買い換える2日前に劣化の表示

iPhoneを買い換えようと思ったのが昨年の末。

約2年前の2016年12月31日にSoftbank店で2年縛りの契約で買ったiPhone 7。

あと2日後の1月11日にiPhone XRに交換する予定の2日前にバッテリーレベルが低下の表示。なんてことだ!

現在の“バッテリーの状態”は最大容量が86%。80%までは大丈夫だと思っていた。今朝に表示を見たらバッテリーの状態のところに“サービス”の文字。

バッテリー状態をクリックしたら最大容量は86%のままだが、下のほうに書かれている文章に“お使いのバッテリーは著しく劣化しています。…”の文字。

あと2日、11日には新しいiPhone XRに替えるのだから良いといえば良いのだが。

新しいiPhone XRのケースを買っているし、保護ガラスも買っているからあと2日、我慢である。


iPhone7用の液晶保護ガラス

iPhone7はガラス面の角の部分が曲面になっている。

そのため、今までの液晶保護ガラスは画面よりも幾分か小さいサイズで表示部分をかろうじて覆うような作りの液晶保護ガラスや保護フィルムばかりだった。

それだと画面の角をタッチするときに引っ掛かるような段差が気になる。

いくら保護ガラスの角に丸みが付けてあっても微妙な引っ掛かりが気になっていた。

今年の3月30日に誤ってiPhone7を落としてガラスを破損したときに修理成って帰ってきたiPhone7に貼り付けたガラスもやはり少し小さめ。

ずっと指の引っ掛かりが気になっていたところ、Amazonで見つけた液晶保護ガラスは画面の隅の曲面部分まで覆う液晶保護ガラスだった。

Kikako iPhone7専用 強化ガラスフィルム 全面保護ガラスフィルム 3D Touch対応 耐衝撃 硬度9H 超薄0.3mm 高透過率 気泡・指紋・油分・汚れ防止加工 飛散防止 自動吸着(4.7インチ) (ブラック)

220の評価のうち悪い評価も24件散見されたが、貼り方の下手なやつもいるので自分の下手なのを棚に上げて空気が入ったとかうまく貼れないとか書いている可能性もあるので買ってみることにした。

Amazonから翌日届いたものを早速貼り付け。

自慢なんだが、iPhoneに保護フィルムや保護ガラスを貼り付けるのはとても丁寧できれいに貼ることが出来る。

今回もいつものやり方(内緒)できれいに貼り付けた。気泡もゴミも入らずに漆黒のジェットブラックの画面にピッタリと。

それがこの写真だ。

もうひとつは今まで貼っていた画面のサイズより小さめの液晶保護ガラス。

見た目も使い勝手も違いは歴然である。

関連情報:
ぎりぎり間に合ったiphone7のケース(20170101)


モバイルバッテリー新旧


4年前の2013年1月25日にAmazonで注文した大容量のモバイルバッテリー“cheero Power Plus 2 10400mAh”2,980円で購入した。

今はこれの後継機の“cheero Power Plus 3 13400mAh”Amazon2,580円で売っている。

10,000mAhを超える大容量はやはり魅力。

でも重い。

多少の重さなんてなんとも無いっていうマッチョな方はぜひ大容量を買ったほうが良い。
オイラのような軟弱者は少しでも軽い方がイイかな?iPhone6sを2回充電できるんならこれも有りだな。と思っている。(iPhone7を使っている)

比べるものにもよるが、旧型のcheero Power Plus 2は295g(実測)でかなりずっしりしてポケットを膨らます。

新しいcheero Power Plus 3は245gで少し軽くなっている。

容量が半分でも良いから重さも半分くらいで軽いのを探していたら“cheero Power Plus 3 mini 5200mAh”というのをAmazonで見つけた。

最初に買ったcheero Power Plus 2半分の容量で重さは129g(実測値)。
(デジタルスケールで測定)

コレくらいならポケットやバッグに忍ばせておいても苦にはならない重さ。

これでiPhone6sが約2回フル充電出来ると書いてある。

そして安心だと思えるのが内部のリチウムイオン電池。
※cheeroの品質・安心へのこだわり!パナソニック製セルを採用と書かれている。

iPhone7の重量は138gで、Melkco 本革 手帳型ケースに入れて使っている重さは210g。

iPhone 6Plusをケースに入れて使っていたときの重さが260gあったので、iPhone7+cheero Power Plus 3 miniの合計した重さにほぼ近い。

サイズは写真を見てもらったら一目瞭然である。

“cheero Power Plus 2 10400mAh”を購入してからほぼ4年の月日が経ったので新しく購入するのも良いかなと思って購入してみた。

Amazonでの購入価格はちょうどタイムセールをやっていたので1,180円で購入できた。

現在は1,480円である。


ギリギリ間に合ったiPhone7のケース

12月28日に急遽買う羽目になったiPhone 7(128GB)。

どうしても欲しかったわけではないが、iPhone 6 PlusのiSightカメラに異常が出たらホッておけない。

使用頻度の多いカメラなので、調子が悪いとテキメンに困るわけで。

ガラケーの低画質なカメラで満足している輩には判らない話である。
(私の友人でガラケーを使っているのはほとんどいない)

買ったiPhone 7は一番歩留まりの悪いと言われているジェットブラック。

黒を極めた黒。

新しいブラックは、豊かで深みのあるマット仕上げ。表面にビーズを吹き付けて加工したアルミニウムで精巧に作られています。高光沢のジェットブラックは、驚くほど精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という、デザインエンジニアリングの新たな偉業によるものです2。その結果生まれたのが、ここまでピュアで途切れなく続くブラック。横から見ても、どこまでがアルミニウムで、どこからがガラスなのかわからないでしょう。まさにダークサイドです。

上記は公式サイトからの抜粋である。

そうなると余計にほしくなるわな、ジェットブラック

購入後、すぐに注文したのは気に入っているMelkco製の本革ケースと液晶保護ガラス。
いつもどおりにAmazonで購入。

カミさん用のMelkco製iPhone 7ケースもせがれのiPhone 6用のケースも注文したらヤマト便で速攻で送ってきたから今回も・・・・・

ところがどっこい!「発送はゆうパケットで・・・・」
なんかバカにしてない?急いでるって言ってるでしょ!
(言ったわけではないが、心で願った)

29日到着するはずのケースがなんと31日の午前10時に郵便屋さんが配達・・・。

気が小さい私は玄関の掃除をするようなフリして待ってたんですわ。

届くなり、ラッピングされたままのiPhone 7を開封。

同時に買ったスクリーンプロテクター“ゴリラガラス”を貼り付けた。

保護フィルムを貼るのは慣れたもので、気泡も入らずにキレイに貼る手際の良さ。

iTunesに取ってあったiPhone 6 Plusのバックアップからデータを復元し、LINEのデータもアカウント引き継ぎ設定からすんなり移行が終わった。

64GBモデルのiPhone 6Plusからのデータ移行に掛かった時間は約1時間ほど。

すべてのデータが元通りになったのを確認したらiPhone 6 Plusを購入時の状態に全てリセットした。

これは2017年1月5日にAppleさんが依頼した黒猫さんがうちまで引き取りに来てくれてカメラの修理をしてもらうための準備である。

家の掃除も玄関の片付けも家の壁面に付いているポストの交換も終わった。

※家の壁面に埋め込まれたポストの修理は高校時代の地学クラブの仲間の塚本くんがやってくれた。彼とは46年前から呼吸するように意思疎通が出来る友人である。

iPhone 7も使えるようになった勢いで、2017年は良い年になってくれますように。


急遽iPhone7を買った

p1020631iPhone7を買ってきた。

iPhone 6 Plusを“iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム”に出すあいだ、iPhoneがないと困るので新しいiPhone7を買ってきた。

カメラの不具合ではこんな写り方になるんだ。

使いものにならないだろ、コレじゃ。

先ほど、アップルサポートから電話が掛かってきて、1月5日の修理依頼となった。

いままでどおり、黒猫さんが引き取りに来てAppleに持ち込んで修理・あるいは交換となる予定。

※以下はAppleのサイトからの引用

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。

iSight カメラは iPhone 6 Plus の背面にあります。


iPhoneに馴染めないカミさん

iPhoneが欲しいと言って買ったものの、やっぱりなかなか馴染めないでいるカミさん。

まず、iPhone7に搭載されている指紋認証が受け付けない。

ちゃんと登録してはいるのだが、一日経つと反応しなくなる。

次にホームボタンを押す強さとタイミングが最悪ですぐにSiriを呼び出してしまう。

「強く押し過ぎなんだ。もっとソフトにタッチして。」と言うと今度はまったく反応しないほど弱く触れていて画面は暗いまま。

軽くタッチ、強くタッチ、押したら力を抜くという動作が全くもって理解できないらしい。

次にAppを起動するためにアイコンをタッチするのは良いが、押さえ続けてしまうので、角にバッテンが付いた状態にしてしまっている。

どうやったらこれだけ機械に疎い人間が生まれるんだと思うくらいに馴染めない。

僕と違ってまったくセンスがない。

覚えの悪い動物を躾ける調教師の気分である。

img_2224


月に一度の整形外科

骨折後のリハビリと骨粗鬆症の薬をもらいに大和高田市にある「整形外科こうクリニック」へ月に1度行っている。

奈良から向かう途中にあるソフトバンクのお店「ソフトバンク奈良郡山インター店」に行って、機種変更の申込みをしてきた。

と言っても私のiPhone 6Plusではない。カミさんの使っているガラケーをiPhoneに機種変更するのである。

実は昨日、私が持っているiPhone5用にカラケーのSIMMをNanoSIMMに変更してもらったのだが、iPhone5のマイクに異常があって通話が出来ないのが判った。

正確にはスピーカー通話は出来るのだが、マイクを通した音声を拾ってくれないのだ。

せっかくiPhone5をカミさんに渡して・・・と思っていたのだが、結局は新品のiPhone7を買うことになってしまった。

カミさんは今日はいないので、私が代わりにiPhone7 32GBの取り置きを頼みに行ってきた。

うちで最新の機種を一番慣れていないカミさんが使うことになるという不思議。

どうなんだよ!使えるのかよ?!

ソフトバンク店に行ったときに私のiPhone 6Plusのカメラの調子がおかしい話をしてみた。

カメラを起動したときに画面がグラグラとしたまま止まらない話をして、更に再現性が無いことも伝えて起動したら、上手い具合に画面がグラグラ・・・。

写真を撮ってみた。

こんな写真が撮れるのだ。img_2198