処方箋を持って薬局へ

ハローキティ喉飴
月に一度だけ行っている整形外科まで診察に行ってきた。

2014年末に圧迫骨折で入院した折に担当してくださった先生の病院である。

葛城市八川にある“こうクリニック”。

リハビリを受けるのがなんとも楽しみで、今日はウォーターベッドだけでなく温熱治療に電気治療。

みんなゾクゾクするほど気持ち良くて眠くなる。

処方箋をもらって隣りにあるスマイル薬局へ。

しばらくして名前を呼ばれてカウンターの前に座ったとき目についたのがコレ。

ハローキティの喉飴。

これが欲しくなったので「これ、ふたつもらえますか。」というと「大人用なら向こうの棚に置いてますよ。」と言われ

「これが欲しいんです。可愛いし・・・」と答えたら

「お孫さんにですか?」

「・・・孫はいません。自分用です・・・」

「・・・・・(^^;;」

ふたつ買ったのには訳がある。

この近くにはワタシが20年近く前に勤めていた会社があって、そこに居る仲良しの“姐さん”にひとつ持っていくんだ。