CT110にAG仕様のフロントキャリアを

CT110は1981年から1983年に発売された国内仕様よりもカナダ、パプアニューギニア、南アフリカ、ブラジル、アメリカ合衆国、オーストラリア、ニュージーランド(出典:Wiki)で販売されたもののほうが多い気がする。

いや、絶対に多いはずだ。

1981から1983年と言えばバイクブームが頂点だった時期で、YAMAHAのRZやホンダのVTなどがめちゃくちゃ売れた時期でもある。

そんなハイパワーでカッ飛びバイクが人気だった頃に“亀のようにトロい”バイクのCT110国内販売されても人気が出るわけがない。

ってか、一般のバイク好きには見向きもされないバイクだった。

でもオイラはこんなバイクが好きなかなりの偏屈(変態)バイク乗りだった。

あれから33年が経ってもキレイな状態でうちに存在するのがオイラのCT110である。

国内仕様のCT110は副変速機(サブミッション)も付いていない素うどんのようなバイクだったので、アクセサリーもほとんどなく、センタースタンドやフロントキャリアさえも設定されていなかった。

今になってそれが欲しくなり、昨年はセンタースタンドを取り付けた。

もちろん新品のパーツが未だに存在していてホンダ技研工業の鈴鹿からパーツが出る。

今回はAG(オーストラリア)仕様のフロントキャリアをモトパワーさんにお願いして取ってもらった。

普通のバイク屋さんに「パーツだけ取って欲しい。」と言うときっとええ顔されないと思うが、モトパワーさんは違う。

(オイラだけかも知れないが)いつも速攻で注文したものを入れて下さるのはとても有り難い。

今回はフロントキャリア式を注文した。

部番:81100-459-880 キャリアフロント 3,580円
81101-459-880 クランプバー,フロントキャリア 740円
95701-0602500 ボルト,フランジ 6X25 40円×2
81102-086-901 スプリング,クランパー 420円(翌日入荷)

合計:4,820円+消費税=総合計5,200円(端数処理済み)

こうやって部品だけでも取っていただけるなんて有難いことです。

ん? なんか足らないぞ。スプリング忘れているわ。

店長〜〜!
(すぐに電話して注文漏れのスプリングをお願いしたことは言うまでもない)

そして翌日・・・・

昼過ぎにモトパワーの店長から電話が入った。

「福井さん、注文漏れのバネ、入荷しました。」

速攻で受け取りに行ったのは云うまでもない。

取付けもモトパワーの店頭で1分も掛からずに取り付け完了。

バッチリである。IMG_9589