Dyson DC35のバッテリー交換は?

PC251387昨日、うちに届いたDyson Digital Slim™ DC35 マルチフロアでちょっと気づいたこと、というか気になったことがあったので朝っぱらから「話そうダイソンお客様相談室」のフリーダイヤルに電話しました。

気になったことはバッテリーの取り外しです。

ネット上で色々調べていてDC35のグリップ後ろにあるグレーのボタンを押すと簡単にバッテリーが取り外し出来て、それに直接充電プラグを挿すことで充電も出来ると書いてあるホームページもあったので、Dysonのホームページの

ホームお客様サポートダイソン製品のご使用方法

に載っている>DC35 取扱説明書のPDFを見てみました。

スクリーンショット 2013-12-25 15.17.48 このマニュアルにはバッテリーが取り外した状態で充電している絵が書いてあるのに、私が買ったDC35に付いてきたペーパーマニュアルにはこの絵が削除されています。
なんでや!スペアの電池を買っておいて充電をしておいて交換しながら使いたかったのに。

それで「話そうダイソンお客様相談室」のフリーダイヤルに電話です。

指示にしたがって※1や※2を押しながら辿り着いたところの親切なお姉さんにこの事を話すと、
「それは福井様が購入されたのは最新のバージョン(って言ったと思う)だからです。」ホホホ(とは笑わなかったが)

「なに?これが最新のDC35だって?改悪じゃねえんですかい?」と更に突っ込むと
「バッテリーが簡単に取る外し出来るようにしていたために、接触不良のトラブルがありましたので、固定することにしました。」とのこと。

確かにWeb上では取外し出来るDC35の接触不良の話題は多々ありましたけど、固定してしまったら根本的解決にはなってないじゃないの。

「それは判りました。で、固定されたバッテリーを外すのはメーカー送りでするのですかい?」と聞くと、

「いいえ、グリップ部分にあるネジを2本外すだけでお客様で簡単に交換できるようになっています。女性でも簡単に交換できるんですよ。」と返された。
(自分で出来けんかったら機械の苦手な女性以下だな。ってか)

「二年以内に充電時間が極端に短くなったら補償で交換いたしますから。」とも。
やるなあDyson。送料込6,950円のバッテリーを無償交換とな?

その時を楽しみにしているぜ。


Dyson Digital Slim DC35 マルチフロア

PC241384
到着しました、Dyson Digital Slim DC35 マルチフロア。

価格ドットコムで調べてWinkで代引き購入。
価格:32,800円+代引き手数料630円=33,430円でした。

佐川急便で午後15時に到着して開封したところです。
外装の梱包は無くて長辺の角だけをダンボールで保護して結束してあるだけの軽包装でしたが、パッケージに凹みもほとんどありませんでした。

包装を解いてパーツをすべて取り出し、本体にブラシを差し込んで使ってみました。数分でバッテリーが切れましたから多少は充電されていたようです。

電池が切れたらうんともすんとも言わなくなるところは潔いというかバッテリーマネージメントがしっかりしているというか。

現在充電中。


Dysonは遠心式のジェットエンジンだ

Dysonのスティックタイプの掃除機が欲しい欲しいと悩んでいると眠くなってきました。
DC35_Multi_Floor_side_gallery.ashx
きっと明日になったら買っていると思います。

私がDysonを好きなのはカタチが初期のジェットエンジンに似ているからです。

スクリーンショット 2013-12-23 22.08.36787px-Rolls_Royce_Goblin_II_cutaway
軸流式じゃなく遠心式のジェットエンジンそっくり!
ddm.ashx
インペラのカタチもそっくりでしょ。
欲しくなりますよ。
買う!っていいながら注文したのは22日の夜遅く。

24日の到着を狙っています。