GAGのミラー

ウチのGAGには左右に純正のミラーが付いている。左側は当時はオプション設定だったミラーだ。

今となっては新品のミラーを入手することは出来なくなったのと、ちょっとデザインの違うミラーを付けたくなったので買ってみた。

今風の尖ったカタチのミラー。

純正のミラーの台座部分は37mm間隔でネジ止めされているので、それに合うサイズのカウル用ミラーをAmazonで購入。

まず最初に左側だけ取り付けて、純正のミラーと比較してみた。

左右の幅は広くなったが、折り畳んでも幅はあまり変わらず。

もう少しカウル側に折り畳めるミラーを買っても良かったと後悔。

見た目は今風の雰囲気になったけど…

下のAmazonリンクで、右側のほうが良かった気がする。

ガレージのネットワークカメラを変更

 

今までガレージに設置していたネットワークカメラは元は自分のクルマを置いてある場所を監視するために設置したものだった。China製のネットワークカメラである。

Amazonで購入して設定して使ったが、外からアクセスしようとしたときに、たまにネゴシエーションが失敗してカメラがオフラインになったりすることが時々あった。動きも遅いし動態感知も大したことが無かったので、新しく探して買ったのが塚本無線製のネットワークカメラである。

ペットネームは“みてるちゃん”とフザケてはいるが、ものは本物である。

2019年4月9日に届いてからは全く問題なく快適に使っていた。そして古い方のChina製はガレージに設置してみた。

ところがである。時々オフラインになったりネゴシエーションに失敗したり、接続に時間がかかり過ぎてタイムアウトは日常茶飯事だった。

やっぱりもう1台塚本無線製のWTW-IPW108J2を買うことに。

今朝届いたWTW-IPW108J2は外観は変わらないが2020年Wi-Fi強化モデルということらしい。

設置は場所を決めてあったので電源を取付けてカメラ起動したらカメラのレンズでiPhoneのWTWアプリに表示されたORコードを読み込んだらすぐに設定が終わる。

そしてその映像がコレだ。

これは動体検知も設定出来て、本体もほぼ360度回転しその速度も変更可能。
解像度も良し。
iPhoneのアプリで設定したり閲覧したりする時の素早さは大変よろしい。
あちら(大陸)製のはネゴシエーションに失敗する時がたまにあり、失敗したらオフラインになってしまって、見たい時に見られないというふざけたのもありました。

クラウドサーバーに12秒の動画を14日間自動保存してくれてるし、本体のスロットに32GB MicroSDカードを入れておけば常時録画で約3日間の映像を保存してくれる。

全く光が無い暗黒状態でもこれだけ写すことが出来る。発光しているのは940nmの長波長赤外線なので、肉眼では全く光は見えないしスマートホンで撮影しても光はほとんど写らない。

HengLong製Tiger-1戦車の塗装進行中

3月9日に届いたHeng Long製Tiger 1戦車は迷彩もされていないジャーマングレー色で塗装されていた。

箱から出して飾っていてもなんとなく白々しく思えてきて、やはりやるならウェザリングだろう。汚れと錆と煤に塗れたTiger 1戦車がエエのではないの。

というもののウェザリング塗装なんてしたことがない。

そこで思い付いたのは捨てようと思っていたスカイライン2000GTRをテストで錆び塗装・汚し塗装の練習をしてからTiger戦車の塗装をやってみた。

第一段階・第二段階・第三段階と徐々に進めたのがこの塗装だ。

まだ88mm砲と履帯や転輪の塗装は出来ていないが、なかなか良い感じに出来たのではないか?

窓から入る自然光下でやっているので、夕方になれば作業は終了。また明日

怖いサブスクリプション

近頃よく耳にする“サブスクリプション” 短縮して“サブスク”とか言うのをしっかりと理解している人は以下の話は見やんでよろし。

ウチの家内、Amazonプライムビデオでやっているアジアンドラマを観ている。いつから見出したかは知らないけれど、毎月の請求書に880円が請求されだしたので気づいたのだ。

たかが880円とはいえ結構な数をAmazonで注文している私には何を買ったか分からない880円だった。
それが昨年の9月頃から続いていた。

そこで、“もしや⁉”と思い、Amazonのカスタマーサービス>プライムビデオの管理というかなり奥深くの階層にたどりついて分かったのは、サブスクリプション、いわゆる定期購読のビデオ・チャンネルだった。

そのことを家内に聞いたら「知らない」という。
そりゃそうだろ。何でもかんでもPrimeビデオを只だと思っているのだからさもありなん。

あまり深く家内にこの件を追求したら、私は毎月かなりのオモチャや趣味のものを買い込んでいるそのことを追求されかねないので、今回は優しくサブスクのことを説明するに留め、あとは菅政権のように“見て見ぬ振り”か、安倍晋三のように“知らぬ存ぜぬ”をするのだった。(^_^;)

HENGLONG製のTiger-1戦車の塗装

昨日届いたHENGLONG製のTiger-1戦車の塗装はまだぜんぜん出来ていない。

外部にパーツを取り付ける前に塗装をどうするか悩んでいる。

今のジャーマングレーのままの車体で行くか、歴史を調べてこのTiger-1が使われていた情景の車体にするか悩むところだ。

工場から出て来たばかりのピッカピカのTiger-1戦車なんてあまり魅力が無いので、幾つかの戦線を戦い抜いて来たような外観にしたいのだが、今まで一度もやったことが無いのでどうしたものかと悩んでいる。

昭和のジオラマを作ってる北岡師匠に相談するのがいいかな?

まずパーツとして付いてきた戦車長を今日の午後から彩色してみた。

車体と同じジャーマングレー一色だった戦車長をセミグロスブラックとシルバーとホワイトと髪色のゴールドとポイントに赤色を加えて塗ってみたらそれらしく見える。
(違う!とか言いっこ無し)

HENGLONG製のTiger-1戦車の音と煙

HENGLONG製の戦車はデジタルプロポの設定で擬似音が換えられるらしい。

機関銃の音もエンジン音もボリュームも変更出来る。

デジタルプロポなので、操作するコントローラーの動きに応じてゆっくり動かしたり素早く動かしたりとリニアな操作が可能で、重戦車を再現するようなゆっくりした動作が可能なのでとてもリアルだ。

コントローラーのエンジンスタートキーを押してエンジンをスタートして暫くしたら排気管から煙が出るのなんぞ凝った演出だ。

やっぱり買ってしまったHengLong製Tiger-1戦車

やっぱりポチってしまったHENGLONG製の1/16スケール Tiger I戦車。

今日のお昼前、佐川急便さんがでかい箱を届けてくれた。

早速、ヒートガンでテープの粘着力を弱めてからきれいに剥がして開封した。

Tiger I戦車本体とデジタルプロポと7.4V 1,800mAhリチウムバッテリーと車体に装着するアクセサリーと排気煙を出すためのオイル、そして説明書が入っていた。

説明書は英語と中国語で、日本語の説明書はコピーだ。

本体にバッテリーを入れずに重さを測ったら2.39kgだった。

基本的なグレー塗装はされているが、これにサビ塗装と汚れを加えてディスプレイモデルのように彩色してみようと思っている。

デジタルプロポに単三電池を6本入れて戦車本体の底に7.4V 1,800mAhリチウムバッテリーを取付けてスイッチをONにしたら、エンジンの始動音が聞こえたあとエンジン音に切り替わる芸の細かさ。

砲塔を回転させると重々しい機械音で動かすことが出来る。機関銃の発射音も再現されているし、BB弾を発射したら戦車が反動でグラつくところなんぞ最高に面白い。

塗装が終わるまではこのまま眺めて過ごす予定。

1/16スケールの戦車が欲しい!Vol.2

昨日からHengLong製 1/16スケール 戦車を観ていると欲しくなってくる。

HengLong製の1/16スケールの戦車は他にはこんなのがある。

  • タイガーⅠ型 ドイツ重戦車
  • キングタイガー(ティーガーⅡ)ヘンシェル砲塔
  • ドイツ陸軍 駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型
  • ドイツ主力戦車 レオパルト2 A6
  • イギリス主力戦車チャレンジャー2
  • ソビエト連邦 T-34 中戦車
  • M4A3 シャーマン
  • ロシア連邦軍主力戦車 T-90
  • アメリカ軍 M1A2 エイブラムス

以前はもう少しあったようだが、売り切れると再販は無さそうだ。

King Tigerは高校生の頃に1/32スケールのを作った記憶がある。カッコよかったな。それ以来、戦車は作っていないが、ラジコンの戦車は1台持っている。

自衛隊の90式戦車だ。これは1/24スケールでBB弾を発射できる面白いヤツ。東京マルイ製で2000年頃に買った記憶がある。

1/72スケールの戦車は9台、飾ってある。みんなドイツの戦車ばかり…

これに1/16スケールを加えようか?

1/16スケールの戦車が欲しい!

1/72スケールの戦車はラジコンやスケールモデルを含めて9台、1/14スケールの戦車が1台、部屋に転がっている(飾ってある)のに、1/16スケールのデカイヤツが欲しくなっている。

Heng Long製の“7.0ver☆【赤外線ユニット・BB弾発射・サウンド・発煙仕様】2.4GHz 1/16 戦車ラジコン タイガーⅠ型 ドイツ重戦車☆リチウムイオンバッテリー仕様 ☆日本語取説付”

この動画見たら欲しくなるでよ。

エンジンの音がするし排気管から煙モデルし、主砲からはBB弾も飛ばせるし、赤外線で対戦も出来るし…

1/16スケールってかなり大きいので買ったらどこに置く?

まだ買わんけど…(^_^;)

ダンクルオステウス

【ダンクルオステウス】
古生代デボン紀後期(約3億8,200万 ~ 3億5,800万年前)だそうな。

このあたりの時代に生きた魚類、今も生きていたら想像を絶する凄さだろうな

アタマ部分の装甲が半端なく強固だから化石で残っているらしい。尾の部分は軟骨だって。サメかよ。

ダンクルオステウスwiki

こんなフィギュアが欲しいなあとAmazonを探したらあるんだね。
もちろん、ポチりましたよ。アハ


“ダンクルオステウス”のフィギュアが届いた。
全長220mm。

エエ顔してるねぇ。今夜はこれをお風呂に持って入ろう。(って!こどもか‼️)