スーパーカブ90のメーター内もLEDに

バイクのメーター内は昔から汚い。何とかならんのか?

スーパーカブ90カスタムのLED化も着々と進行中。

最初はヘッドライト球を12V 30/30Wのタングステン球から12V12/12WのLED球に交換し、次はテール/ブレーキランプを12V 21/5Wから12V 1.2/0.5Wに変更。

そして今日はメーター内にあるウェッジ球をLEDに交換した。

ニュートラルランプは12V 3.4Wのウェッジ球をT10のグリーンLED12V0.3Wに交換。

メーター照明に使われている12V 1.7W X 2のウェッジ球を同じくT10の白色LED 12V0.3Wに交換した。

メーター奥にあるメーター球を固定しているゴムキャップは硬いのと奥にあるので非常に外しにくい。ラジオペンチの先端で挟んで下に引き抜いた。

電球でキーONの消費電力:ニュートラル3.4W
LED化でキーONの消費電力:ニュートラル0.3W+メーター照明0.3W×2+テールランプ0.5W=1.4W

残っているのはターンシグナルランプ4個とメーター内にあるウィンカーシグナルランプだけになった。

これをLEDに交換するにはちょっとだけ細工が必要になる。

LEDは直流しか流れないので、メーター内のウィンカーシグナルランプに整流ダイオードを2個メーター内にあるターンシグナルランプのオレンジ線に接続(プラス側)してもう片方の水色線はアース(マイナス側)して直流の流れを制御する必要があるのだ。

それとウィンカーリレーをLED対応に交換する。これが出来たらスーパーカブ90カスタムのLED化はすべて完了。