お絵描き人工知能“Artomaton”

写真や動画を絵画風にしてくれる人工知能“Artomaton”というのをApp Storeで見つけたので、早速インストールして使ってみた。

基本は無料だが、いろんな画材やペーパーを使いたいときにはアプリ内課金で購入することが出来る。

早速、プラモデルのDUCATI900SSとHONDA TL125sイーハトーブを題材にして仕上げてみた。途中工程も動画にすることが出来るのが良い。

2020年を最後にSoftBankにサヨナラを

2009年から最初のiPhone3G以来ずっとAppleのiPhoneを使ってきた。正確にはSoftbankが売っているiPhoneである。

いわゆるSIMロックがされた奴で何年かはSoftbankの紐付きのiPhoneである。他の廻船問屋(回線業者)のauもdocomoも同じくSIMロックでユーザーを縛っていた。

本来はSIMロックなんて掛けていないiPhoneなのに日本のDocomoauSoftBankキャリアの独善と横暴でこんなことしやがって。

SIMロックを例えるなら“年季が明けても足抜け出来ない花魁か女郎”のようなものである。

三大キャリア以外にMVNOと言われる格安SIMを提供している仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operatorの略)がある。

この中でもワイモバイル(Y!mobile)は『ソフトバンクの自社回線を利用しているので、大手キャリアと同じ安定した速度で快適に利用でき…』ということなのである。(本当かもしれないし嘘かもしれない)

なんで大した金持ちでもない私がSoftbankに長い間無駄金を貢いでたのかと思いたってSIMロックを解除し、昨日の昼にY!mobilenanoSIMを申し込んだら今日の昼過ぎに佐川急便でnanoSIMが届いたので電話でMNPをしてから新しいnanoSIMをSoftBankのSIMと差替えただけですぐに使えるようになった。

これで馬鹿高いSoftBankの支払いがY!mobileになって1/3になる。(3,000円以下)

WEBを見たらバックアップしてから復元しろだのSIMを入れたらアクティベーションが始まるだとか書かれてるが、SIMロック解除してあるiPhoneならSIMを差込んだらそれですぐ使える。
(念の為、iTunesにバックアップは取りましたけどね)

※Softbankにサヨナラをと書いたがY!mobileはSoftbankだった。(^_^;)

iPhoneをバイクに取付けたい

バイクで遠くに出掛けることは滅多に無いが、リタイヤさせてあるiPhoneをNAVIとして使ってみたい。

YouTubeにバイク動画を投稿している人たちのバイクにはナビ用としてiPhoneがハンドルやミラー横に取付けて走っている。

どんな取付け取付キットがあるのか調べてマウントが金属で出来たものを探したのがコレ。

“Kaedear(カエディア) バイク スマホ ホルダー バイク用”

※サクラチェッカーというサイトでAmazonに出ているこの商品のやらせ・サクラレビューを調べてみたら中々良い評価だったので購入してみた。

取付けは至って簡単。

スーパーカブのようにパイプハンドルではないバイクにも取付けられるようにミラーステーに共締めするための付属品も付いてきた。

本体を繋ぐボールジョイント部分はアルミ合金製で出来ており強度は問題ないようだ。
ここが樹脂製だと振動でポッキリと逝ってしまう可能性があるから金属製というのは安心できる。

追伸:エンジンを掛けると特定の回転域でスマホホルダー部分にかなりの振動が出るのが分かったので、本体とiPhoneが接する部分に柔らかめのスポンジシートを貼り付けたら振動の出方がかなり弱くなった。どこまで効果があるか分からないが…

Lightningコネクタの端子が錆びると

AppleのiPhoneやiPad用のLightningケーブルの端子をよく見ると左から4番目(右から5番目)の接点が汚れたように黒くなっていることがある。

今朝のこと、家内が「私のiPhone、充電していたらものすごく熱くなって、音がポンポン!と鳴っているからケーブルを引き抜いたのであんまり充電できていない。」と私に話した。
※ポンポンと鳴るのは通電したりしなかったりを繰り返している音。

これ、接触不良だね。家内のiPhone用ケーブルを見ると…

Lightningコネクタの両面共に左から4番目(右から5番目)の金メッキされた端子の一部が黒くなっていた。

細かい耐水ペーパー(#800)でチョイチョイと磨いてから接点復活剤を綿棒で塗りつけておいた。

この接点はどうやらPWR端子らしく、給電するための電気が流れるところだという。汚れや油脂が付いていると接触不良になって熱を持って焼けてしまうらしい。

早めに気づいたから良かったものの、気づかずに使っていたら加熱して爆発するかもね。

お見舞い

14時、西大寺に住んでいる家内の兄が見舞いに来てくれた。

私がガレージライフを楽しんでいた時だ。

元氣過ぎて病人らしく無いのが今の私である。

義兄は長い間ガラケー一筋。

子供はAndroid、その嫁さんもAndroid。

普通に行けばAndroidになるはずだったが、私の伝道布教活動の賜物か、iPhoneユーザーになってくれた。

ヤッタネ!

※義兄の顔を見てるとマツダのレーシングドライバー 片山義美に似てる。

漢方薬局をやっている友人

ここ2〜3日、喘息がひどくて気道から擦れた音がして、大きな息をすると胸が苦しい。

高校の同級生でクラスメイトが薬剤師で漢方薬局をやっている方がいるのを知って、1週間ほどメッセージを使って問診を受けている。
その方の住んでいるのが東京田園調布なのだ。

1週間近くの細かい問診が終わって今朝、一番に漢方薬をいくつか調剤して送っていただいた。 “漢方薬局をやっている友人” の続きを読む

イーハトーブで大和郡山

今日は肌寒い気温にもかかわらず好天で空は澄み渡り、抜けるような青空。

大和郡山に住んでいるバイク仲間で飛行機やドローンや模型やその他いろいろと共通項の多い親友の谷口さんから借りている大戦機のムック本を2冊返却に行きがてら、遊びに行こうと連絡をしたら「家にいるよ」と返事が来た。

クルマで行ったほうが楽かなあ?ちょっと肌寒いけど抜けるような青空だからバイクだろうな。ってことで久しぶりにHONDA TL125sB イーハトーブを引っ張り出した。

距離は約8km片道約25分である。

15時過ぎ、いちご大福をデイパックに入れてイーハトーブのエンジン始動。

風は冷たいが春を感じる爽やかさである。

今日は男の隠れ家の方ではなく居間でのんびりと珈琲を飲みながら春の草花談義だ。

なっ!趣味が変わってきただろう。チェリーの花が咲いたとかブルーベリーは今年は・・・・とか。

彼も僕と同じようなスマートブレスレットを買っていた。電話の着信やSMSやLINEが来たことが分かるブレスレットのようなデジタルガジェットのことである。

それの設定をチョイとやり直して快適に使えるようにしてみた。

17時になり、急に寒くなるのが気がかりだったので谷口さんの家を出た帰りに旧天理街道を帰る道すがら、肘塚町のぜいたく豆本舗の前を通りかかった。

17時に閉店なのでそろそろ店仕舞いかなと中を覗いたら春日中学の同級生のはっちゃんと目があったのでチョイと立ち話しながらお店の前でホンダ TL125sイーハトーブの写真を撮らせてもらった。

イムラ仲間の姐さん

アトリエの防犯ガラス交換が速やかに終わって、ワンコの散歩に行ったり、珈琲豆を買いに行ったり、デイリーヤマザキにパンを買いに行ったあとの午後はイムラ封筒の仲間の姐さんがやってきて、Cafe春で焼きカレーを食べる約束の日。

12時42分に「今から京奈和自動車道に乗るとこです。」と電話があった。ということはあと45分ほどで到着だ。

13時25分、ガレージの前を掃除していたら速水さんが到着し、駐車場にクルマを留めてすぐCafe春に向かった。

月曜日の午後としては割合に混んでいて、どこに座ろうかと迷っていたら店長が一番奥の席をキープしてくれていた。

さて、注文は予定通りにポーク焼きカレーにナポリタンの大盛り!

えっ?姐さんが両方食べたのかって?

違いますがな。

ナポリタンは昔ヤンキーだった僕です。(ヤンキーは嘘だよん)

※写真は僕が食べたナポリタンと姐さん検閲済みの写真を掲載。

食事のあとはMacBookAirで使用しているHDDの設定を少し弄って問題がある箇所のチェックをしているあいだ、時間があるのでiPhoneのアプリ“FACE app”で遊んでみた。

これは顔を若くしたり老人にしたり笑ったりSparkしたりHollywood風に派手にしたり出来る面白いながらも良く出来たソフトだ。

プリクラの顔を弄るのとはまったく別物で、弄ったことすらわからない程の出来栄え。

参考に僕の顔を掲載してみる。

iPhoneを落下させるとこうなる


昨日のこと。

カットとヘヤカラーを済ませた帰り道。

ぜいたく豆の前を通ったら同級生のはっちゃんがお店にいるのが目に入った。

駐車場にクルマを停めてしばらく先に来ている爺さんのお客さんが終わるのを待っているあいだ、外で待っていたらワンコがやってきた。

トイプーと思われる黒色の可愛いワンコに気を取られてカラダを前屈みにした途端、胸のポケットに入れたiPhone7が重力に引かれて落下・・・。

なんの手出しをすることもできず、拾って持ち上げたら保護に貼ってある0.3mmのゴリラガラスは粉々になっていた。

本体のガラスは大丈夫かと思ったが、やはり右上から落下したためヒビが入っていた。カメラが近くにあるのがとても心配だ。

これでも画面は見えるので使えるが、やっぱりガラスは交換修理だな。

AppleCare+に入っていて良かったヨカッタ。

費用は3,400円に消費税である。

iPhoneは3・4・5・6・7


p10206512008年7月11日に日本で発売されたiPhone 3Gをキッカケに使い始めたiPhone。

手元に残っているiPhoneのパッケージを並べてみた。

パッケージデザインをやっていてもこのパッケージは秀逸だ。

2009年3月末にiPhone 3G (ヤマダ電機で購入)

2010年7月14日にiPhone 4(桜井SoftBank店)

2012年9月21日にiPhone 5(郡山SoftBank店)

2014年9月24日にiPhone 6 Plus(SoftBankのWeb購入)

2016年12月28日にiPhone 7(SoftBank奈良郡山インター店)

最初のiPhone 3Gを除き、以降は2年おきに購入している。

バッテリーのヘタリが2年経つと目立つようになってくるから新型に替えたくなるようにうまく作っている気がする。

iPhone 3Gのカメラは固定焦点でf/2.8 600 x 1200 Pxcelの200万画素

iPhone 4のカメラは4mm f/2.4 2592 x 1936 Pxcelの500万画素

iPhone 5のカメラは4mm f/2.4 3264 x 2448 Pxcelの800万画素

iPhone 6Plusのカメラは4.15mm f/2.2 3264 x 2448 Pxcelの800万画素で光学手ブレ補正が付いた。

iPhone 7のカメラは3.99mm f/1.8 4032 x 3024 の1,200万画素でレンズのF値が1.8になり光学手ブレ補正が付いた。

カメラの性能はiPhone 5で満足だった。F値が今までは2.8から2.4になって更に2.2になったのは進化。そしてiPhone 7ではついにF値が1.8に。

レンズも5枚構成から6枚に。

受光素子は裏面照射型でレンズの進化はまだまだ止まらないかも。

楽しみなことだ。