エアガンの初速を測る弾速計

2000年に買った弾速計

前から持っていた弾速計は15年以上前の2000年5月12日、日本橋のスケープランドで買ったCombro cb-625クロノスコープというもの。購入価格は10,290円。

これは実銃(空気銃)の弾の速度を計測する道具だったらしく、それなりに高価だった。しかし使いにくいのなんの。 続きを読む


チューンドミニ


親しい友人で小柳時計店のオーナーである小柳さんのミニ。

クルマを描く練習をしているが気に入ったクルマしか描く気がしない。

アーティストのカングー、海苔屋さんのシトロエンバス(モディファイ)、そして小柳さんのチューンドミニ。

省略して描きたかったが、精密描写(というほどでもないが)になってしまった。

画材はiPadにインストールしているAdobe Draw(Adobe Illustrator Draw)


海苔屋の若と三軸ジンバル

甘樫丘の南にあるセブンイレブンで“特製!炭火焼肉カルビ弁当”(¥498)を食べたあと、午後2時過ぎに植田商店は海苔屋の若のところに三軸ジンバルを持って(見せびらかしに)行った。

先週の月曜日に伺ったときには僕のせいで遅れたためにしっかりと見せることが出来なかったので、今日はそのリベンジである。

到着したらどう言うわけか若はお店の外に駐車してあるクルマの中で待っていた。 続きを読む


エンジンクリーナーの使い方

買ってきたばかりのエンジンクリーナーでテストしてみた。

ホースの先をバケツに入れた水の中に入れて噴射するとちょっとタイムラグはあったが霧状になった水を吹き出してくれた。

だが、時々バケツからホースが外れていることに気づかずに使っていて、水が出ないことがあったので、ペットボトルにホースを差し込んで使うことにした。

そんなに大量に液は吸い上げなかったのでコレで良いかも。

ただ、ペットボトルのフタとホースがタイトなため、噴射していると負圧でペットボトルが凹んでしまうのがわかったので、ペットボトルのフタに小さな穴を穿っておいた。

結束バンドでホースを縛っているのは、差し込んだだけでは弱くて抜けてしまったことがあるためだ。


霧噴射と4段式

なんのこっちゃ?

霧噴射はエンジンクリーナーガンで4段式は3/8→1/4変換・1/4→3/8変換・3/8→1/2変換・1/2→3/8変換のアダプタのこと。

エンジンクリーナーが欲しくて買ってきた。たまたまバーゲンしていて1,339円

それと1/2→3/8変換が248円

他の変換ソケットは前から持っていた物。

もうひとつ、3/8DR ウォーブルエクステンション250mmで561円。

これは首振りタイプのエクステンションで、奥まで差し込むと固定できるエクステンション。

エンジンクリーナーガンは排水口の蓋とかを掃除するのに使ってみた。

高圧洗浄機ほどの強さはないが、それでも細かい所のヨゴレは落ちる。

更に他にも使いみちが・・・・・

これはまた次回に。


面白そうな工具とアダプター

工具のカタログを見るのが昔から好きで、つい最近もコンビネーションラチェットレンチを買った。

まだそれを使ってもいないのに、こんなものを見つけた。

昔からあるのかも知れないが私は知らなかった。

それがコレ。

TONE製のラチェットメガネ用アダプター差込角9.5mm 3/8.in用(RA3 )

他にも12.7mm 1/2in.用と6.35mm 1/4in.用がある。

その際のラチェットメガネレンチはそれぞれ19mmと10mmサイズのメガネ部分に差し込む。

これと組み合わせるのがTONE製の切替式ラチェットめがねレンチ13番。

このコンビネーションラチェットレンチはラチェット部分に13°の角度が付いており、リバースして使うようにはなっていない。

その代わりにラチェットの回転方向を切り替えることが出来るようになっている。

これにラチェットメガネ用アダプターを差し込んでラチェットレンチとして使うことが出来る。

ラチェットレンチは何本もあるけど、こうすると厚みがかなり薄くなるのがイイ。

とか言っているけど、いつ使うんだろう?

工具が好きな男の戯言だと思って見てくれ。

TONE ラチェットめがね用アダプター 差込角9.5mm 差込角9.5mm RA3
販売: Amazon Japan G.K.
¥ 422

TONE 切替式ラチェットめがねレンチ 二面幅13mm HPRMR-13
販売: Amazon Japan G.K.
¥ 1,364


久々にボヤキ(賢い馬鹿野郎が未だに存在する日本の技術者)

日本製の家電(に限らず)のほとんどに取説が付いてくる。
その最後の方には必ずと言っていいほど“こんなときは?”とトラブルの説明が書いてある。
それもエラーコード一覧として。

ねえ、これを書いている技術屋さんよ。あんたどんだけアホなん?
E-03とかエラーコードを表示させるぐらいなら日本語で“フィルターを掃除してください”とか“フィルターノヨゴレ”とか分かりやすい言葉で液晶画面に表示するように出来ん?

購入者に分からないようにエラーコードで書いてるのならしゃ〜ないけど。(もっと質悪いわ)

とにかく、日本製の白物家電(に限らず)技術屋がマニュアルを書くとどうしてあんな持って回ったような分かりにくい表現しかでけへんのやろ?
取説なんぞ、薄けりゃ薄いほどイイ。無ければもっと良い。

知り合いに技術屋が居る。
彼の喋り方は理に適っているようで回り諄くて鬱陶しい話し方に終止する。
まあ知り合いだから(友人ではない)キツくは言わないが、チクッとする言い方で注意するが、それが効かないのも彼の特技である。
いわゆる世間で言うところの“鈍い奴”だ。
そんな奴らが書いた取説と今も格闘している。

ああ、アホらしい。