ダンクルオステウス

【ダンクルオステウス】
古生代デボン紀後期(約3億8,200万 ~ 3億5,800万年前)だそうな。

このあたりの時代に生きた魚類、今も生きていたら想像を絶する凄さだろうな

アタマ部分の装甲が半端なく強固だから化石で残っているらしい。尾の部分は軟骨だって。サメかよ。

ダンクルオステウスwiki

こんなフィギュアが欲しいなあとAmazonを探したらあるんだね。
もちろん、ポチりましたよ。アハ


“ダンクルオステウス”のフィギュアが届いた。
全長220mm。

エエ顔してるねぇ。今夜はこれをお風呂に持って入ろう。(って!こどもか‼️)

ROKRの“木製五重の塔組み立てキット”を作ってみた

 

 

お正月元旦の1日、Facebookで成毛眞さんがタイムラインに投稿されていた“ROKRの木製キット”を見て作りたくなったのでAmazonで探して注文したら2日の午後に届いたので早速作ってみた。

開封してパーツを確かめると1.8mm厚の合板をきれいにレーザーカットして抜かれたパーツがAからKまで入っていた。

英文の説明書に従って基壇から裳階と下層階から作り上げていく。

薄いパーツを精密にレーザーでカットされて入るが、注意して外して行かないと簡単に角が割れたり剥がれたりするから注意が必要である。

実際に何箇所かはホワイトボンドで補修して作業を進めた。

アクションカメラをタイムラプスにして1秒起きに撮影したものをYouTubeに掲載してある。

最後に法輪を取付けたら完成。

出来は満足できる仕上がりで、撮影してもリアルな法隆寺の五重の塔が完成した。

※説明書にはどこにも法隆寺五重の塔とは書いていないが、一層目に裳階があるのと手摺の形などが法隆寺の五重の塔の特徴をよく表している。法隆寺五重塔と表記出来ないのはなにか問題があるのだろうとは思うが、出来の良さはパーフェクトに近い。

新しいPH7タイプのLED球をスーパーカブに付けてみたが

今年の1月にスーパーカブのヘッドライト球をタングステン12V 30/30WからPH7タイプのLEDに付け替えてみた。

見た目はそれなりに明るくなった気がしたが、走ってみると暗い!

まあ、夜は乗ることがまず無いのでそのままにしていた。

Amazonを徘徊していたら同じPH7タイプのLED球でヒートシンクが長くてLEDが左右に実装されているのを見つけた。今使っているPH7タイプのLEDは上下に実装されているのだ。

左右に実装されていると少しは広がりが稼げるのでは?更にLowとHiに切り替えたときに適度な間隔で切り替わるのでは?と想像していたので買ってみた。

消費電力は8Wを謳っている。そんなに対して明るくはないだろうがもしかしてら…という期待値である。

ポスティングされたLEDバルブを早速付け替えてみた。

検証は暗くなってから近所を走ってみた。

結果は…大したことなかった…(´・ω・`)

先日取付けたワイドレンジの補助灯の方は圧倒的に明るかったのだ。

これからもPH7バルブを探す度は続く…

スーパーカブ90にLED補助ランプを

2001年式スーパーカブのヘッドライトは暗い。

12V仕様なのだが、電球は12V 30/30Wと行灯のような明るさで広がりもなくエンジンが掛かったときにだけ点灯する時代遅れも甚だしいヘッドライトなので、これを補助するLED補助灯を探していた。

補助灯はスポットではダメで上の方に光が散乱するような配光もダメ。

カットラインがハッキリとして真ん中から下の方に広がりのある光を照射してくれるランプが欲しい。それも格安で…

そんな良い話はあるわけ無い。と思ったらあったのだ。

それが今回購入したLEDフォグランプだ。

Amazonを徘徊して“バイク・補助灯・LED・カットライン”と検索した中で見つけた。

昨日の夕方に注文したら今日22日の午後に届いたので早速取付けてみた。

本体からは3本の線が出ていて、黒がアース・黄色がLEDデイライト(イカリング)・赤色がLEDのフォグランプになっている。

どこにも表記は無かったが、LEDランプは1.13Aでイカリングは0.08Aらしい。

ということはLEDランプは15W弱でイカリングは1Wというところか。

エンジンキーをONにするとデイライトが点灯するようにし、ON-OFFスイッチでメインのLEDフォグランプが点灯するようにした。

ACCから+を分岐して途中にヒューズボックスを挟んだのは言うまでもない。

夜になってから路上で点灯のテストをしてみたら、思った以上に明るくて広がりのある配光特性だった。

これなら対向車を幻惑することもほとんどないだろう。

Amazonで購入した価格は2,500円(2個セット)とバーゲンプライスである。

アルミ削り出しのアクションカメラ

「あなたが欲しいものに登録していたアクションカメラがAmazonで10台限定タイムセールだよ〜」とApple Watchにメッセージ。

すぐに見たら“30%カートに入りました”と表示。

こんな表示が出たら買うでしょ、人として…

そんなのは僕だけか?

 

インカム?インターコムのことだな

ヘルメットを新しくしたらヘルメットに取付けるインターコムが欲しくなってきた。

バイクを持っていてもツーリングなんぞしないし、多人数でツーリングなんぞすることもないのにBluetoothで接続出来て通話が出来てiPhoneと接続出来るインターコムが欲しくなってきた。

B+COMというのが良さそうだが…高い。しかし安いのはノイズが多そうだし…

YouTubeやAmazonの評価を見ながらどれにしようかと楽しんでいるところだ。

多分間違いなく買わないだろうけど…😁

新しい電子体温計が届いた

今まで使っていたMy体温計《オムロン電子体温計 MC-680》に何度かエラー表示が出てまともに計測できなくなった。

2年ほど前にY電気で購入した電子体温計だった。

あの頃は今のように体温計が在庫不足になったり価格が高騰することもなくどこででも買うことが出来たが、今や新型コロナウイルスの影響で体温計そのものが不足している。

製造しているのはあの忌まわしい中国製ばかり。オムロン製もやはり“Made in China”だ。

このオムロン製をAmazonで探したら、価格がべらぼうに高くなっていて5,000円以上するのは当たり前というおかしな価格になっていたが、7月13日にAmazonで電子体温計を検索したらテルモ製ET-C232Pという新しい製品が残り1個2,409円で定価販売しているのを見つけた。

これ、アマゾンジャパン合同会社で在庫販売している製品だったので即ポチった。

それが本日の11時30分に到着したので、もう一度AmazonのWebサイトを見たら同じものが2.6倍の価格に!有り得へんやろ〜!!

まあとにかく購入出来て良かったわ。

 

JBL-SpeakerをFLIP3からGO2に


約5年近く前にAmazonから購入したJBL-FLIP3に内蔵しているリチウムポリマー電池の寿命が来た。

新品時は3.5時間の充電で10時間再生出来るだけの容量があったが、今では充電が完了の表示が出ても10分しかバッテリーが持たない。
音楽を聴いていると突然落ちるようになった。

そして充電するためにUSBmini端子を挿し込んだら“充電出来ている”表示が出る。
そんなアホなぁ〜。である。
バッテリーに蓄電容量がほとんど無くなったわけだ。

風呂に入っているときにしか使わないスピーカーだし素早い入浴だしまあイイか…と使っていたが、やはり買うことにした。

今はFLIP3から進化してFLIP5になっているし価格も下がっていたが、買ったのはもっと安いJBL-GO2というもの。

最初にAmazonで買ったJBL FLIP3は13,910円だった。現行のFLIP5はIPX7になっていて価格は7,200円(Amazon)なので隔世の感がある。

風呂に入っている間だけ聴くだけなのでGO2でイイか…ってことでこちらにした。風呂で聴くにはFLIP3は低音が効きすぎるのだ。

そしてこちらGO2の防水規格もIPX7になっているのがうれしい。

2.5時間の充電で5時間の再生時間らしい。これだけ持てばOKである。

1/12のHONDA Dream CB750K0

1/6スケールの精密なCB750 K0は何年も前から持っているのだが、先日作ったDUCATI 900SSと同スケールのCB750が欲しくなったってわけだ。

Amazonを探したら青島からダイキャスト製の完成品が出ていたので購入した。

届いたものを開封してみるとワイヤー・ケーブル類が全くなされていない。

そこでクラッチワイヤーとブレーキホースを作って取付けた。これだけでリアル感が増す。

そしてエキゾーストパイプにも焼けをクリア塗料で塗ってみた。

実車はメッキのエキゾーストなのでステンレスのものほどはきれいに焼け跡は付かないのだが、これも彩りである。