VT250F2Dの左側小物入れ修理

38年も経過しているVT250Fインテグラの樹脂製パーツの幾つかにはヒビ割れが出てきていた。

これだけの年月が経過した樹脂には避けられない問題であるが、メーカーにはすでにパーツは残っていないし、オプションパーツなどはまず入手は不可である。

ロアーカウルなどはヤフオクにも出ていない。

もしも出ていたとしたら数万円は確実にするだろう。

そしてインテグラのアッパーカウル左右に付いている小物を入れるためのBOXは樹脂製で、それが経年劣化でヒビ割れしていたのだ。

昨日持ち帰ってプラリペアで修理してヤスリがけとサンドペーパーで表面を平にしてから色の変色したところはマットブラックを吹き付けてきれいに仕上げ直した。

関連情報:VT250F2Dの右側小物入れ修理

それを持ってモトパワーに午後から出掛けていったのだ。

今日は奥のリフトではなく表のショールームに置かれていたVT250Fインテグラを撮影したのがコレ。

帰り際に木村社長が「福井さん、VT250Fのサービスマニュアルは持ってはります?」と聞かれたので「パーツリストは買ったのですが、サービスマニュアルは高価なので買ってないんです。修理はモトパワーに持ってきますし…」

すると「サービスマニュアル、お貸しします。VT250Fを修理に持って来られるときに一緒に持ってきて下さい。」と言って貸してくださった。

これでまた読み物が増えて楽しみが出来たわい。