スーパーカブのアニメに出てくるCT110の話

今話題の(でもないか?)アニメ&コミック&小説の「スーパーカブ」
原作:トネ・コーケン(角川スニーカー文庫)
協力・監修 本田技研工業株式会社と言うバキバキの布陣である。

高校2年生の女の子が乗るスーパーカブを話の中心に据えて、中古のスーパーカブに乗る地味で目立たない小熊って子と、頭が良くて飛び切りの美人な礼子と身長が130cmしかないちびっ子の椎…他いろいろ。

私は地味で目立たなくて面白味のない小熊ではなく、モノに拘りを持っている美人の礼子のファンなのだ。
彼女が最初に彼女が乗っていたMD90が壊れたので、CT110の出物を買うと言う話が第6話の後半で礼子が話していた。
在庫で残っていたと言う2012年製のCT110がこれ。

CT110の各部パーツをじっくり見ると、どうやらオセアニア郵政仕様の特徴があちこちにある。
黒のハーフチェーンカバーにサブミッションが無いところやフレームカバーに付いているHONDAシールのカラーにフロントウインカーの取り付け位置などが“オセアニア郵政仕様”だと思われる。
テールのブレーキランプの形は紛れもないオセアニア郵政仕様だ。

追記:メーターは以前に乗っていたMD90からの移植かも。
マフラーやキャブレターはすでに変更されていて、オイルクーラーも取り付けられているマニアックなCT110だ。