2回目のワクチン接種

7月9日(金曜日)に1回目のワクチン接種を奈良市役所で受けてきた。

あれからちょうど3週間目の7月30日(金曜日)に2回目のワクチン接種を同じく奈良市役所で受けてきた。

19時過ぎに奈良市役所にクルマで到着し、今回はすんなりと駐車区画を見つけることが出来たので家内と市庁舎に入ってゆく。

一階で熱を計測されて(36.6度)番号札を渡され、「何時の予約ですか?」と聞かれたので「19時30分の予約です。」と返答。

1階の待合に置かれた椅子に座ってしばらくしたら呼ばれたのでエレベーターで6階に向かった。

6階に着くと最初はお医者様の問診で、案内されて席に座り、一言二言聞かれたことに返答しながら先生の顔を見たらどこかでお見かけした…

すぐに思い出せないままワクチン接種のブースに誘導された。

簡単な問いかけのあと、椅子に座って右腕の付け根にファイザー製のワクチンを注射された。(注射器は10ml)

ワクチン接種が終わって15分間は帰ることが出来ないので、待機場所で時間がすぎるのを待つ間、問診票に書かれたお医者様のサインを見て「あっ!私の難病を見つけて下さった市立奈良病院の総合内科医長の山口先生じゃないか。」

15分過ぎるのももどかしく時間が過ぎ去ってようやく帰って良いと連絡が来るなり、問診していただいた山口先生のところに挨拶に行ってきた。

2019年5月4日、救急外来に駆け込んだ時、この先生が居られなければ私の難病はずっと見つからないまま苦しい毎日を送っていたに違いないと思うと、この先生に出会えて本当に良かったと感無量になった。

※今日のワクチン接種も家内と一緒に行ってきた。

1回目のワクチン接種

Dyson V8 Slim Fluffy

朝食を食べながらTVの読売chを観ていたら、【楽天サプライズデー|2日間限定のサプライズ価格】というのが目に入った。

Dyson V8 Slim Fluffyが34,800円…

今家で使っているコードレスのDysonで一番古いのが2013年12月に買ったDyson Digital Slim DC35 マルチフロアという8年前の機種である。

その後、一階用にDyson V7 animal proというのも買った。

それ以前はDyson DC26というコードタイプのDysonを使っていたが、コード付はどうも面倒なのと、音が強烈に大きかったので、それ以降はコードレスにした訳だ。

どうも2日間限定とか◯◯台限りとかいう謳い文句に私は弱い。

で、買ったのかって?

【TONE】コンビネーションスパナ

時間があると(充分にあるのだが…)YouTubeを観ている。

観ているのはバイクブログ(VLOGというヤツ)やガジェット系の動画、そしてバイク整備と工具紹介の動画ばかり。

つい最近観た中で気になったのがコンビネーションスパナ。

今はメガネレンチ・両口スパナ・ショートコンビネーションスパナ・そしてコンビネーションラチェットスパナは持っているのだが、通常のコンビネーションスパナが無い。

3年ほど前に食事会をやったときに友人からプレゼントしてもらったトネ(TONE) ビットラチェットセット BRS20 を使ってから、TONEの仕上げの良さに驚いて好きになったのだ。

もっともそんな整備をするわけではなく、単に工具沼にハマっているだけだとも言う。

今回買ったのは“トネ(TONE) コンビネーションスパナセット CS700”というコンビネーションスパナである。(購入時の価格は5,123円)

これもYouTubeで紹介されていてなかなか良さそうだったから買ってみた。

またこれもガレージの中で工具の肥やしになるのだろうか?

夏の早朝は蝉時雨

暑い日が続く夏の真っ盛りの散歩は日の出とともに始まる。

5時30分前後にワンコ達を連れて散歩に出掛けて奈良町をぐるっと散策。

今日は天満さん(奈良町天神社)まで行ってきた。

家を出たすぐから凄まじい蝉の鳴き声に圧倒されて帰ってきた。(^_^;)

VT250F2Dで走る夏の早朝

日中の気温が30度を超えるような気温になると昼間にバイクに乗るなんてとても無理。

と言ってもキャブのバイクばかりなのでたまに乗ってやらないと調子が悪くなる。

そんな季節は早朝にバイクに乗るしか無いのだ。

朝陽が昇る前の4時30分頃に起きて、ワンコたちを散歩に連れて行って帰ってきてから、ガレージに仕舞ってあるVT250F2Dを引っ張り出してエンジンを掛ける。

1ヶ月乗っていないとすぐに掛からないことが多々ある。

夏場ならそのままゆっくりと走り出して、天理街道を南に向かって走り、下山で左折して藤原町を通って帰ってくるだけだ。

時間にして30分弱。

こうやって月に一度だけVT250F2Dに乗るのが楽しみになっている。

年寄りの冷水

Facebookに限ったことではないが、SNSで複数のアカウントを持っている人がいる。

目的があって複数のアカウントを作っているのであれば良いのだが、私の歳に近い男女がそれをやっているのを知ると、どうしてそうなったかを聞いてみたところ、ほとんど全員が「前のアカウントのパスワードが分からないので新しく作った…」そんなことを全く悪びれることなく吐かすのである。

なにせ小・中・高・大の頃にはパソコンなんて無かった世代。存在したのは紙に穴が空いてそれを機械に読み込ませるような代物だけだった。

今のようにアプリケーションソフトウェアという概念さえ無かった頃だ。
(Apple IIは1977年頃、初代Macは1984年)

1980年代初めに普及し始めたFaxが会社に導入されて、Faxこそ最先端だと思っている“化石”のような世代である。

そんな連中が中堅どころになった90年代にパソコンに触れ、ようやくなんとか指一本で入力していた頃にインターネットだ。

そうなるといろんなところでアカウントだIDだログインだパスワードだと、今まで聞いたことも無いような言葉の洪水に、ハイテク機器と言えばFaxしか知らない腐ったカボチャのようなアタマで乗り切ろうとした頃には定年退職。

今まで鼻高々で使っていた携帯電話(ガラケー)からスマートホンを持つようになり、使い方が解らないと言って子供や孫から教わりながら、終いには愛想を尽かされて何事も無かったように新しいアカウントを作ってアクセスしているのだ。
そんな連中が私の同級生である。

Facebookに複数のアカウントを持っている同級生は全員友達から削除した。
怖いからだ。友達申請が来ても当然の如く無視する。

そんな奴らに限って何の投稿もせず、似たような境遇の同級生を探しては友達申請しているのが判る。

なにが面白くてアカウントを作ったんだろうねえ。止めとけば良いのに。

太い胴体の飛行機

こんな珍しいプラスチックモデルを手に入れた。

五條市の新町通でだ。
と言っても私が買ってきたのではない。

昔から親しくしてもらっているカメラ店のご主人からメッセージが入り、「今、こんなところに来ているけど、欲しいのある?」と言う嬉しいお言葉。数枚の写真を送って頂いたのを見ていたら、目に付いたのがコレだった。

前々からSAAB 29 TUNNANが欲しかったのでそれを買ってきて!とお願いした。

そしてもうひとつはGee-Bee Sportster。
ビア樽みたいなぶっとい胴体の可愛いプロペラ機。

※Hellerは“エレール”と読む。フランスの模型メーカー。

HONDA CBR750 Super Aero (RC27)

クルマ仲間で整備もやってくれている友人が「今からちょっと行って良いですか?」とメッセージ。

家の前で待っていたら久しぶりに聴くカムギヤトーンの音が近づいてきた。

乗ってきたのはものすごく綺麗なCBR750SuperAero(愛称ハリケーン)RC27だ。

どうやらごく最近になって手に入れたらしい。

1988年製で水冷DOHCカムギアトレーンのレーシングバイクのようなエンジンを搭載したレーサーレプリカ(今でいうSuper Sports)だった。

4-1-2マフラーの2本出しでフロントのサスペンションにはアンチダイブ(TRAC)が装備されている。

燃料タンクは20リットルは優に入るので、レーサーレプリカと言うより、フルカウルを纏って風の抵抗を軽減して走るツアラーのようなバイクだと思っている。

77馬力もあるので、最高速度は250km/hを凌駕するらしい。

大切に乗られていたきれいなバイクだった。

風蘭の花

7月8日
夜になってから庭に出て風蘭に顔を近付けたら、昼間以上にバニラのような甘い香りを放っていた。

「夕方から夜になったらもっと香りが強くなるよ。」と去年の11月8日にこれをくれた友人の聖子ちゃんに教えてもらった。
When I went out to the garden at night and brought my face closer to Vanda falcata, it gave off a sweet scent like vanilla more than in the daytime. “The scent gets stronger from evening to night,” friend told me.

7月15日

風蘭の花が全て咲いて甘い香りがしてる。

2年前の入院でEGPA(指定難病45)だと分かってステロイドの大量投与で持ち直した。

治療のあと、鼻詰まりは激減して匂いが分かるようになった。

さらに味覚も戻った。

若い頃は香りが分かったのに、いつの頃からか匂わなくなっていた。

またイイ香りが分かるようになってとても幸せだ。

ヒトダスケでタスケラレ

昨日の夕方18時頃のお話。

家の玄関に出て、姐さんが持ってきてくれた丸栄製菓のあられを支配人に渡すために外で待っていた時に、近所の奥さんが「福井さん、助けて!」と血相を変えてウチの玄関に来られた。

何事かと思ったら男トイレの水が止まらないとか。
センサー付のTOTOユニットのピストンバルブかフラッシュバルブが壊れて水がダダ漏れ。
男子トイレの周りに止水栓は無く、大元の止水栓を止めるしか方法が無かった。
(光センサーユニットを吸盤で外せばその奥に止水ネジがあるのをネットで知ったのでやってみたがかなり頑固に固着していて回すことが出来なかった)

しばらくして支配人が来てくれたときに、水漏れで悩んでいる私達の様子を見て、ゴルフ場の水回りの整備をされている水道業者さんの会長に連絡してくれたお陰で、今朝の一番に水道工事の業者さんが来てくださって、水バルブを交換してもらった。
センサー式から手動式になったが、見事に作業を完了した。

話はここからである。
お向かいの奥さんがえらく恐縮して、
「福井さんのお友達が連絡をしてくださったお陰でとても感謝してます。お礼を…」と言われていたので、
「それはまたアレコレ何某と私がお願いします。」と言っておいた。

「福井さんにも何か御礼を…」と言われたのだが、もちろんお断りしたが、それでも何か御礼をと言われたので、
「年に何度か友人や知人がクルマで来た時に、そちらの玄関にある広い駐車場を貸してください。」とお願いしたら、
「そんなのならいつでも使ってください。鍵はこうやって開けて…」言ってくださった。

これで私の友人や知人が来たときに、ウチが借りている駐車区画が空いて無くても、駐車する場所で悩む必要が無くなった。と言うお話。