iPhone5のカメラの保護ガラスにゴミが

9月21日にやってきたiPhone5。すべてが速くなって快適そのもの。今までのiPhone4と比べていると速さの違いがはっきりと体感できます。
iPhone4iPhone5
iPhone4のカメラはかなりキレイな写りをしていたので内蔵カメラとしてはとても優秀でどんなシーンでも問題なく使えていましたし、動画も滑らかでいうことがありませんで。

※上の写真
左がiPhone4で右がiPhone5です。
丸で囲ったところに注目。iPhone4ではエアコンの室外機に偽色が発生していますが、iPhone5では偽色は出ていません。
iPhone4のレンズの焦点距離は3.9mmでiPhone5の焦点距離は4.1mmですが、画角はiPhone5のほうが少しだけ広く写っているので、CMOSのサイズが少しだけ大きくなったのではないかと推測しています。

iPhone5で新しくなったカメラはiPhone4と比べて更に良くなったかどうかはやはり気になるのでテストしてみました。
写りは確実に良くなっており、低照度に強くなり更に解像度も上がったので2年間の変化は確実に体感できます。すべてがオートで動作するので気付き難いですが、Exifを見ると感度がISO50からISO3200まで変化しているのが判りました。
iPhone4から採用されている受光素子が裏面照射型なのも高精細な画像を得ているひとつの要素だと思われます。
※裏面照射型とは?

iphone-camera

但し、私が入手したiPhone5にはただひとつ問題がありました。
カメラの保護ガラスがサファイアガラスになっていて、そこを拡大してみると保護ガラスの内側に小さいけどゴミが混入していたのです。

これは製造時に混入したと思われ、検査に引っかからずに市場に出たのだと思われます。

これが原因だと思われますが、ゴミのある当たりの画像のピントが甘くなる傾向があります。上記の写真ではエアコン室外機の左上辺りです。
これはかなり問題です。
IMG_4093aIMG_4094a

カメラを天地逆にして撮影してゴミの影響を確かめました。
左側の写真は左がピントが甘くて右の写真は右側のピントが甘くなっているのが判ります。 “iPhone5のカメラの保護ガラスにゴミが” の続きを読む


iPhone5のLightning – USBケーブル

iPhone5のケーブルは今までの30Pinのケーブルから新たに8PinのLightningというデジタルケーブルに変更になりました。

初代iPod Touchの時から30Pinのケーブルが付いていてiPhone3G・初代iPad・iPgone4とこの30Pinケーブルは家の中に4本あったので、ACアダプターに繋いで使ったりMacのUSBポートに繋いだままのものがあったりと不自由なく使えていました。

2012年9月21日に発売されたiPhone5はポートの形状が変更されて8Pinのデジタルケーブルになったので今までのケーブルでは充電することが出来なくなりました。

もちろん、1本はパッケージングされていたのでそれを使えば良いのですが、クルマの中で充電したくなった時などスペアのケーブルが欲しくなります。Lightning – USBケーブルという名前で発売されているようで早速Apple Storeに見に行ったところ納期は2〜3週間となっていてすぐに入手できない状態でした。

本日、もう一度Apple Storeを見にゆくと納期は1〜2週間と多少短くなっていましたが、それでも今注文すると10月の初旬か中旬の入荷になりそうです。

3f325fa26520856bf8718b27c9fe028dどこかに売っていないかWebで探しているとAmazonに売っていると書き込みがあったので見にゆくと「在庫なし」との表示。やはり誰でもスペアは必要と見えて、あればすぐに売り切れるみたいです。根気よく他を探していると前に一度だけ使ったことがあるヨドバシ・ドット・コムでLightning – USBケーブルを見つけました。ここではひと月ほど前にガラケー用の卓上ホルダーを注文したことがありましたので、ユーザー登録をしたものと思ってユーザーIDとパスワードを入れたものの弾かれました。
たったひと月ほど前の記憶も怪しいものです、私。
どうにか記憶を辿ってゆくとユーザー登録をしないで購入していたようです。メールにも「会員登録をありがとうございましたメール」が来ていなかったので分かった次第。

ところでヨドバシ・ドット・コムってすべての商品の送料が無料なんですね。それに納期が早い。
今探しているLightning – USBケーブルはApple Storeにさえ在庫がないのに在庫有となっていて「今から3時間25分以内に注文いただくと翌日の9月28日に商品をお届けいたします。」だと!!これは登録して購入しない手はありません。

早速、登録を済ませて探していたLightning – USBケーブル [MD818ZM/A ]を注文しておきました。

これからヨドバシ・ドット・コムから購入することが増えそうです。
<1800時に商品出荷のお知らせメールが来ました。配送はゆうパックです。>
P9283348

日本製のスマートフォンはスマートじゃないスマートフォン。


nanoSIMアダプタ – iPhone4はまだ現役

41m1edoRGvLSIMアダプターを注文しました。

新しいiPhone5はnanoSIMというちっちゃいヤツ。今までのiPhone4とか4SはMicroSIMとこれまた今までのSIMよりも小さかったが、それよりさらに小さくなったのが今回発売されたiPhone5用のnanoSIM。

小さくなるのは良いけど今までのガラパゴス携帯と違ってiPhoneは使い続けたい。もちろん新しいiPhone5も良いけど標準のMAPが最悪だから。

特に3Gから4に変わったときはバックアップぐらいにしか考えていなかったので、SIMアダプターを自分で作ったけど結局ほとんどiPhone3GにMicroSIMを差して使うことはありませんでした。iPhone4の出来は3Gに比べてずっと良かったんですねえ。

ところがどっこいしょ。今回のiPhone5はワルイことはほとんどない(あるわけ無いはず)だったのにMAPが最悪、最強の出来の悪さったらありゃしない。

41ApnduqBQL今まで2年間使っていたiPhone4もこれはまだ使えるぞ、iOS6にアップデートはしたらダメだぞということでSIMアダプタを探していたらAmazonで発見しました。

nanoSIMをMinroSIM及び通常SIMに変換するアダプタです。ようするにnanoSIMの外枠ですね。見つけるなりポチりました。ただ今予約中とのことで9月24日が発売日とのこと。ありがとうございましたメールが来たので読んでみると26日から30日に到着予定とか。きっとメール便で届くんだろうね。

価格は640円でした。

※2012年9月27日(金曜日)にクロネコメール便で到着しました。

開封してnanoSIMをMicroSIMに変換するアダプタをiPhone4のSIMトレイにはめ込んでみると・・・・ちょっとだけ大きくて入りません。ほんの微妙な違いだけですが入らないのでトレイに当たっている部分をダイヤモンドヤスリで削ってピッタリと収まるようにしました。そしてiPhone5から抜き出したSIMを入れて電源を入れると圏外の表示からアンテナの表示に替わりました。
精度はぴったりのほうがいいのに決まっていますが、スッカスカのサイズよりもほんの少し削ってぴったりにするほうが私は好きです。


発売当日に初めて買ったiPhone

先週の金曜日の夕方16時に予約したAppleのiPhone5。一週間が過ぎた本日の金曜日の午前8時に一斉に販売が始まったそうな。私が購入した大和郡山SoftBank店では当日の販売は一切無くて予約のものだけ。それにも関わらず朝の6時になったら目が醒めたのは欲しい物があると早起きができる子供のような性格をこの歳になっても持ち続けているせいかもしれない。

ワンコたちをサッサと散歩に連れていて朝食を済ませ、7時過ぎにはインサイトに乗って大和郡山市今国府(いまごう)交差点の角にあるSoftBank店に出かけていった。

IMG_4011

7時40分にはお店に到着して20分したら開くであろうお店の横で待つことにした。いつもお世話になっている女性が8時前に笑顔でやってきた。2年前に知り合って、今はSoftBank店の店長になってらっしゃる素敵な女性だ。

入り口のガラス越しに見える受け取りの順番を書く紙と横においてある番号の1番が見える。あれは俺のね。

IMG_4012

と考えるまもなく店の自動ドアが開いて店長が笑顔で迎え入れてくれた。早速、持っていった免許証と引換の書類を渡して手続きを勧める。

今回の契約には「あんしん保証パック」を付けることにした。AppleCare+とどちらにするか迷ったが今回はSofBanの「あんしん保証パック」にした。
本体以外に購入したのはiPhone5用のケースと保護シールを購入。

3f8e6a760a2e7d2490edc63f53a971da

保護シールはもちろん光沢を選択。ケースはeggShellの透明が欲しかったのだが置いてなかったのでSoftBank店で扱っている「SoftBank SELECTION フリップケース for iPhone 5」というレザーケースにした。

9時30分に家に戻るなり和菓子屋の若旦那から電話が入った。

6a681ea3f82fabf04e96a70f8e14ede0

「iPhone5を受け取ってきたのでそちらに行ってもいい?」
「はいな、お待ちしてますだよ。」
夕方までみっちりと説明して楽しいiPhoneの世界を見せてあげよう!


Photosynthで撮影したパノラマはステキだ

IMG_3815数あるパノラマを撮るソフトウェアの中でもiPhone用のPhotosynthというソフトウェアはなかなか秀逸な出来だと思います。

無料だったのもあってインストールしたのはかなり以前でした。使ってみるとこれがまたなんと素晴らしいソフト。

ソフトをタップして起動すると画面に「tap to start」という文字が現れるので、それをタップすると撮影開始されます。シャッターはiPhoneが(と言うよりもソフトが)勝手にシャッターを切ってくれて、自動的に画面を繋いでいってくれるんです。

自分の足元も頭の上もコントラストと模様さえあればすぐに自動的にシャッターが切れます。空が青空だったりした時だけはさすがに迷うようですが。

撮影を終えたければ「finish」ボタンを押すだけですぐに画像の合成が始まり、終わるとソフトに内蔵されているビューアーでリアルなパノラマ画像を見ることが出来るスグレモノ。

カメラロールに書き出すと平面になってしまうので、あのリアルさは無くなりますが、なかなかの精度でパノラマ画面を作ってくれるのが判ると思います。
IMG_3809