電気小路夢麻呂

  真夜中に家の前が騒がしい。

何してるんやろ?と窓から見たら“電気小路夢麻呂”やった。

動力を得るために低い音だがディーゼルエンジンの唸り音がかなり耳障りである。

夏の夜に出没して“ファファファファーン?”と走り回る蛾の様な奴らの音よりはだいぶマシなので我慢するわ。