CT110のリヤショックアブソーバー交換


1982年生れのCT110に付いているリヤショックアブソーバー。

購入時から一度も交換していない。

ということは34年間そのまま。

6,000kmちょいしか走っていないとは言え、たぶんスカスカだろうと思っていた。

減ったり壊れたりすると換えるのだが、リヤショックアブソーバーは錆びているぐらいで当時のままだから知らん振りしていたが、ついに交換した。

ヤフオク!で以前サイドカバーを買った業者さんがTAKEGAWAの330mmサイズのリヤショックアブソーバーの上のブッシュをCT110用に交換して専用のスペーサーも付けてくれているのが有ったので落札した。

価格は送料770円を加えて12,730円

23日に落札して本日の25日に佐川急便さんが持ってきてくれた。

IMG_9781
全くの新品である。

取付けはすこぶる簡単。

マフラーがある右側だけはリヤショックアブソーバーに共締めしてある14mmナットとバッテリーケース上にある10mmナットを外したあと、エンジンのエキゾースト側に付いている10mmナットを2つ緩める(外さない)だけで、作業を進めた。

昨年にモトパワーさんでセンタースタンドを取付けてもらっているので、こういった作業はとても楽に進めることが出来る。

IMG_9782

※スプリングの線径(太さ)は純正が6.14mmTAKEGAWAが6.01mm、そして巻径も純正よりも10mm近く大きいのでバネレートはTAKEGAWAのほうが少し柔らかいはず。

最初にオリジナルを外し、次に付属のワッシャーをトップの奥に入れてからショックを差し込む。

下側は元のワッシャーの次にロア側を差し込み、カラー・ワッシャーの順に入れて元の14mmキャップナットで固定する。

サスペンションの上もワッシャーを入れて17mmのキャップナットでロック。

トルクは24.5〜34.3N・m

夕方、取り替えて初めて走ってみた。

う〜ん、良くなったなあ。と言いたいが、フラットな路面ではよく判らん。