若者の駆るCB250RとVT250Fインテグラでプチツーリング

これは少し前から計画していた話である。

私の友人のご子息がHONDA CB250Rを2021年12月に購入したのを聞いていた。それから9ヶ月が過ぎてだいぶ乗りなれたんだろうと思ってメセージアプリを使って聞いてみたら、「よく乗ってますよ。」とのことだった。

「お願いがあるんだけど一度私と一緒にツーリングに行ってくれない?」とお願いしてみた。ツーリングなんて滅多にしたことがないし、ひとりで走るのがだんだん怖くなってきているのだ。

「良いですねぇ!」と言ってもらえたので近いうちにふたりで近所をプチツーリングすることにした。この話をしていたのは8月28日のことである。最初は彼のお父さんである私の友人にその話をしておいたのだ。

それから約半月。新しいヘルメットを買ってインカムを取り付けたのはこのツーリングのため?

行くルートは“道の駅なら歴史芸術文化村”で待ち合わせて、そこでインカムの接続をしてから国道369号線(柳生街道忍辱山)を走って道の駅針T・R・Sで休憩し、天理ダムを通って待ち合わせ場所の“道の駅なら歴史芸術文化村”に戻ってくる約90kmほどのルートを予定していた。

そして9月17日(土曜日)の朝、九州の南側には超大型の台風14号が接近してきていて風が普段よりも強くなっていたが、午前7時に家を出て待ち合わせ場所から柳生街道を走って針テラスに立ち寄り、戻ってくる時間は約3時間あまり。

ツーリングと言うには恥ずかしいほどの距離だが私の体力と39年目になる古いバイクのVT250Fインテグラには丁度いい距離だ。

午前6時30分にVT250Fインテグラに乗って家をでて7時に待ち合わせ場所の“道の駅なら歴史芸術文化村”に7時ちょうどに到着した。5分ほどして和君CB250Rがやってきた。

挨拶もそこそこにインカムの接続を試みる。彼のはLEXIN B4FMで私のインカムは同じメーカーだがLEXIN ET COMという最廉価版のもの。1:1でしか繋げないもの。

しかし今日はふたりなのでなんの問題もない(はず)

互いのインカムをユニバーサル接続モードにして接続を試みる。試すこと2〜3回でヘルメットに仕込んだスピーカーから互いの音声が聴こえるようになったのでスタートした。

奈良市内に入り般若寺交差点を右折し、国道369号線柳生街道に入る。
この道沿いにはゴルフ場があるので、そこに向かうクルマと柳生街道を走りに来るバイクがたくさんいるのだ。

柳生街道沿いには秋を感じるコスモスと彼岸花が咲いていた。

しばらく走ると霧雨のような雨が降ってきて寒くなってきたので、持っていったMA−1タイプのジャケットを上から重ね着することにした。

停車して服を着ているとSSバイクたちがえらい勢いでコーナーを走り去るのを見た。

このまま国道369号線を走ったら針テラスにつくのだが、何を間違えたのか月ヶ瀬方面にいってしまったのだ。

気が付いたら布目ダム…だったので、そこから水間トンネルを抜ける県道80号線(奈良名張線)に入って岩井ダムの横を抜けて“ファミリーマート奈良白毫寺店”でトイレ休憩。

ココまで降りてくると雨の気配はまったくなく空には青空が見えていたのはなんとも皮肉である。

ウチの家に戻り、ふたりでコーヒーを飲んでしばし休息してから和君のCB250Rのチェーンが伸びてきているので調整のためにモトパワーさんに行くことに。

10時30分にモトパワーに着いて、すぐにCB250Rのチェーン調整をしてもらった。タイヤのエアが低かったのとホチキスの針が刺さっていたと言われた。

ここで和君のCB250Rと私は解散することに。

午後から私はクルマに乗って小柳時計店に行く予定なのだ。

RSTYLE建築工房さん

私が生まれてから20代の頃まで過ごした家は奈良町にある町家で築百年超えの古い家でして、それの建替えを決心した30歳の時に金融公庫から借金して建てたもの。せがれが2歳のときでした。

古い吊り天井は隙間が出来て雨漏りもあり、障子や建具は柱と隙間が出来るほど傾いていました。

今のように古い町を保護するための補助金も無かった時代。いわゆるバブル時代に突入していた1984年頃の話です。

会社勤めで30歳前の若造の私に工務店の付き合いなどありません。

母親の遠縁で不動産をやっている方から紹介を受けた工務店に家の問題を話したとき、『古い町家の改装…』と言っただけで“古い建屋の枯木は鋸や鉋が痛む”とか“改築より古い建屋を壊して新築するほうが良い(費用の問題)”とか暗に遠回しに言われたのでした。

今の時代なら生まれ育った家でもあり趣のある奈良町の町家を改築してくれる工務店はあるでしょうが、あの頃は今のようにインターネットで探すことも出来なかったし知る由も無かった時代でした。

工務店と打ち合わせをして古い建屋を取り壊し、建て替えた今の住まいはあっという間に38年が経過してあちこちに傷みが出てきました。

いろんなところに不具合はありますが、気になるのは少し前から狭い玄関の床板が撓むようになってきていたのです。

さて、どうしたものかと家内から相談がありまして、真っ先にアタマに浮かんだのは同じ町内にあった町家をCafe春として改築される時に知り合ったRSTYLE建築工房の代表の茨木さんでした。

改築後も度々Cafe春や本店の洋食春のご相談に乗られており、手厚いフォローをされているのをFacebookで見て羨ましく思っていました。

代表の茨木さんとはそれ以降FacebookやInstagramで相互フォローしてもらい、投稿された話や写真をいつも見ていたので、“もしも私が家の事で相談するならRSTYLE建築工房さん”と思うようになっていました。

話は4日前の7月30日に遡ります。
茨木さんと面識があると言ってもそれはあくまでもSNS上の話し。
リアルでお話ししたのは数年前にcafe春の改築時に名刺を頂いた時以来です。

7月30日の土曜日の夜、ドキドキしながらメッセージアプリを通して家の玄関の問題をご相談したのでした。

そうしたらすぐに既読が付き、1分と経たずに返信を頂きました。こちらの家の状態を伝えたら休み明けに来てくださるとのこと。

お恥ずかしい話、自分の名前も書かずにメッセージを送ったにも関わらずプロフィール写真を見て私だと分かってくださったのです。ああ恥ずかし。

3日後の8月2日の朝、玄関で待っていたら10時10分前に来てくださいました。

すぐに玄関の床の撓む様子を見て下さり、私には思いもよらなかった方法で床下の確認方法があるのを話して頂き、更に“今すぐ処置が必要ではないけれど修復するにはこんな方法があるよ。”と教えてもらいまして近い将来に対処して頂ける事になりました。

その後ガレージに移り、家内が出掛ける前に私に渡していった缶コーヒーを飲みながらバイクの話や昔話になりました。

もしかしたらこちらでバイクなどの話を茨木さんから聞きたかったり、私が話しをしたかったのが本命だったのかも知れません😅

話をしているのが楽しいものだからつい長々と引き留めてしまいました。

お忙しい中を朝一番に来て頂き心から感謝。

今度は“星咲きアサガオ”が咲いた

6月4日に飛鳥小学校の同級生におウチまで誕生日プレゼントを届けた日に、ポットに入ったアサガオの芽をふたつ、ひまわりをひとつ、紫陽花をもらってきた。

届けたよりもらったもののほうが多い気がする…(^_^;)

家に帰ってポットごと新しい鉢に植え替えして裏庭と中庭に置いて育つのを見ていたら、7月20日裏庭に置いてあった鉢から紫色の星咲きアサガオが一輪が咲いた。

それからは毎日新しい星咲きアサガオが一輪また一輪咲くようになった。

一番多かったのは28日に咲いた四輪の花。

そして今まで一輪も咲かなかった中庭に置いた星咲きアサガオが29日に朝に咲いたのだ。

 

色は赤色!これからはこちらも毎日咲いてくれそうだ。

星咲きアサガオは昼過ぎまで咲いているアサガオだと教えてもらった。

今年もフウラン(風蘭)が咲いた

2020年7月8日に幼馴染で同級生の友人からもらったフウラン(風蘭)が今年も7月に花咲いた。

今年で2年目になるが毎年少しづつ花の数が増えている。

今年は特に花の数が多くて、最初の年と比べて二倍以上に増えたので、その分香りも楽しめるようになった。

バニラのような甘い香りを夕方になると漂わせてくれる。

 

ユーフォルビア・ソテツキリン“蘇鉄麒麟”

今朝のこと、幼馴染の親友から小柳時計店さんまで掛け時計を受け取りに行くとメッセージをもらったので「だんご庄のおだんご買って来てもらいたいなあ。」と心の中で思ったけど、よう言わんかった。

お昼前にピンポ〜ン❗️

彼女のお友達とふたりで来てくれて“だんご庄のおだんご”を持って来てくれた❣️

もしや心の中を読まれたのか?

それと“ユーフォルビア・ソテツキリン(蘇鉄麒麟)”をプレゼントをもらった。

同級生の誕生日プレゼント用に作ったSD木製パズルキット

誕生日のプレゼント用に買った木製パズル組み立てキットを昨日の朝から3時間ほどで作ってみた動画。

今まで法隆寺五重塔を作ったことがあった。

あれはとても良く出来ていたので、誕生日のプレゼントに良いかなと思って5月には海苔屋の若旦那にはクラシックカーの木製組み立てキットをプレゼント。

6月には仲の良い小学校の同級生の誕生日プレゼント用に買って

「こんなの誕生日のプレゼントなんだけどどうかな?」と話したら

「よう作らんから作って…(^_^;)」と言われたので作ることにした。

私はこういうのを作るのが楽しみなのです。ウシシ〜

久しぶりにイムラ仲間の食事会

長いあいだ親しい人達で集う食事会が出来なかったので、支配人のウッちゃん誕生日を祝うために集まろうよと、イムラの仲間で食事会をやった。

場所はJR奈良駅の東側にある“囲炉裏と地酒 大和乃山賊奈良店”で夕方の18時50分に集まった。

集まったと言ってもいつものようにウッちゃんが私を迎えに来てくれる手筈なので楽して行けるのだ。

現地集合でコインパーキングにクルマを止めて歩いていったらすでに姐さんは来ていた。

小さめの個室に案内されて飲み物やら一品物やらを注文しては話し食べの楽しい時間を過ごした。

21時になって珈琲を飲みたくなったので3人でコメダ珈琲に行って写真を撮ってお開きにした。

短い時間だったが気のおけない仲間との時間は何事にも代え難い楽しみである。

苔テラリウム

苔テラリウムを真上から24mmと85mmで撮影してみた。

『苔テラリウムで咲いてるのムラサキサギゴケだよ』と親友からメッセージで教えてもらいました😍

#苔テラリウム

西宮市よりカブ仲間来る

西宮市からカブ仲間の客人 網谷さん来たる。

今日は笠置でキャンプするそうな。

そして明日は唐古遺跡公園のスーパーカブミーティングに参加予定。

奈良に来られるときはあの原付殺しの“暗峠”を超えてくるというツワモノ。

#スーパーカブ仲間
#ガチのタイガースファンらしい
#私は野球がわかりません

今日は楽しみにしていた友人の自転車のタイヤ交換

先週、VT250F2Dでの帰り道、高畑町に住んでいる小・中学校の同級生で親友のガレージに立ち寄ったとき、

友人が「自転車のタイヤがかなり劣化しているので交換しようと思っているんだ。」と言ったのを聞いて「こりゃ楽しみが増える。僕にさせて!」とお願いしておいた。

週末にタイヤが入荷するので、交換は週明けの月曜日の朝に決めた。

スーパーカブに自転車用のタイヤ交換グッズを積んで5分も走れば友人のガレージ。

広いガレージで作業するなんて最高だね。

頼んでおいたダンボールとクッション材も敷いておいてくれた。

自転車を天地逆にしてクイックリリースを緩めて後輪から外し始める。

エアを抜きタイヤレバーで2箇所をリムから外したら、ビードクリームをタイヤのビードに塗っておくと、あら不思議…タイヤとチューブは簡単に外すことが出来る。

新しいリムバンドを取付けてから新しいSchwalbeのタイヤにエアを少し入れたチューブを先に入れておき、バルブ側からリムに差し込んで、あとは手のひらで押し込んでいく。最後だけアルミのタイヤレバーでビードを落とせば完成。

前輪も同じ要領で取り外してタイヤ交換は終わり。

時間にして45分ほどだった。

あとはブレーキ調整をして完成。

友人が美味しいホットコーヒーを淹れてくれたので、珈琲を飲みながら楽しい時間を過ごしてきた。

自転車やバイクのタイヤ交換は楽しいぞ😁