MacBook Pro Retina 15in. Late2013のバッテリー交換終了

一昨日の夜にAmazonに注文したMacBook Pro Retina 15in. Late2013用のバッテリー“Ninja Battery”がヤマト運輸の宅急便で届いた。

9時過ぎに届いたのに驚いたがどうやら日曜日だと配達が早いらしい。

一番厄介で難易度が高いらしいバッテリーの取り外しはすでに終えていたので、仮に止めてあった裏蓋のT5ネジを10本すべて外してから新しいバッテリーを載せてみた。

NinjaBattの裏側には接着用のテープが貼り付けられていたで、保護テープを外してからきれいに掃除を終えていたMacBookProのバッテリー収納部分に収めた。接着用のテープの一部はポリエステルテープで接着しないようにカバーをしておいた。(次回交換時に取り外しやすいように)

バッテリーを所定位置に収めたら、電源コネクターの両脇にあるネジをT5ドライバーで締めて固定する。

厄介だと持ったのが電源コネクターだ。もともと取付けてあったのは、バッテリーとコネクターを結ぶ部分は軽く曲げられていたが、新しいものはあまり曲がっていなくて、コネクターをそのままでは差し込めないので、赤丸印の部分を軽く曲げる必要があった。

電源コネクターを差し込めたら元のバッテリーに付いていた保護テープを貼り付けて本体のアルミ製の裏蓋を10本の星型ネジ(ペンタローブネジ)を締めて固定する。

10本とも同じネジではなく、排熱口部分の星型ネジだけは2.8mmと短いので注意が必要。(他の8本は3.2mm)

後は電源ボタンを押して正常に起動するか確かめたら、バッテリーのキャリブレーションを行う。