GX7Mk2のシャッター音を聞いたか?

5年ほど使い続けたPanasonic DMC-GX7(GX7と呼ぶ)。

硬質なメカニカルシャッター音がしていた。

それほど気にならなかったが、先日購入したPanasonic DMC-GX7Mk2(GX7Mk2と呼ぶ)の静かなシャッター音に驚いた。

変な音ではない。静かな囁くような、例えるならLeicaのシャッター音のよう。

雑音が無くて柔らかい音がGX7Mk2の音だ。

これは高速シャッター速度を1/8000secから1/4000secに低くなったのが音にも現れている気がする。

デメリットはストロボのシンクロ速度が1/250から1/160に低下したこと。

日中シンクロなどでストロボを駆動しないのであれば新しいGX7Mk2のほうが魅力的。

ここに音の比較動画を掲載。


Panasonic DMC-GX7MK2が生産中止と知って

【付属レンズ:DMC-GX7MK2K】

買ったわけだ。

発売は2016年5月18日。

今も現役で使っているGX7は2013年9月12日に発売された機種。サイズも使い勝手も非常に良くてコレばかり使っている。

3年後に発売されたGX7mk2はGX7と同じ1,600万画素なのだがローパスフィルターレスの1600万画素なのがミソ。

あちこちコストダウンが見受けられるが、内部エンジンの速度も速くなってるのと、現在の価格が12-32mmのパンケーキレンズ付で41,000円と分って俄然欲しくなった。 “Panasonic DMC-GX7MK2が生産中止と知って” の続きを読む


ST105.003を借りようと思った理由は?


店長に「お持ちのOMEGA SpeedMaster 3rdモデル、撮影させてもらえないでしょうか?もしもよろしければお借りできるなんてことは無理でしょうか?」と図々しいお願いをしてみた理由は、これをお借りして大和八木にある小柳時計店の店長にお見せしようと思ったのが発端だった。

ガンショップに伺う数日前のお話。

いつものように小柳時計店に行って主の小柳さんと「奈良市のガンショップの店長が非常に珍しいOMEGA SpeedMaster 3rdモデルをお持ちなんですよ。」と話したときのこと。 “ST105.003を借りようと思った理由は?” の続きを読む


ST105.003はやっぱりお宝なのだ

Facebookを見ていたらこんな映画予告が載っていた。

時計ファン必見のおすすめ映画予告 – 『ファースト・マン』

来年2019年2月、全国ロードショーで公開される『ファースト・マン』は月面飛行の歴史が描かれて、これにはスピードマスターは欠かせない。

ということで持っているOMEGA SpeedMasterの中でもとびきりのST105.003(通称3rd Model)を引っ張り出してきた。

この時計、手に入れたのは1996年の事。SONY Cyber-Shot DSC-F1が発売されたときだ。どうしてCyber-Shotが関係あるのかって?

これが大いに関係があるのだ。 “ST105.003はやっぱりお宝なのだ” の続きを読む


CONTAX(コンタックス)T2

Facebookでフォローしているカメラ修理店の話題を見ていたらコンタックスT2が人気なのだとか。

改めてWeb検索してみるとどうも最近は1990年代のこのカメラに人気があるらしい。

金属外装・Carl Zeiss Sonnarレンズ etc…

作っていたのは今はなき京セラ。その源流はヤシカだ。

修理サービスはどうなっているのかも調べたら、京セラはとうの昔にサービスを終了したらしい。

更に調べたら諏訪に元ヤシカの方がやっているリペアサービスがあるらしい。

このカメラ、私も持っている。

ウチのコンタックスT2はまだ健康体だが、悪くなったら修理のお世話になるかもしれないな。

しかしなんで今時になって1990年代のこんな電池で動く35mmフィルムカメラに人気があるんだろう。

よく分からん。


1月は満月を2回見た

これをブルームーン?っていうのか。

1月2日に満月。

そして31日は満月でさらに皆既月食(月蝕)ときたもんだ。

月は何万年前から変わらず地球の周りを回っているが、皆既月食を見るためにはちゃんとした条件が必要。

月と地球と太陽が一直線に並ぶ必要がある。

更に、日食の始まる時間が日没後でないと見ることが出来ない。

今回は月の出から約4時間後に皆既月食になるという好条件。

最後は天気次第。

これがいつも難題だった。今回も曇り空の予報だったが、なんとか天気は持ってくれた。

撮影?

もちろん撮影したよ。

きれいに撮れた。


AF NIKKOR 24-50mm 1:3.3-4.5

買ったのは2000年頃、NIKON D1に取り付けて使うつもりで購入した。

他に持っていたレンズはマニュアルフォーカスのNIKON-F時代からのものばかりだったので、オートフォーカスに対応したレンズはコレ1本だけ。

このレンズで何を撮影したのかははっきり覚えていない。

近距離が得意でないのと、少しソフトフォーカス気味になるので、屋外の景色を撮るときは良い雰囲気なんだけど、物撮りに使うにはもうちょっとシャープさが欲しかったので、買ってはみたが実際の仕事では古いマニュアルフォーカスのマクロレンズばかり使っていた。

そんな理由で、あまり使っていなかったこの“AF NIKKOR 24-50mm 1:3.3-4.5”が17年ぶりに使ってもらえることになった。

私ではなく親戚のNIKON用として。

きれいな写真、いっぱい撮ってもらえると良いな。


昨日は月齢15.1の満月

今月は2回満月が見られるブルームーンだとか。

その最初が昨日の満月。

2回目は1月31日にもう一度満月が来る。

満月を撮ってみた。

そして翌日の今日は奥山から昇ってくる月を4分の時間で撮影してみた。

動きが早いね。