最高の同窓会かも?

菊水楼に10時30分、集合した幹事たち。

ウチに誘いに来てくれたミッチャンと一緒に、せがれに送ってもらって少し遅れて到着したのが10時50分。

会場は菊水楼の南側1階の洋室に丸テーブルが並べられ、南から柔らかい光が差し込む明るい室内で53年ぶりの同窓会が開かれる。

受付の見目麗しい美人たち
受付の見目麗しい美人たち

11時30分から受付が始まり、来場した同級生が首から名札を下げて会場横のラウンジに集まり始めた。53年ぶりである。名札がなければ半数の人が誰かわからないのだ。

そして先生が登場。クラスが4組あった中で唯一ご存命の素敵な先生である。

12時00分、司会担当の酒井君と総挨拶の阪田君の進行で同窓会が始まった。

持ち込んだパソコンから流れる1960年代の音楽とマッチした空気感が心地良い。

最初に亡くなった方たちへの黙祷に始まり、ドリンクが運ばれてきて奥田君の乾杯の声で一気に会場は喧騒に包まれた。

そこかしこで想い出話の声が聞こえてくる。

さて、私の受け持ちである撮影を始めだした。

左から私・東京から来てくれた熊谷君・そして中村君
左から私・東京から来てくれた熊谷君・そして中村君

各テーブルを回ってみんなの笑顔をカメラに収める。

料理が運ばれてきて食べるのも喋るのも忙しくなってきた。みんなの話し声が室内に木霊して大きな流れとなりはじめた。

2時間近く経ってからクラスごとの撮影を始めた。みんな窓側に立ってもらって逆光の状態でストロボを光らせてシャドウを持ち上げた撮影をする。こうすると背景にストロボの嫌な影が出ないから良いのである。

ワイワイ言いながら各クラス毎の撮影を終えて、次は全員の集合写真。

これは室内では無理なので、南側の芝生に出て撮影を敢行した。

少し逆光になるが、今はシャープなレンズとマイクロ・フォーサーズの受光素子と補正技術でなんとかなる。

撮影のデータを見てみると、ほぼ全員がとても良い笑顔をしてくれたので、とても魅力的な集合写真が撮れた。(と思う)

12時にスタートして2時間30分、菊水楼の1階フロアで開催された53年目の同窓会が閉会となり、入口近くの席に座っていた私がカメラやiPadをバッグに片付けていると、何人かが私のところにやってきてくれて「来てよかった!」「誘ってくれてありがとう!」の声を掛けて手を握ってくれた。

その言葉を聞いただけで今日の“飛鳥小学校学年同窓会は成功だな”と感じたのである。


今なにしてる?Vol.11

外泊で自宅に戻っても目覚める時間は病院時間とほとんど同じになっていた。

寝室の窓から見える陽光
寝室の窓から見える陽光

天文薄明が終わりかける4時30分である。

5時10分になって東の空を見ると陽光が見えてきた。

真夏のような肌に纏わりつくような嫌な気温ではない5月の朝の空気は爽やかで心地良い。

今日は53年ぶりの【飛鳥小学校学年同窓会】開催の日だ。

昨夜はお風呂に入っているときにiPhoneに着信があった飛鳥小学校の同級生は私の心の支えであり親友のY・N君。

彼が同窓会に参加してくれることを知ったらクラス担任の富田先生どんなに喜んでくれただろう。

そう思うと胸が熱くなった。


今なにしてる?Vol.10

今は自宅の仕事場にいる。

退院したわけではない。外出届を出して“24時間の猶予”をもらった。

第してTwentyFour.

明日の飛鳥小学校学年同窓会に合わせて担当してくれている先生が薬を調整して体調を良くしてくれたのだ。

病院内に居ても「アイツ何処が悪いんや?」と言うくらいに元気に歩き回ってリハビリしたり、トレーニングルームでボートを漕いだり、体幹トレーニングをしている。

今まではほとんど通らなかった鼻はスコスコ通るし、匂いは感じるし、食欲はあるし、熱は出ないし、5年前の副鼻腔炎になる前に戻ったような快適な体調に戻った。

たったひとつ、免疫力が極端に低下していることを除いて。

PS:シャワーを浴びて🚿いたら電話が…

明日、参加してくれる同級生からだった。


今なにしてる?Vol.7 & 8

今なにしてる?Vol.7

昼のリハビリテーションが終り、良い汗をかいて部屋に戻ってスポーツドリンクを飲んでいたら酒井君が来てくれた。

長3封筒を受け取りに来てくれたのだ。

おっとそのままでは帰さないぞ。

食べ物がいっぱいあるので、コーヒーゼリーをふたりで食べた。

食べながら明後日の打ち合わせもしっかりとやった。

幹事が集まる時間や流れの確認もだ。

私が出席出来なかったので聞き逃した話もしてくれた。

他にもいろいろ…

Vol.8は後半に続く・・・・・

“今なにしてる?Vol.7 & 8” の続きを読む

多肉に花が咲いた

昨年末に小学校の友達からプレゼントしてもらった“ナンジャコレ”

正確な名前は“アルブカ スピラリス フリズルシズル”

そしてもうひとつは“達磨オブツーサ”

その両方に花が咲いた。

決してきれいな花ではないが、多肉に咲く花はみんな変わっていて面白い。

そしてまた新たに加わったのはセンペルビウムとエケベリア。


昨日は楽しい飛鳥小学校同窓会の幹事会

昨日で4回目(途中少数で集まったのはカウントしていない)の“飛鳥小学校学年同窓会を相談する幹事会”の第4回目。

場所はならまちセンター

1回目はみんながイタリアンのお店に集まったのが幹事会の集まり。

2回目は奈良県文化会館会議室に集まり、3回目はならまちセンター

そして今回の4回目も“ならまちセンター”だ。

開催される5月19日まで2ヶ月を切ったので、もう1度集まるぞ!って何やねん!集まるたびにプチ同窓会みたいやろ。楽し過ぎるやないか。

本番の同窓会になったら話すことが無くなるかもね。


ソメイヨシノの枝

「まだ咲いてない桜の枝、少し切ったのあるからよかったら帰り取りにくる?」と東生駒に住む小学校の友達から連絡をもらったので、三碓にある鍼灸院に行った帰りにもらいに行ってきた。

鍼灸院を出て10分ほどで到着。

すでに友人は家の前に出て桜の枝を袋に入れて待っていてくれた。

今週初めに植木屋さんがおウチの桜の木(ソメイヨシノ)を剪定されたらしくて取っておいてくれたらしい。

インドネシア産マンデリンの珈琲豆も頂いてしまった。

さて、挿し木にするか盆栽にするか両方ともするか?


昨年末のプレゼント

半世紀ぶりに会うことが出来た飛鳥小学校同級生の仲良しがくれた誕生日プレゼントの“達磨オブツーサ”と通称“ナンジャコレ”こと“アルブカ スピラリス フリズル シズル”に花芽が着いた。

最初に気づいたのは達磨オブツーサの方で「おおっ!芽が出ている!」と思って写真を撮ったあと、夜になったので南窓のある廊下の外に出してあった“アルブカ スピラリス フリズル シズル”を室内に取り込んだときに・・・・・

「こちらも花芽が出ている❗」

これも撮影したよ、もちろん。カメラは昨日買ったばかりのGX7MK2にマクロの30mmで。

すぐにLINEで連絡したら彼女のほうはまだ花芽が出ていないと返ってきた。

やるなあ、オレ。(オレがすごいわけではない)

花が咲いたら写真を撮って贈ろう。


Albuca spiralis ‘Frizzle Sizzle’

 

Albuca spiralis ‘Frizzle Sizzle’
左が10日前、右より巻が弱い

ウチの家は南側の窓がほとんど無くて南側の直射光が差し込まない。

朝は東からの陽が当たるが短い時間である。

そんな部屋の北窓に小学校の友人からもらったAlbuca spiralis ‘Frizzle Sizzle’を置いていたら、ヒョロヒョロと背が高くなって巻き巻きしている先端部が真っ直ぐに伸びてきた。

これはだめらしいので、唯一南の陽が差す窓に鉢ごと置くようにしてみたら、10道ほどで先端の巻き巻きが少し戻ってきた。

この調子で春が来るまでクルクル巻き巻きを維持していたい。

枯らしたりしたらプレゼントしてくれた友人に顔向け出来なくなるからね。