ナンバープレートを持ってモトパワーへ

今日からモトパワーが仕事始めなので11時にクルマに乗ってナンバープレートや必要な情報を持って行った。

到着して自賠責保険の書類を作成しながら葭崎さんが「福井さん、暇やろ?自分でこの書類持って市役所へ行きぃや。」
ウゥッ!よく分かっていらっしゃる。
そのとおり‼️私はhimagine。

川沿いを走って市役所に着いたのは11時55分。

クルマを駐車場に停めて市役所の二階にある市民税課の窓口に書類を提出したらすぐに新しいナンバープレートをもらえた。

自賠責保険も5年入ったし、これで名実共に私のもの‼️

書類を紛失した原付バイクの登録だと古いナンバープレートを継続できずに新しくなるらしい。

三文判と元の持ち主の名前と住所と電話番号さえ判れば簡単に新しい標識交付証明書を発行してもらえた。

ということはですね、盗難バイクなんぞ簡単に名義変更出来るんだなあと納得…納得して感心することではないけどこんなに簡単に出来るんだ。

今までは書類が揃った原付バイクの名義変更切替は何度かしたことがあったけど、書類がないバイクの切替は今回が初めてだ。

朝から降っていた雨が止んで曇り空になった16時過ぎ、新しいナンバープレートを取り付けたスーパーカブ90カスタムをモトパワーまで走らせた。

タイヤ交換とオイル交換とキャブレターのオーバーホールといくつかのパーツを入手してもらうために入庫。

今の状態は…ビックリするほど良く走る。
多分CT110に負けないどころか勝つと思える走りだ。
軽やかにエンジンは吹け上がりブレーキもスムーズ。

但しタイヤがヒビヒビなので濡れた路面だと怖いものがある。

注文したタイヤはMichelin M35。
オイルはいつもの合成オイル(名前は忘れた)
プラグはイリジウムに交換。

こうしてお願いするのもお付き合いである。
それに私がやるよりもモトパワーのプロの仕事は細かいところまで手が届く気持ちの良い仕事をしてくださるから有難い。

出来上がるまでは風防とリヤボックスをどれにするか迷っていよう。(^^)

アルミ合金製のCT110用サイドスタンド

朝、届いたアルミ製のサイドスタンド。

早速分解してみた。

スタンドの軸になるところだけが削り出しで、それ以外のアルミ部分はキャスティングだと思われる。

重さは本体の重さが372gでスプリングを加えると393gである。

純正のスチール製サイドスタンドを取り外していないのではっきりとは分からないが、こちらのほうが軽いかもしれない。

午後からアルミ製サイドスタンド(長さ調整式)をCT110の純正品サイドスタンドと交換した。

見た目はなかなかイケてる。

少し長い目のサイドスタンドを探していたら「モンキーやゴリラのインチアップの際にロングタイプのサイドスタンドとして最適です。」と書かれていて標準が200mmのサイドスタンドを220mmのものに交換するものが売っていた。

もう少し探したらアルミニウム合金製で高さ調整が出来るのを見つけたのでコレにした。

対荷重500kgと書いてあった。

話半分としても250kgまでは耐えられるからCT110の車重は90何某なので多分大丈夫。