Rollei35のフィルムカウンターが動かない

VT250Fのパーツを入手してくれた滋賀の友人がCanon SIIの写真を掲載されていた。

手に入れた経緯は米国に居た時にeBayで入手されたと話されていた。

私も久しぶりに昔にカメラを引っ張り出してきてシャッターを切ったり汚れを払ったりチェックしていたらRollei35の底蓋に付いているフィルムカウンターが動かなくなっていたのに気付いた。

きっと汚れで動きが渋くなっているかバネが外れたか最悪はバネが折れたかのどれか、或いはそれらが複合している状態だと思ったのでカウンターをバラしてみた。

どうやら経年変化で薄く塗られた油が固着してカウンターダイヤルが回り難くなってバネが外れたのが原因だったようだ。バネが折れてなくてよかった。

カウンターダイヤル周りの汚れを落としてバネをもとどおりに引っ掛けて組み上げたらちゃんと自動で復帰してくれるようになった。

バッチリである。

このRollei35は父親の幼馴染で大阪の我孫子で歯科をされている方から40年ほど前に譲ってもらったもの。