天然酵母パン

春日中学同級生の友人、中野くんから天然酵母パン🍞の出来立てをつい今し方頂きました。(^^) ありがとうございます😊

保存料等一切入っていないピュアなパンです。

今日のお昼に半分食させて頂きます。
ああ、楽しみ (^o^)

ホンダ スーパーカブCustom90

11月24日(日曜日)の17:24にM君からLINEに連絡が入った。

「福井君今晩わ。Yさんの横のガレージに置いてあるスーパーカブの件ですが、やはり持ち主はYさんだそうです。『同級生で譲ってほしいと言う人が居るので、電話するかも知れない。』と伝えてあります。
📱090-@@@@-@@@@
何れは処分しないといけないと言ってましたが、亡くなったお父さんの遺品らしいので、売るかどうかはわかりません。
月~金迄は実家に、土日は自分の家に帰っているそうです。」
という会話を飛鳥小学校・春日中学校の同級生と先程LINEでしていた。

これでひとつ次のステップに進める。

ホンダ スーパーカブが欲しくて欲しくていつも横目で見ていたビジネスバイクである。

今朝、このバイクの持ち主のYさんに電話して何回かコールを鳴らしたけれどお出にならず。しばらくして私のiPhoneに090-@@@@-@@@@から着信。

Yさんからでした。

「話はMさんから伺ってます。会社の仲間にで譲って欲しいと言ってるのが居るのですが、兵庫県に住んでる人なので、奈良の方なら良いかな?と思ってます。」との事。

やったぁ〜❗️
って、まだ話は決まった訳じゃ無いけど、また一歩前進。

 

お好み焼きパルコで女子会?!

楽しい食事会のスピンアウトのひとつ“楽しい女子会”のメンバーの姐さん・美由紀さんが奈良市内にあるお好み焼きパルコに集まった。

いつもどおりの満席になった店内で注文していたネギ牡蠣玉・牛すじ肉玉・餃子・etcのお好み焼きが届いた。ふたりともここは初めて。

1時間ばかり話しをしながらランチタイム。気に入ってくれたみたい。

食べたあとは奥田のみたらし団子を買って帰ってコーヒーとともに頂いた。

Amazonで昨日注文して今朝届いたRING FILL LIGHT(LEDリングライト)を開封して撮影テスト。

みたらし団子も人物も割合にきれいに撮れる。

リングライトは瞳にリング状のアイキャッチが入るので人物を撮るのに最適。

それにこのライトは3200K・4200K・5600Kと色温度を変えることが出来、明るさは10段階に変更可能。

これがAmazonで2,500円ほどで購入できる。

これは買ったほうが良いと思うよ。

カプセル ドールハウスの制作 Vol.2完成

13日水曜日から作り始めた“出会いの街角”

直径90mmの台座で三階建ての可愛いドールハウス。

建物の基礎になる壁面と床を作り始めて、窓・階段・三階内装とLEDランプの取付を終えたのが16日。

昨日からは室内の小物やベッドや書架やテーブル類を作り始めて18日の夕方のようやく完成した。

細かい本やライト類を作っていると肩が凝る。

最後に台座に付いているLR1130電池ボックスと建屋に取付けたLEDランプの結線を纏めてハンダ付けしてから収縮チューブで絶縁する。

そして台座と建屋を瞬間接着剤GELタイプでしっかりと固着して出来上がり。

台座裏のスイッチをオンにしてランプを点けて出来上がりの写真を撮っておいた。

これ、どうするって?それは秘密です。😁

3年保証の石油ファンヒーター

寒くなってくると押入れから石油ストーブを出してきて灯油を入れて使い始めるのが毎年の習わし。

2016年11月26日にAmazonで購入したダイニチ工業株式会社製の石油ファンヒーター“ブルーヒーターFX-32R3”を箱から出して真新しい灯油を入れて点火したらしばらく点火の音がしたが火がつかず何度か繰り返したあと“ボンッ❗️と言う音と共に白煙を吹き出してようやく点火した。

再現性は無かったが3年保証のファンヒーターなので、ダイニチ工業株式会社の保証書に書いてあるお客様相談室に電話してみた。

電話に出てくださったお客様相談室の女性は丁寧な対応でこちらの症状を聞いたあと、「最寄りの修理店が訪問に伺いますので…」となった。

今日の土曜日の午後に奈良市にあるダイニチの代理店から修理の方が来てくれて動作を確認したあと、気化器(インジェクター)とフレームロッドを交換してくれた。

改めてファンヒーターの側面の表示を見たら
“日本製”の表示。今時の機械で日本製は珍しいので修理をされている方に聞いたら「ダイニチさんは新潟でお造りになってます。」との事。

「中まできれいな状態ですね。保証期間内で良かったです。もしまた何かありましたらご連絡ください。」と言われてサインして帰られた。

これでまた気持ちよく使える。

カプセル ドールハウスの制作 Vol.2

新たにカプセルドールハウスを作り始めた。

今度も円筒形で透明のカバーに収まるようなカタチのドールハウスだ。

違うのはゼンマイで回転すること。そして建物の中は三階建てになっている。

中の設えは前と同じようにベッドが置いてある寝室やシャワールームにはバスタブがあったり棚には本や花の飾りがある作り。

屋上にはオープンテラスがあって空を見ることが出来る可愛い建物である。

これを作るために新しく買ってきた接着剤のUVBondyを使ってみた。

主だったところは今までどおりホワイトボンドでつくり、小物の椅子のパイプ部分の接着などに使用したらとても便利なのがわかった。

ホワイトボンドだと接着したあと硬化するのに時間が掛かるし、瞬間接着剤だと間違ったところを接着すると慌てふためくが、これは紫外線を照射しない限り固着しないから安心して接着できるのがミソ。

木と紙なら今までどおりホワイトボンドで接着し、テラスのワイヤーや金属パイプのような表現をするシャワーなどは液体プラスチックのUVBondyを使う。

現在の進行状況はこのくらい。

液体プラスチック接着剤UVBondy

紫外線硬化型の液体プラスチック接着剤を使いたくて、環境清美センターまでゴミ捨てに行った帰りに奈良市と京都の県境にあるカインズホームへ。

BONDICが売っていたので買おうと思って手に取ったらその横に良く似たパッケージのUVBondyと言うのが売っていた。

「日本製」と書かれていて、販売元はBONDICもUVBondyもどちらも株式会社スピリット・オブ・ワンダー(Spirit of Wonder)だ。

価格はBONDICが2,980円でUVBondyが1,980円。裏の説明文はどちらもほとんど一緒。なんだか不思議だが安い方で良いんじゃない?

買って帰って早速使ってみた。

透明のグルーに4秒ほど紫外線ランプを当てたらすぐにカッチカチに固まる。

これは面白い。

ドールハウスを作る時以外にも役立つだろうな。

もうひとつ買ったのは呉工業から発売されているGORILLA SUPER GLUE GEL。

これも使えそう。

早速、以前に飛ばして落下させてしまった超小型ドローンのプロペラガードのステーの修理に使ってみた。

折損箇所をピッタリとくっつけずに少し隙間を開けることで紫外線を照射した時に光がよく回って接着強度を上げるようにしてみた。

バッチリである。

また出会えた可愛い猫ちゃん

今朝のワンコたちの散歩に行った帰り道、前に出会った可愛い猫ちゃん?に会わないかなあ?と思ってたら、猫ちゃんがいた辺りの住人の方と出会ったので

「このあたりで見かける可愛い猫ちゃん、ご存知ですか?」と話したら、

「それ、ウチの猫です。連れてきましょうか?2匹居たんですけど1匹は先日クルマに轢かれて死んだんです…?と話された。

もしやあのニャンコ…?

この前にiPhoneで撮影した写真を見せたら「この子は春次郎です。死んだのは虎太郎なんです。」と言われた。

家に戻って連れてきてくださった猫ちゃんは少し大きくなってた。

私の腕で抱っこしても大人しく抱かれてました。

「背中の模様が黒いワンコの後ろ姿みたいなんです。」

そう言われてみると猫の背中に黒いワンコの姿が❣️

今日、抱っこしてる写真、忘れました。
とても可愛いなあ?

下の写真は少し前に出会った時に撮影した可愛い猫ちゃん。

2019年9月18日に撮影した春次郎君

カプセル ドールハウスの制作 Vol.1完成

ようやく完成した“桜の木のある別荘”

室内のベッドやソファーや観葉植物やクローゼットに暖炉に照明を取付けた。

庭には桜の木を取付けて植え込みを作り、石を並べてブランコも設置。外灯もポストも設置した。

ここまでの作業時間は10時間ほど。

カプセル ドールハウスの制作 Vol.1

お昼過ぎから昨日届いたドールハウスを開封してパーツを確認してから作り始める。

パーツはほとんどが木(バルサ)と紙と樹脂製の植物とビーズである。

一番手間の掛かるハウスから作り始めた。外壁の裏に壁紙をホワイトボンドで貼り付けてからフランス窓もホワイトボンドで接着する。

屋根はサンドペーパーで角に角度がつくように削って貼り付ける。

出来上がった外壁をツーバイフォーのようにして位置決めしながら貼り付ける。

玄関ポーチの手摺をピンセットで支えながら貼り付けて家の造作はほぼ出来上がり。ここまで約3時間。

玄関の周りの芝生を型紙通りに切り出して、室内に取り付けるLEDの通る穴を開けて本日の作業は終了した。

続きは明日…