海苔屋の若と三軸ジンバル

甘樫丘の南にあるセブンイレブンで“特製!炭火焼肉カルビ弁当”(¥498)を食べたあと、午後2時過ぎに植田商店は海苔屋の若のところに三軸ジンバルを持って(見せびらかしに)行った。

先週の月曜日に伺ったときには僕のせいで遅れたためにしっかりと見せることが出来なかったので、今日はそのリベンジである。

到着したらどう言うわけか若はお店の外に駐車してあるクルマの中で待っていた。 続きを読む


アーロン君は盲導犬


黒ラブ(ラブラドールレトリーバー)のアーロン君。

今年で3歳を迎えた盲導犬のアーロン、さすがに盲導犬らしく落ち着いていますが、ファンキーなところもあって話していると楽しいラブラドールレトリバー。

今日は「一緒に記念写真を撮ろうよ。」と声を掛けたら、ササっと横に並んでカメラ目線してくれました。


センペルビブム(Sempervivum)を育ててる

1年以上前にもらった多肉植物のひとつで、他のは枯らしてしまって、残ったのはこれひとつ。

これもいくつかは枯らしたが、このセンペルビブムだけが残った。

なんとか育てたくて元の鉢からいつもよくやるプリンのケースに移植した。

少しづつでも大きくなっているようで、枯らさないように育てようと努力。

実は、撮影したあとに葉に小さなゴミが付いたので、ピンセットで取ろうとしたときに、多肉の葉を傷つけてしまった。(T_T)

修復してくれるだろうか?


何でこんなに低いねん!

Amazonで買った三軸ジンバルにiPhoneを取り付けて、撮影がてらに歩いて行った元興寺塔跡。
この脇の潜りを通る時に“強かにアタマのてっぺんを強打”した。目から火花が出たよ。

アタマをぶつけたその右上に小さな「アタマに気を付けて下さい」の注意書きプレート。

あのね、頭をぶつける可能性があるところより上に注意書きを付けてどうすんの?

この“注意書き”を付けた奴、馬鹿か?

道路が陥没してるその先に“陥没注意”の看板つけるようなもんでしょ、これじゃ。

ああ、しかしドジ、アタマ痛い!
久しぶりに背が高い事の悲哀を感じた夕暮れ時だった。


3年前に分けてもらったサボテンが

今朝見たらコブ(子供)ではなく花が咲く兆候が見えてきた。

3年ぶりでようやく花が咲くかもしれない。

最初は直径5cmほどのちいさなサボテンがだんだん大きくなって途中で枯れそうになったりの紆余曲折を経てまた大きくなってきた。

毎年、花が咲き出すのが6月半ばだからその頃に咲いてくれたら嬉しい。