チューンドミニ


親しい友人で小柳時計店のオーナーである小柳さんのミニ。

クルマを描く練習をしているが気に入ったクルマしか描く気がしない。

アーティストのカングー、海苔屋さんのシトロエンバス(モディファイ)、そして小柳さんのチューンドミニ。

省略して描きたかったが、精密描写(というほどでもないが)になってしまった。

画材はiPadにインストールしているAdobe Draw(Adobe Illustrator Draw)


昨日描いたシトロエンバス仕様の軽自動車


私の友人(正確には奥さん)が乗っているシトロエンバス。

の軽自動車を描いてみた。

画材はいつものようにiPad用のAdobe Draw

少し前はAdobe Sketchで人物を描いていたが、クルマはAdobe Drawで描くほうが好きだ。

ホイールのみ定規を使って他はフリーハンド。

雰囲気は出ていると思う。


AirMac Express 802.11n(2nd Generation)を設定

既存のAirMac Extreme 802.11n(5th Generation)のWiFiを拡張する目的で購入したAirPort Express(2nd Generation)を午後も遅くなってから設定してみた。

朝、Amazonの配達をヤマトさんから受け取ったのが10時20分。

パッケージを開けて設定しようとしたときにiPhoneのアラートが鳴った。 続きを読む


描くこと写真を撮ること

小さな頃は教科書の白いスペースに絵を描いていた。
ノートの表紙も絵を描いていたので自分のノートだとすぐに分かった。
小学校の頃は図画工作。
中学と高校では美術の時間が一番の憩いの授業だった。
テーマがあるものを描いても自由なモノを描いても楽しいのはどちらもおなじ。
そして成績も5から変わったことがなかった。

友達はほとんど居なかった。
中学の校内から出て外の公園で写生をする授業になると同級生が周りに集まる。
その俄か友達は「福井くん、何を描くんや?」と聞いてくる。
そして僕が描き始めたあとを真似るように描き出すのが常だった。 続きを読む


ひさしぶりにAdobe Illustrator Drawで描いてみた

珈琲豆を選んでいる前原眞澄さんを描いてみた

眞澄が珈琲&紅茶館で珈琲豆を選んでいるところをAdobe Illustrator Drawで描いてみた。

線だけで描いて塗りつぶしは帽子のみ。

出来るだけ単純な線で描いてみた。

眞澄さんは.スタイルの良い女性ですな。


Adobeと共に人生の半分を過ごした

Illustrator88とフィルムスキャナーのオマケだった初期のPhotoShopに出会ってから人生が変わった。

34歳ぐらいのことである。

それまでは完全なアナログで、フィルムを使って35mmや4X5で写真を撮り、鉛筆やコンテやロットリングで絵を描いていたのに、Macと出会ってからは画面がキャンバスになった。

しかしまだスタイラスペンもタブレットも存在しない時代である。

しばらくしてWacomからタブレットが出たので買った。ADBポートに接続して使う“アレ”である。

MacもPlusからMacintosh Ci , PowerPC9600と進化していった。

そして2017年の現在はiPadで絵を描き、QuadCPUが載ったPowerPC最後のPowerMacでPhotoShopを駆動してデジタル写真を加工している。

30年前に想い描くことすら出来なかった可能性と現実がここにある。

iPad Air2にスタイラスペンを走らせていると30年前にぎこちないマウスを動かしながら荒い画素の画面に向かって絵を描いていた頃が懐かしい想い出となって頭を過る。

今使っているiOS用のAppはコレ。

Adobe Illustrator Draw
※Illustratorのようなベクトルによる描画するアプリ。

Adobe Photoshop Sketch
※鉛筆やコンテや筆を使って描画するアプリ。

Adobe Creative Cloud
※これらすべてをクラウドで統合して管理してくれるアプリ。

これらのアプリのおかげで今も絵を描き続けられる。

下手でも絵を描くのは楽しいんだな。


似顔絵イラスト

昨年の末からiPad Air 2にインストールしたAdobe Illustrator Drawでイラストを描いている。

女性や男性イロイロだ。

みんな親しくお付き合いしている人を描いている。

中学や高校の同級生の女の人やバイク仲間や仕事で親しくしている人たち。

今日は自分も含めて一気に2017年の食事会に集まってくれた方たちを描いた。


20年ぶりの懐かしい出会い

夕方から懐かしいステキな来客があった。

私がイムラ封筒情報システム事業部でApple Computerを扱っていた頃、彼女は東京のコレクション(現:コレクションウィズ株式会社)で働いていた。

幕張メッセの会場で親しくなっただけの出会いだったが、あれから19年経ってFacebookで互いの近況を知ることが出来た。

昨年4月16日には私が大阪梅田のニコンプラザ大阪に竹本っちゃんの写真展を見に行った日、ほんの少しの時間差で大阪梅田で鶴ちゃんとすれ違っていたと言う出来事も。

出会った当時は22歳の可愛らしくてチャキチャキした女の子だった鶴ちゃん、今では日本中を飛び回るキャリアガール。

今日の10時30分にワンコたちと散歩をしているときに鶴ちゃんから突然メッセージが来た。

時代劇風に端折って書くと「これから札幌から空路で大阪にゆくが、おぬしはワタシに会いに来る時間はあるか?」と言うMessageだ。

札幌からJALに乗って関空へ。

“さあどうする?オレ”と考えていたら「関空からまっすぐに奈良に向かえば・・・」と再びMessage。
なに?それは嬉しい。ゆっくり時間も取れるし夕食も出来るやないか。

無精者で都会が苦手なワタシはその線でゆくことに勝手に決めて「関空から奈良に向かうリムジンバスの時刻表」をMessageで鶴ちゃんに送った。

17時02分ぴったりに奈良ホテル前に到着したリムジンバスから鶴ちゃんが下りてきた。

合衆国の大学“Huron University”を出た彼女と22年ぶりの再会はもちろんハグである。

仕事用の大きなキャリーバッグを僕が持ち、家まで案内する。

大乗院の庭園を左に見ながら奈良ホテルの中庭を通り抜けて鵲町でいちご大福を買って自宅へ。

仕事場(遊び場)ロフトスペースでゆっくりと18時過ぎまで楽しい会話が始まった。
※鶴ちゃんもiPhoneである。当然だね!

18時10分になったら予約しておいた“洋食春”へ。

店長は気を遣って表のテーブル席ではなく広い奥の和室をキープしてくださっていたのだ。

いつものオススメを注文して昔の懐かしい話から今の仕事の話まで食事をしながら1時間ゆっくりと過ごした。

19時からはうちに戻って珈琲タイムである。
それときっと喜んでくれるだろう“末廣堂 いちご大福”

たくさん話しをしたが22年間のブランクは短時間で埋まるものでもないしいつまでも話は尽きない。


気が付けば20時30分。

江坂のホテルまでは1時間20分掛かるので、せがれが運転するFitで近鉄奈良駅まで送っていった。

ワタシは鶴ちゃんのキャリーバッグを持って駅の地下までお見送り。

たっぷり3時間余り、初めて出会ったMacWorld Expo以来、こんなにゆっくりと話しが出来たのは初めてのことである。

鶴ちゃんから頂いたドゥーブルフロマージュ。美味しかった!

鶴ちゃんから頂いたドゥーブルフロマージュ。美味しかった!


Adobe Illustrator Drawで描いた

昨日のこと。

朝から南海高野線に乗って我孫子前で下りて遠里小野町(おりおの)にある川井歯科に行ってきた。

年末なのか患者さんの数が半端じゃなく、普段なら30分ぐらいの待ち時間が本日は倍!

治療が終わって先生が「10分ほど、飲食はしないでくださいね。」と言われたので、待っていてくれた眞澄さんと歯科医院から15分ほど歩いたところにあるknumcafe(クヌムカフェ)”に行ってきた。

ホットコーヒーとチーズケーキにブルーベリーがトッピングされたケーキを注文。

iPhoneで撮影したものを下絵にAdobe Illustrator Drawで描いた。

Adobe Illustrator Drawのほうが女性の表情や髪やニットのセーターの柔らかい感じを表現し易いように思う。

元はベクターデータで、Creative CloudファイルにPDFやPSDファイルとしてレイヤーも含めた状態で保存出来るらしい。

PDFだとジャギーが出ないのがイイなあ。

線も柔らかくて好きだ。

下の絵は昨日AppはArtStudioで描いた。
基本はラスターイメージの描画ソフト。

クヌムカフェのチーズケーキとホット珈琲

I love ma.