WA COLT’S GOVERNMENT MK/IV SERIES’80 DX PEARL GRIP

 

12月2日にヤフオク!で落札したWA製コルト・ガバメントMK/IV シリーズ’80 DXパールグリップが届いた。

この出品者はいつも即決価格で出品されているから、モノが良ければすぐに落札する必要がある。

今回落札したのは2005年10月中旬に限定商品としてSCW(渋谷カスタムワークス)として発売されたSCW Ver.2の限定品である。

この頃の特徴は固定ホップではなく可変ホップシステムでバレルはクロームメッキ(今は真鍮のまま)で、このDXタイプはハンマーとシアーがロストワックス製のステンレススチールで出来ているのが良い。

スライドの仕上げはきっちりと平面が出ていて、ミーリング仕上げのようなツールマークがスライド側面に残っている。

出品されている説明には“新品未使用”と書かれていた。良いんじゃないの〜。

届いてすぐに開封してチェック。バッチリである。

ガスを入れてガス漏れのチェック(ぬるま湯に漬けるという荒業)してもガス漏れは無し。

撮影したらそのまま元通りに梱包して棚の肥やしに…

三度(みたび)発売WA【コルト】ホーグ K.K.スペシャル DXエディション

2015年12月に40周年記念モデルとして発売されていた“WA【コルト】ホーグ K.K.スペシャル DXエディション”

最近、世田谷ベースでマック堺さんが「ウエスタンアームズの国本圭一社長から『世田谷ベースで勝ってこい。』と言われてこれを貰った。」とYouTubeで話していたレースガンである。

その時は「これ、もう今は売っていないんですよねえ。」YouTubeで呟いていたのだが、どうやらその人気に肖って発売することにしたのか、40周年モデルが2015年だから45周年モデルとして前倒しで発売することにしたのかは分からないが、とにかくも三度(みたび)魅力的なレースガンである“WA【コルト】ホーグ K.K.スペシャル DXエディション”再販されることになったようだ。

Barrel Bushing made of Stainless Steel

WA製のS&W M1911 DOUG KOENIGのバレルブッシングをステンレス鋼で製作されたバレルブッシングに交換。

Replaced the barrel bushing of S&W M1911 DOUG KOENIG made by WA with a barrel bushing made of stainless steel.

いつ買ったかは覚えていないが、10年ほど前にウェスタンアームズ用で出ていたステンレス削り出しパーツとして購入した記憶がある。

作りがとてもタイトなので、スライドを引くとバレルと擦れる音がするくらいだ。

HERRETT’Sに交換したCOLT HOAG K.K. SPECIAL

2019年9月13日に新品で手に入れた“WA創立40周年記念モデル ホーグK.K.スペシャル”は42,000円(税抜)で販売された商品は2015年12月25日に発売。
ウエスタンアームズblog2015年12月

このあと、“WA創立40周年記念モデル ホーグK.K.スペシャル DXエディション”本体価格49,000円(税抜)が2016年5月28日に発売された由。
ウエスタンアームズblog2016年5月

限定の製品だったとは思うが、ウエスタンアームズblogの7月24日にも掲載されていたから速攻で売り切れたわけでもなさそうだ。
ウエスタンアームズblog2016年7月

最初に42,000円で発売されたものと49,000円とはどこが違うのかと調べたら、DXバージョン“米国製実物木製グリップ搭載!”と書いてあったので違いはグリップだけだろう。42,000円のは樹脂製グリップでグリップウェイトが内蔵されている。

やはり本物の木製グリップが良いではないか。

そのあとに中古で赤羽フロンティアさんでNet購入したWA 35周年記念モデル“ WA コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル〉”に付いていた木製グリップを樹脂グリップの“WA創立40周年記念モデル ホーグK.K.スペシャル”に取り替えっこすることにした。

そんなことしたらせっかく実物木製グリップが付いたWA 35周年記念モデル“ WA コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル〉”が可愛そうではないか。

そこだ、そこでだ。スペアで本物のHERRETT’S STOCKSを持っていたので、それを35周年モデルに取り付けることにした。ややこしいが…

但し、このHERRETT’S実物木製グリップはダブルセーフティ用ではなかったので、右グリップの内側の一部をリューターで削って逃げを作る必要があった。

それがこの写真だ。

右側のA.D.スウェンソンの突起が嵌まり込むようにリューターで1.1mm削って調整した。

全く新品なのできれいな色合いである。

WAのマガジンリップが折れた

I noticed that the plastic magazine lip was broken.
ウィルソンマガジンリップが折れている事に気付いた。

BB弾を10数発詰めたマガジンを銃に戻そうとした時に、マガジンリップの角を銃のグリップ付近にコツンと当てた途端、詰めていたBB弾が“ブワァ〜〜〜!”と飛び出したので、何が起こったのか俄に解らなかったが、マガジンの先を見たらマガジンリップの先の片側が折れてどこかに飛び散っていた。

さあ、どうするオレ…

取説を見たら2005年の説明書には680円で315円の送料とある。消費税5%の頃の話しだ。

郵便なんてメンドクセ〜。

発売元のウェスタンアームズのサイトは銃本体とアクセサリーの購入は出来るが補修パーツの購入が出来ないという今どき到底信じられないような古臭いサイトなんである。

Googleで「WA マガジンリップ」と検索したらYahho!ショッピングに楽天市場が検索に掛かった。

そのうち楽天市場に希望するマガジンリップの互換パーツが出ていたのでポチッ。

ポリカーボネイト製で1,320円(税込)送料370円で2個買おうと思ったら1個しか無かった。今は売り切れになっている。

まあ1個手に入ったからまた買えばいいや。

WA製.45 ハイキャパシティー オプティカルマッチ

.45 high capacity optical match made by WA sold more than 20 years ago. Since the magazine base plate was damaged, the base plate of the magazine for MGC’s Glock was processed and attached.

20年以上前に販売されたWA製の.45 ハイキャパシティー オプティカルマッチ。

マガジンのベースプレートが破損していたので、MGCのグロック用マガジンのベースプレートを加工して取り付けた。

これを買ったのはもう20年以上前のような気がする。
(1999年のGUN誌の広告欄に掲載)

WAのガスガンがRマガジンという新しいマガジンになった初期のもので、上にドットサイトを載せてシューティングするためのガスガンだった。
(これの実銃に相当するものは存在しない。)

グリップにはコルトの跳ね馬ならぬWAのメダルが埋め込まれている。

バレルは可変ホップでも固定ホップでもなく、ターゲット用としてのノーマルなバレルが使われている。

オプチカルマッチという種類なんだがトリガーの引き代が多くて落ちる瞬間が掴みづらい感覚で、こんだけ散らばったのはちょいとヒドい…(下手)

気温26.7度 湿度46% のときに東京マルイのバイオBB弾0.2gを使ってデジタル弾速計XCORTECH X3200 MK3で初速を計測したら写真のような初速だった。

WA SW1911 DK(Doug Koenig)が届いた

朝9時過ぎにヤマト便で届いた商品はヤフオク!で落札した“WA製 SW1911 DK Ver.3”が届いた。

梱包を解いて商品を確認すると予想通りというか予想以上のきれいな商品だったので一安心。

パッケージから開封までをいつものように撮影したあとは重さを計ると1,065g(マガジン込み)あってかなりずっしりとした重さなのでほぼ実銃ぐらいではないかと思う。

WA SW1911 DK Ver.3を撮影してから5mの距離で集弾性を確かめた。

トリガープルは遊びが少なく重くならずスパッと引き切れる。

最初にセンター照準で5発撃ったら弾はみんな12時方向の5点の近くに着弾したので、次に撃つときには6時照準で撃ったものがこのターゲット。

このターゲットは2回目の結果。(上手けりゃもっと集弾するはず)


2019年9月26日:追記

東京マルイバイオBB弾0.2gだとHopUpが強過ぎて浮き上がってしまうので、0.25gで試してみたら割合に直進性の良い低伸弾道を得られた。0.28gでどうなるか試してみたい。

今朝札幌から届いたWA製M1911 Transition Model

9月21日土曜日にヤフオク!で落札したのが北海道の札幌から届いた。

ずっと探していたWA製のCOLT M1911 1917年製のガスガンだ。

軍用に調達された初期の頃のM1911を再現したガスガンで、A1と呼ばれる前の過渡期の(Transition Model)モデルである。

A1と呼ばれるものとの違いは赤矢印の箇所。

これだけリアルに再現しているモデルも少なくて見ているだけでワクワクする。

メインスプリングハウジングもチェッカリングの無いストレートなプレーン形状で、トリガーもエクステンド。グリップセーフティのスパーはショートでフロントサイトも半円形。

そしてうれしいのがF部分の曲がりが微妙にA1と違うところを表現してあるのが最高。D部分のカットも再現。

フレームにやスライドにうるさいほど彫られたマーキングも拘ってある。

デジタルスケールで重さを図ったら1,017gとほぼ実銃と同じくらいの重さ。(但しこれはHW樹脂製)

※比較のために撮影した下のM1911A1はCAW製(クラフトアップルワークス製)のモデルガン(樹脂製)でエアガンではない。

オマケで50年近く前に奈良航空自衛隊の航空祭で展示されていたREMINGTON RAND製のCOLT’S GOVERNMENTの写真を載せておく。

ウッドランド製フロンガス: HFC134aを入れて集弾テストした結果は以下。キックがきついのとトリガープルが重いのでこんな結果に。

どっぷりとWAのガスガンにハマって

13日金曜日仏滅雨の日に“WA40周年記念モデル コルト ホーグ K.K.スペシャル”を手に入れてから、翌週19日木曜日仏滅の日に“WA35周年記念モデル コルト ホーグ K.K.スペシャル”を入手した。

21日土曜日にYahoo!オークションで“WAコルトM1911A1トランジション・モデル”落札して24日の8〜12時に到着予定。
(下の写真はヤフオク!に掲載された画像)15,500円送料1,720円で落札(1,000円オークション割引?有り)

 

その翌日の22日日曜日には“WA SW1911 DK Ver.3”落札し、25日の8〜12時に到着予定。DKは“Doug Koenig(ダグ・ケーニッグ)”の頭文字
(下の写真はヤフオク!に掲載された画像)20,000円送料無料で落札(500円割引あり)

ちょっと槍杉ではないの?! そんな気がするがまあ良いではないか。

すべてがいまはもう売っていないWA(ウェスタン・アームズ)製のガスガンである。

この中の“WAコルトM1911A1トランジション・モデル”を除いて他の3つはフレームがシルバーのモデルなのは黒白パンダかペンギンのような上が黒で下がシルバーの銃が好きなのだ。

“WA創立35周年記念モデル WA コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル〉”

先週、13日の金曜日で仏滅の日に届いた“WA 40周年記念モデル コルトホーグK.K.スペシャル”

WA 35周年記念モデル“ WA コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル〉”というのもあったらしい。発売時期は2010年7月か?

このときはリングハンマーで発売されて、しばらくしてから発売されたWA コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル2〉というのが出た。

それはハンマーがスパーハンマーに変更され、スライド右側に刻印されていた“K.Kunimoto”の筆記体オーナメントが省略されていた。

WA 40周年記念モデルどこが違うのかというと初期い発売されたものはハンマーがホールタイプ(後期はスパータイプ)でA.D.スウェンソンのセーフティがマットでは無く光沢があるらしい。

一番目立つグリップが40周年記念モデルはフェイクウッド(樹脂)なのに対して35周年記念モデルは本物のへレッツ(HERRETT’S)製のウッドグリップだった。
(あとから発売されたDXタイプ40周年記念モデルには実物木製グリップが付いている)

そんな事を調べていたら“WA 35周年記念モデル コルト ホーグN.M.〈K.K.スペシャル〉”が欲しくなった。

2010年に渋谷店で限定発売の商品なので何処かに無いか探したら…有るもんですなあ。

中古やけど…(^ ^)

新製品は出ても古い記念モデルが中古市場には滅多に出ることが無いので、もちろん買った。

昨日の18日にWebでポチって今朝届いた。早い!

箱から出してみると新品のビニール袋には入っていなかったので中古然としてるが、モノはキレイである。スライドを外して細かい汚れを取ってからシリコンスプレーを可動部分に少量吹き付けて再組み立て。

これから撮影。

最初は単品で撮影したが、40周年記念モデルとの比較なので、もう一度40周年記念モデルを箱から出して同じライティングで再撮影する。

見て分かる大きな違いはハンマーの形とグリップとA.D.スウェンソン セーフティの光沢である。

それ以外はほとんど同じだった。

約9年前に限定販売された中古なのだがとてもきれいな状態である。


5mの距離からペーパーターゲットにニーリングで5発撃ったのがコレ。

ペーパーターゲットの外側の円は130mm、内側の黒点の直径は50mmである。