トンチンカンな正義感

YouTubeなどにコメントを読んでいるといつも気になることがある。

コメントにこんな文言が入っている場合は大抵が“チャチャ入れ”“思い込みの正義感”でコメントしているのがほとんど。

①「いつも楽しく拝見しております。」
これは相手に安心感を与えようとする最初の試み。

②「余計なお世話かもしれませんが」
はい、余計なお世話ですね。それが分かっているなら言わない。

③「長文失礼いたしました。」
これは今まで言ったこと(書いたこと)は悪意や敵意が無いという自己防衛やね。

 


防犯ガラスの入れ替え

今朝はアトリエと呼んでいるスペースに取り付けているサッシに取り付けている防犯ガラスのトーレンナ(三枚合わせ防犯断熱紫外線防止)の入れ替えの日。

屈強な男達が重いガラスを軽々と持ち上げて作業する様は見ていて惚れ惚れ。

今日のために散らかった部屋をきれいに片付けて置いたのは言うまでもない。


万年筆

はっきり言って私は字が下手である。

更に30年前からは筆記具で文字を書かずにキーボードばかり使っていたから、漢字は当然の如く書けないし、たまにひらがなを書こうとして思い出せないくらいに文字を書いていない。

昨年末、父親が死んだときにいろんな方に挨拶状を書いたり手紙をもらったところにお礼状を書くのにコンピュータのメールとかLINEというわけにはいかなくなった。

それで下手なりに万年筆で手紙を書いたのだが、見たら笑うできっと。

それまでにも何通か手紙は書いた。

受け取った人はきっと「下手な字やなあ。」と思っているに違いない。

それにもめげずに万年筆で字を書こうと部屋にある万年筆を集めてみた。

右側の同じ形をした3本はプラチナ製の800円ぐらいのものである。

挨拶状とお礼状を書くのに使ったのはコレ。

下手は下手なりに字を書くのが楽しくなってきた。(嘘だよん!)


バレンタインデーとその前日

バレンタインデーとその前日に出会った美人や可愛らしい女性の話しなので、アホらしいと思う方は読まないほうが良いと思う。

そんなこと気にせーへんわ。馬鹿馬鹿しいけど読んだるわ。という人は読んでくれ。
続きを読む


ダイススタッキングというらしい


部屋の物入れの中の捜し物をしていたらダイスカップを見つけた。

何年か前に(いや、何十年だな)買ったダイスカップ。革で出来ている。

これを振ってダイス(サイコロ)を中に取り込んで持ち上げるとダイスが立つって理由だ。

高校生の頃は紙筒というか卒業証書を入れる蓋の部分で同じことをやっていた。

運動神経は大したことないが、指先だけは器用だった。

これをクラスの中で披露してウケていたのは間違いない。

ただ、あんまりはっきりとした記憶は残っていない。

どうも高校生の頃の記憶っていうのが希薄なのだ。

でもダイスだけは今でもしっかりと立てることが出来た。

それだけで良いのかもしれない。


免許証の更新で奈良警察署へ

今日のお昼過ぎ、奈良警察署まで免許証の更新のために届いたハガキと24×30mmの写真と3,000円を持って行ってきた。

今日は適性検査(視力検査他)だけだったので名前を呼ばれたら視力検査の機械に目を当てて上・左・下・右と書いてある文字の真ん中にあるCのようなマークの切れ目を答えるだけの検査だ。

「眼鏡を掛けずにやってみてもイイですか?」と聞いたところ「コンタクトレンズはされてないですか?」と聞かれたので「はい、コンタクトレンズはしていません。」と返答してテストを受けた。

結果は、「よく見えておられますよ。眼鏡等の条件は解除しておきますね。」となった。

老眼にはなっても近くはそれなりに見えるので昔よりも目は良くなったのか?

そう思いたい。

思い込もう!


5年目の免許更新


艱難辛苦・苦節10年・・・・・青色だった免許証が金色になる。

気分はブルーだったからなあ。

Beatに乗っていたとき、大和郡山市にあるキタサイクルさんに行った帰り道、城下町の狭い道を走っていたときに「こんなところに停止線書くんかい!」ってところで徐行したのが運の尽き。

徐行ではなく一旦停止するべきだったと気付いたが後の祭りだった。

これがゴールドからブルーになったきっかけ。

それ以来、停止線のあるところではゆっくりと“1・2・3”と数える間はタイヤがしっかりと停止している。


元興寺の豆撒き 2017年

2月3日は元興寺の豆撒き。

豆撒きは15時から始まるので、14時15分頃にどのくらいの人が集まっているのか見に行ってすぐに戻ってこようと思って元興寺に行ってみた。

2年前から豆撒きの入場制限をしていて、御札を持っているとか火渡りをしたとかいろいろと制約を付けているらしい。

集まった人に豆投げろよ!とオイチャンは言いたい!

リスクがあって当然。

ハイリスク・ローリターンなイベントなのですよ豆撒きは。

それが無くなって警備員とか警察とかが介入してくるのが気に入らない。

どこまで良い子ばかり集めたいねん。

とボヤいたのは一昨年まで。

血気盛んで元気な頃は投げられた豆をダイレクトキャッチ!するのが生き甲斐だったけど、3年前に腰を痛めて骨が脆いと判ってからは無理はしない。

腰を痛めたオイチャンは順番に手渡ししてくれる列におとなしく並んで豆をもらってきた。

そうそう、元興寺の境内で偶然にも一条高校で同じクラスだった米田くんとバッタリ!出会った。

ふたりで列に並んで豆を手渡しで受け取りましたとさ。

穏やかになったふたりだった。


ニコンプラザ大阪から奈良に帰ってきた途端

梅田のニコンプラザ大阪から15時前に奈良に戻ってきて、家まであと少しというところでiPhoneMessengerに投稿が入った。

「誰かなあ、竹本っちゃんからかな?」と思って送信主を見たらなんと 鶴ちゃんからだった。

私の中ではいつまで経っても旧姓の鶴巻さんである。

明るくて快活でオトコマエの可愛らしい女性である。

「福井さん、梅田に来られてると言われてたけどまだ梅田にいらっしゃいますか?」とメッセージ。

嗚呼!都会に馴染めない田舎モンのオイラは先ほど奈良に帰って来ちまってました。

うううう〜残念無念。

もしも今日、鶴ちゃんに会えたら1995年以来だから21年ぶりってことになったんだけどなあ。

何とも残念な成り行きでした。

「都会はキライ!なんて言わずに我慢して大阪に居ろよ。」とヘタレな自分に言い聞かせていた土曜の夕暮れでした。

それでも鶴ちゃんと電話で話しが出来て更にライブでお顔が見れてとっても良かったですよ。

ありがとう!