してACC電源を探し、分岐ケーブルを取付けてヒューズを取り付け、ハンドルにスイッチを取付けて1時間ほどで完成。

12時前に受取りに来てくれたので早速物々交換のケニア産の豆を深入り焙煎してもらったブラックコーヒーを淹れて頂いた。

もうムフフである。なんのこっちゃ…

第13回 奈良カブミーティング

今日は一年ぶりの奈良カブミーティングに行く日。
今年の5月に第12回が開催されたんだが、あいにくの雨だったので私は行くのを辞めた。

そして今日は第13回奈良カブミーティング。
秋晴れの爽やかな日となったので、きっとかなりの台数が集まるのではないかと思って少し早い目にCT110に乗ってガレージを出た。

前回の奈良カブミーティングの時にはスーパーカブ90カスタムで行ったので、今回はCT110にしたのだ。

10時から開催だが9時15分に会場である奈良県田原本の唐古・鍵遺跡史跡公園に到着。

すでにこの時間でもかなりの台数が会場内に入っていたのには恐れ入った。
芝生の上はエンジンを掛けて入っては駄目らしく押して行ったが、老人にはコレが結構辛いのだ。

それでも会場の西の方までCT110を押して行って駐車することが出来た。

会場内で最初に見つけた知り合いは昔からお世話になっているNS-PGさんのスーパーカブ。

続いて昨日西宮からやってきたヘビーデューティな走り屋さんのカププロに乗る網さん。網さんは昨日の昼前にウチに来てくれたので、ふたりで古市にあるお好み焼き屋“なか尾”でたこ焼きを食べに行ったのだった。

3人目は同じ奈良県の桜井市にお住まいの“おさむちゃん、ほんでカブ”さんだ。
1年ほど前にヤフオク! で落札したC50に乗って来られていて、キャリアの上に付いている金属製のトランクを奈良公園の鹿のような模様に塗装されていたので、すぐに見つけることが出来た。

自分のCT110のところに戻ってInsta360oneを取付けて撮影しようとしていたら、目の前を著名なYouTuberで映画監督のソエジマックスさんがカメラを構えて撮影しながら歩いている姿を見つけたので迷惑を顧みず声を掛けた。

映画監督でもあり著名なYouTuberのソエジマックスさん
映画監督でもあり著名なYouTuberのソエジマックスさん

この方とは同じ大学出身と言うこともあって親近感がある。
(と私が勝手に思っているだけ)

しばらく話をしていると、彼は私のCT110のフロントフェンダーの後ろに貼っているソエジマックスさん(副島新伍さん)の作られたステッカー“原付二種教カブ宗”を見つけて撮影してくださった。😁

更に買ったステッカーには入っていなかった新しいステッカーを頂いて記念写真も撮って頂いた。

YouTubeで話されるときにはかなりのハイテンションだが、直に話をしたらとても優しいきれいな落ち着いた声で話をされるのに驚いた。
とても魅力的な方なんだとすぐに感じた。

私のCT110のすぐ後ろにはレインボーカラーのレッグシールドを描いたきれいなカブが止まっていたので、しばらく待っていると持ち主が戻ってきたので話しをすることが出来た。

一緒に居てくれたNS-PGさんから彼女は関東(さいたま)から来られた女性だと教えてもらった。なんとハンドルネームが“おばはんとカブ”と言うらしい。
私からしたらきれいな若い女性にしか見えないが…😁

少し話をして彼女のステッカーもゲット。

13時頃に小腹が減ったので会場を眺めていたらカップに入ったワッフルを食べている人がチラホラ。なんだかとても美味しそうだったのでどこに売っているが探したらすぐに可愛いブルーに塗られた販売のクルマを見つけて買いに行った。

クルマからはワッフルの甘い香りが漂ってくる。

15分ほど待って私の番が来た。モンブランのワッフルを注文で価格は500円。

私の後ろには2人の人が並んでいて、そのうちのひとりが注文したらそこで売り切れとなった。私が最後から二番めだったらしい。

そのときのワッフルがコレ。出来たてのワッフルにモンブランがトッピングされていて、とても美味しかったぞ。


工具メーカーTONEの強力ニッパー(KN-150)

14時過ぎまで会場内を観て歩いていて工具メーカー“TONE”のブースに立ち寄ったら強化ニッパー(KN-150)1,000円という格安価格で売っていたのでひとつ買った。
あとで思ったのだが、新品なら3,000円ほどもする強力ニッパーなので、もう2個買っておけばよかったとかなり後悔した。

それには雲が少し多くなってきたので会場をあとにすることにした。

15時に帰宅したら歩き疲れて足がクタクタに。

それでもやはり楽しいカブミーティングだった。

また行くぞ。

これは会場で頂いたステッカーの数々。

奈良カブミーティング会場でゲットしたステッカーたち

私も来年に向けて自分のステッカーを作ろうかな?いや、作るぞ。

洋食レストラン“明倫館”でランチ

奈良市の南京終町にある洋食レストラン“明倫館”で家内とランチをしてきた。

ここは昔からある老舗の洋食レストランで喫茶店でもある。

落ち着いた洋風の建物の中に入れば天井が高い雰囲気のあるお店。

Google Mapの評判で見たハンバーグを食べたくなったので家内と行ってきた。

検温を済ませて席に着くと注文を取りに笑顔の女性がやってきてメニューを渡してもらい、私は黒和牛ハンバーグデミグラスソース添えとパンに珈琲、家内は黒和牛ハンバークにパン。

ハンバーグはとても美味しくてサラダも私好み。ご飯の代わりに選んだパンもサラダやハンバーグと会う美味しいパンでした。

食後のコーヒーもどんなのかな?と思って楽しみに待っていたら、香り高くて苦味が甘い香りに変わる美味しいコーヒーです。

若者の駆るCB250RとVT250Fインテグラでプチツーリング

これは少し前から計画していた話である。

私の友人のご子息がHONDA CB250Rを2021年12月に購入したのを聞いていた。それから9ヶ月が過ぎてだいぶ乗りなれたんだろうと思ってメセージアプリを使って聞いてみたら、「よく乗ってますよ。」とのことだった。

「お願いがあるんだけど一度私と一緒にツーリングに行ってくれない?」とお願いしてみた。ツーリングなんて滅多にしたことがないし、ひとりで走るのがだんだん怖くなってきているのだ。

「良いですねぇ!」と言ってもらえたので近いうちにふたりで近所をプチツーリングすることにした。この話をしていたのは8月28日のことである。最初は彼のお父さんである私の友人にその話をしておいたのだ。

それから約半月。新しいヘルメットを買ってインカムを取り付けたのはこのツーリングのため?

行くルートは“道の駅なら歴史芸術文化村”で待ち合わせて、そこでインカムの接続をしてから国道369号線(柳生街道忍辱山)を走って道の駅針T・R・Sで休憩し、天理ダムを通って待ち合わせ場所の“道の駅なら歴史芸術文化村”に戻ってくる約90kmほどのルートを予定していた。

そして9月17日(土曜日)の朝、九州の南側には超大型の台風14号が接近してきていて風が普段よりも強くなっていたが、午前7時に家を出て待ち合わせ場所から柳生街道を走って針テラスに立ち寄り、戻ってくる時間は約3時間あまり。

ツーリングと言うには恥ずかしいほどの距離だが私の体力と39年目になる古いバイクのVT250Fインテグラには丁度いい距離だ。

午前6時30分にVT250Fインテグラに乗って家をでて7時に待ち合わせ場所の“道の駅なら歴史芸術文化村”に7時ちょうどに到着した。5分ほどして和君CB250Rがやってきた。

挨拶もそこそこにインカムの接続を試みる。彼のはLEXIN B4FMで私のインカムは同じメーカーだがLEXIN ET COMという最廉価版のもの。1:1でしか繋げないもの。

しかし今日はふたりなのでなんの問題もない(はず)

互いのインカムをユニバーサル接続モードにして接続を試みる。試すこと2〜3回でヘルメットに仕込んだスピーカーから互いの音声が聴こえるようになったのでスタートした。

奈良市内に入り般若寺交差点を右折し、国道369号線柳生街道に入る。
この道沿いにはゴルフ場があるので、そこに向かうクルマと柳生街道を走りに来るバイクがたくさんいるのだ。

柳生街道沿いには秋を感じるコスモスと彼岸花が咲いていた。

しばらく走ると霧雨のような雨が降ってきて寒くなってきたので、持っていったMA−1タイプのジャケットを上から重ね着することにした。

停車して服を着ているとSSバイクたちがえらい勢いでコーナーを走り去るのを見た。

このまま国道369号線を走ったら針テラスにつくのだが、何を間違えたのか月ヶ瀬方面にいってしまったのだ。

気が付いたら布目ダム…だったので、そこから水間トンネルを抜ける県道80号線(奈良名張線)に入って岩井ダムの横を抜けて“ファミリーマート奈良白毫寺店”でトイレ休憩。

ココまで降りてくると雨の気配はまったくなく空には青空が見えていたのはなんとも皮肉である。

ウチの家に戻り、ふたりでコーヒーを飲んでしばし休息してから和君のCB250Rのチェーンが伸びてきているので調整のためにモトパワーさんに行くことに。

10時30分にモトパワーに着いて、すぐにCB250Rのチェーン調整をしてもらった。タイヤのエアが低かったのとホチキスの針が刺さっていたと言われた。

ここで和君のCB250Rと私は解散することに。

午後から私はクルマに乗って小柳時計店に行く予定なのだ。

今度は“星咲きアサガオ”が咲いた

6月4日に飛鳥小学校の同級生におウチまで誕生日プレゼントを届けた日に、ポットに入ったアサガオの芽をふたつ、ひまわりをひとつ、紫陽花をもらってきた。

届けたよりもらったもののほうが多い気がする…(^_^;)

家に帰ってポットごと新しい鉢に植え替えして裏庭と中庭に置いて育つのを見ていたら、7月20日裏庭に置いてあった鉢から紫色の星咲きアサガオが一輪が咲いた。

それからは毎日新しい星咲きアサガオが一輪また一輪咲くようになった。

一番多かったのは28日に咲いた四輪の花。

そして今まで一輪も咲かなかった中庭に置いた星咲きアサガオが29日に朝に咲いたのだ。

 

色は赤色!これからはこちらも毎日咲いてくれそうだ。

星咲きアサガオは昼過ぎまで咲いているアサガオだと教えてもらった。

今年もフウラン(風蘭)が咲いた

2020年7月8日に幼馴染で同級生の友人からもらったフウラン(風蘭)が今年も7月に花咲いた。

今年で2年目になるが毎年少しづつ花の数が増えている。

今年は特に花の数が多くて、最初の年と比べて二倍以上に増えたので、その分香りも楽しめるようになった。

バニラのような甘い香りを夕方になると漂わせてくれる。

 

ユーフォルビア・ソテツキリン“蘇鉄麒麟”

今朝のこと、幼馴染の親友から小柳時計店さんまで掛け時計を受け取りに行くとメッセージをもらったので「だんご庄のおだんご買って来てもらいたいなあ。」と心の中で思ったけど、よう言わんかった。

お昼前にピンポ〜ン❗️

彼女のお友達とふたりで来てくれて“だんご庄のおだんご”を持って来てくれた❣️

もしや心の中を読まれたのか?

それと“ユーフォルビア・ソテツキリン(蘇鉄麒麟)”をプレゼントをもらった。

SV503 70ED F:6 420mmの撮影テスト

こんな梅雨時期だから夜空も見れないので、新しく買った屈折式望遠鏡の撮影テストをするのには時間もたっぷりとあってもってこいである。

天体が撮影出来ないので、いつものように若草山に望遠鏡を向けてのテストだ。

天候の問題もあるが、若草山の展望台までの距離はおおよそ2,500mである。撮影に使ったカメラはNIKON V1のボディを直接焦点で撮影したもの。
画質はかなりシャープで、口径70mmとは思えないほどのシャープな画像が得られた。

クリックすると赤で囲んだところが拡大表示される

このSV503 70EDは鏡筒のみの販売なので、ファインダーはおろか、ファインダーを取付ける台座さえ付いてこないので、購入後すぐにファインダー台座を注文して取付けた。

本体の焦点距離は420mmだが、今日の長さは320mm程しかない。そのために1.25in.のアイピースを差し込んでもピントは合わない。ここでまたメーカーの製品紹介文をコピペしておく。

優れた光学性能を発揮する「S-FPL-51」素材を使用したEDガラスレンズを採用することで、色収差(色のにじみ)を抑えたシャープな像を楽しむことができます。

「70MMEDレンズ」
「EDレンズS FPL-51」が1枚特殊な硝子材を使用した、より高性能な対物レンズを備えた、通常の光学ガラスと比べて、「色収差」という現象の補正、解像度やコントラストを向上します。

「デュアルスピードフォーカサー」
減速比1:10、2インチスリープ・1.25インチスリーブの変換アダプタが付属します。接眼部の繰り出しはラック&ピニオン方式。重い機材を装着した際の緩みやズレを防止できます。
さらに、接眼部全体を回転させる機構も付いています。この機構を使えばファインダーを見やすい場所に調整できますし、天体写真撮影の際の縦横切替にも便利でしょう!

[内面反射防止対策]
「遮光リング」があり、鏡筒内での乱反射を遮蔽しコントラスト向上に寄与しています。

「小型・軽量・コンパクト」は光学性能と同じくらい重要な要件であるといえます。持ち運びにも便利で、操作時に簡単もなります。鏡筒バンドは完全に取り外すことができます。

SVBONY製品説明

元箱から取り出して収納しておくケースが欲しかったので、ネット検索したらコーナンでアルミケースが売っている。そのサイズが微妙に一致するのだ。そのケースをすぐに購入し、パッキングされていた緩衝材を少しだけカットしてアルミケースに押し込んだらピッタリの専用ケースが出来上がった。