珈琲とパスタと友人と

IMG_4703台風が去って抜けるような青空と頭の中。
奈良町の和菓子屋さん(末廣堂)で買ったお菓子を手にハンターカブに乗って般若寺近くにお住まいのいぬさんのお家に伺いました。

家を出て約10分、10時ちょうどに到着。
珈琲を頂きながら小一時間ほど中学生の頃のお話をして帰ろうと思っていたのに、気がつくと12時を過ぎてまして、なかなか帰らない福井に業を煮やしてか
「福井くん、ランチ作るけど食べる?」(こう言ったら普通は遠慮して帰る)
「えっ?エエんですか?ゴチになっても?」(と遠慮なくほざくワタシ)
「(チッ!)帰らずに食べるんかい!」と心の中で思っていたはずのいぬさん。
そんな訳で遠慮のない僕はいぬさんお手製のランチまで図々しく頂きました。
ランチを頂いて帰るのかとおもいきや、珈琲のおかわりは要求するわ、デザートの梨までごちそうになるわでなんと14時までお邪魔してしまう厚かましさ。

ランチが終わってデザートを食べてる時にいぬさんから「福井くん、パソコン詳しそうだからもしパソコンを買ったら教えてくれる?」と聞かれたので「Macなら教えるけどWindowsは嫌いだからヤだよ!」と無愛想な返事。
なんちゅうやつやねん!福井は?とお怒りごもっともです。m(_ _)m

いぬさんとは春日中学の時に1・2年と同じクラスでして、クラスの人達とはほとんど喋らなかったアカンタレな僕なのに、話かけてくれた女の子がいぬさんでした。
先日の8月2日、都紀ちゃんたちと集まった時にはあんまりお話出来なくて残念に思っていましたので、今日はたくさん話が出来ました。

眞澄さんが教えてくれた『死ぬときに後悔すること25』 を読んで、
会いたくなった友人とは連絡をとって自分から会いにゆくことだと納得。
実は4時間話しをしてもまだまだ話が尽きませんでした。
嗚呼楽しかった!
と思っているのは僕だけで、いぬさんにはきっと嫌われたな、間違いなく。


3連休の初日は眞澄さんとランチでデート

7月13日土曜日の10時50分にメールが・・・。

急に思い立って奈良に来たんだけど今から襲撃してもいい?と眞澄さんからのメールです。
もちろん大歓迎。話したいことはいっぱいあります。

眞澄さんがやって来て30分後に城森にはメールで「眞澄さんが来てるで〜!」
中村哲ちゃんには電話で「眞澄さんが来てるで!」と連絡したら「なんや、来るのが判っていたら打ち合わせを断って待っていたのに。」だって。

11時にやってきた眞澄さんと悪魔の館で2時間あまりたっぷりと話が出来ました。

13時過ぎから楽しいランチタイムです。
東寺林町にあってヘルシー素材にこだわった低アレルギーのお菓子などを製造・ 販売しているプティ・マルシェで「眞澄さんとランチでデート」しようと思いましたが・・・・

その後、うちの家の前にやって来た城森。

「眞澄ちゃんがまだいるんやったら連絡してくれよ。」と怒られちゃいました。

アタマから湯気が上がっている城森と連れ立って田中町バス停前の城森の家へ。

10分ほど話しをしたあとは眞澄さんと「せいびっ子まつり」に行ってきました。
夕方の4時に済美小学校の正門前で末吉くんと待ち合わせ。

僕一人で来ると思っている末吉くんを驚かそうと眞澄さんと相談して、済美小学校が近づいたら僕だけが末吉くんのところに近づいていって、後ろからそっと歩み寄った眞澄さんが末吉くんを驚かそうという企てでした。
済美小学校に近づくと、歩道の前で待ってくれている末吉くんの姿が目に入る距離になったときに、眞澄さんと距離を離して歩いて行きました。
正門近くで待ってくれていた末吉くんと僕が並んで学校に歩いている後ろから眞澄さんが末吉くんを驚かせて・・・。
眞澄さんが来たことを全く知らなかった末吉くんの驚いた顔。
そして僕がもっと驚いたのは末吉くんが言った言葉でした。
「向こうから福井くんが歩いてくるのは判ったんだけど、横に素敵な女性が一緒にいて、俺の方に近づいてくるときに彼女との距離を取ったので、あれってもしかして(と小指を立てる仕草)見てはいけないものをオレ、見ちゃったのかなあ。と思ったよ。」とポツリ。

そりゃだれが見ても眞澄さんは素敵ですものね。

間違えられたとは言え、想像の逞しさに驚くやら嬉しいやら。
会場で忙しく働いている池口くんも眞澄さんの姿を見るなりビックリするやら大喜びするやらで楽しいお祭でした。
17時過ぎに大雨に見舞われたりしましたが、日中の暑さも和らいで過ごしやすい「せいびっ子まつり」になりました。

 


富良野メロン

DSC_1439ピンポーン!と呼び鈴が鳴った。
一昨日注文しておいたニコンのリチウムイオンバッテリーがニコンダイレクトから届いたのだろうと受け取りに玄関に行くと届いたのはバッテリーではなくメロン・・・富良野メロン・・・だった。

ん?誰が送ってくれたんだろ?と送り主の名前を見たら先日開催された同窓会に出席していた同窓生からだった。

ん?なんで?とはてなが???(3つ)
メールしてお礼を伝えて「なんで?」と書いたところiPhone先生にお礼だと返事が帰ってきた。

嬉しいというか照れくさいというか・・・。僕はiPhoneやAppleのMacを使っている人が好き。その方が初めてAppleの製品を使って悩まぬよう迷わぬよう、そして使ってよかったと思えるようにアドバイスをするのが役目。
昔はこういうのをエバンジェリストと言ったものだ。

だからiPhoneを買ってそして使って良かったと言ってもらえるのが役目です。


プチ同窓会 or プチOFF会

5月4日に春日中学校の同窓会があってから旧交を温めていた友人たちと1:1や1:2で会うことは何度かありましたが、7人も集まったのは今回が初めて。
兵庫・大阪・奈良市に住む方がうちに集まってくれました。

晴れだと思っていた日曜日でしたが、生憎の小雨。誰?雨女?
JR奈良駅で待ち合わせして奈良市内を散策しながら12時前に到着したレディ3名とダンディ1人が到着。
続いてすぐにダンディ2人が合流してワイガヤが始まりました。

1時間ほどするとダンディのひとりが「腹減ったから早よお好み焼き食べに行こ。」
予約しておいたパルコまでゾ〜ロゾロ。
7名様予約席に座ってお好み焼きを注文。
もちろんみんな「ネギ牡蠣玉」です。強引にも僕のお勧め。
1時間ほど食べて喋ってお腹いっぱいになってもう一度悪魔の館に戻って来ました。

7人とも45年の空白を埋めるにはまだまだ話し足りない様子で次回も開催したいという話で持ちきりでした。


奈良が生んだ天使の歌声!吉田ともえさんの放送

奈良テレビで吉田ともえさんの生放送が終わりました。
う〜ん、ステキだ。彼女を知っているからTVを観ていると思わず前のめりになって見てしまっている。

6月23日(日曜日)の16時30分から「UtatuBU」吉田ともえさんのライブです。

この日ってもしや同級生が来る日?
でも16時になったらライブにGo!

P6175116 P6175118 P6175119 P6175122 P6175125


美味しい和菓子

IMG_4476先月、5月4日に春日中学同窓会でご一緒したご婦人のひとりが美味しい和菓子を送って下さいました。

会場で撮影した写真をスライドショーにしてDVDにして写っている方に送っただけなのにえらい気遣いをいただき恐縮しています。
そう言いながらも実はワタシは和菓子が大好物。
すぐに開封して食べてました。「ううっ!美味しい!」
西嶋さん、ありがとうございました。
同窓会でお会いしたご婦人方(同級生ですよ!)はみんな落ち着いていて強烈な落差を感じていました。そりゃねぇ、13歳から15歳ぐらいの時しか知らないのが一気に59歳ですからね。オトナになるわけです。
それに比べて僕はあの頃も今もほとんど同じ趣味興味で生きているものですから話してもすごいギャップを感じていました。
娘から嫁さんになって母親になるんですから変わらないほうが不思議です。


今でも口癖は「抜群やな!」

P6095084このバイク見て「オオッ!」と判る人は僕と近い年齢か。
クランクケースが茶色っぽいのが判る?マグネシウム製です。
スティーブ・マックィーンがこのバイクに乗ってCMに出てました。
1977年までこのバイクを持っていたのは大阪芸術大学の頃の友人で、大阪は松屋町のバイク屋街で買ったものでした。
芸大の友人が大学を卒業後にそのバイクはしばらく乗られることが無くなっていたのを知って高校時代の友人に知らせたところ、ぜひ欲しいと言っていたので譲ってもらえるように連絡をとり、その後は現在のオーナーのもとにやって来ました。
P6095073 P6095079
彼のカレージにはCBやW1やウルフやジュノーやあれこれ書き切れないほどのバイクやオプションのパーツの山があちこちに転がって(未完成の状態で)ます。

クルマも僕と同じくオープンスポーツカーが好き。
オールディーズなイギリス車は最高に魅力的だと感じるところもよく似ています。
彼は僕が一条高校に居た頃の同級生で今も親しい友人のひとり。

P6095087彼の仕事は昨年まで高校教師でした。
奈良工業高校生や王寺工業高校生なら必ず(たぶん)知っている(はず)男で、「就職率100% 工業高校の秘密」の著者です。

久しぶりに彼のバイクやクルマを眺めに行って来ました。
彼との付き合いは今年で44年になります。彼の口ぐせは今も「抜群やなあ!」です。
大人(僕と同じ歳でヤング・オールド)になっても子供の頃のように目がキラキラしてアイディアを話している姿は16歳の頃と全く変わりません。
そのように自分のアイディアを話す人は多いけど、それを実行に移す人はなかなかいませんが、彼は何でも実行に移します。
今は航空局に掛けあってナンチャラカンチャラ・・・・ついに空を飛ぶ気かな?
それが彼の魅力です。


中学1年生の時に一緒だった

P5285022
彼とは中学1年生の時に同じクラスでした。
中野くんはその頃から厳つい身体をしていて、今ほど背が高くなくて細かった僕とは大違い。高校は一条高校に進んだところも一緒。
※「高校は一緒とちゃうかったで。」と連絡がありました。僕はてっきり一条高校でも一緒だと思い込んでいました。
訂正しておきます。

この日は先日の同窓会の様子をスライドショーにした動画をDVDに燒いたものを受け取りに来てくれたのでした。
春日中学同窓会のDVDはこれ。
この日は同窓会が終わってから初めてふたりで楽しい会話が出来た日でした。僕なんかと違っていろんな経験を積んだ奥深い男でした。渋いぞ中野くん。


還暦前の同窓会は媚薬:その4(完結)

5月4日の同窓会に来られた方は80人。13時から15時の2時間。
たった120分ですべての方たちと話しをするなんて選挙演説じゃあるまいし不可能です。でも気持ちは懐かしさで全員と話したいと思ったは真実。

学生時代のオレはワガママでちょっと意見が違う人と話しをすることは避けていました。論客では無かったしイエスマンにもなれない。

いつから変わったんだろ?
辞めて十数年経った今でも前に勤めていた会社の先輩でもあり仕事のパートナーだった速水女史は「福井の語りの中で、そこここに入る判りやすい“例え”は聞いていて飽きないし楽しい。」と言ってくれる。仕事中のオレの説明に笑顔で聞き入ってくれていたのを今も覚えています。

本当はオレは話しをすることが好きだったんだと思ったのは40歳を越えてからお客様にプレゼンをしたあとに満足の笑顔が見られるのを楽しんだことかもしれません。
人見知りだったけど、道行く人に「こんにちは」と相手の顔を見ながら声を掛けたら大抵の人は同じように笑顔で「こんにちは」と返してくれるが日本人。いや心優しい人なんだ。

突っ張って生きてゆく時代はもう去りました。これからは幼なじみも学生時代の友人とも笑顔で会話をしながら生きてゆきたい。

IMG_4351