SEIKOワンプッシュストップウォッチ

IMG_7223アナログのストップウォッチの話しをしながらヤフオクを検索していたらいくつか気になるSEIKOのアナログストップウォッチをお気に入りに入れておいた中でワンプッシュタイプのものを落札した。

ワンプッシュタイプとは12時位置に付いている竜頭を押す度にスタート・ストップ・リセットを繰り返すものをいう。
ワンプッシュ以外のストップウォッチは竜頭を押してスタート・ストップだけでリセットは11時位置(一般的なモデル)にあるボタンを押すことでリセットされるものがある。

どちらが良いとか便利だとかではない。用途の違いである。

ストップウォッチには上記のものとは別に、秒針がふたつあるモデルも存在する。

例えばサーキットを走るクルマのタイムを測る場合、周回しているクルマの1周毎のタイムを測る場合、リセットされてしまうと困るわけで、目の前を通過した時にストップを押したらひとつの針は停止するが、もう一方の針は動いたままになっていて、停止した針を再び動かすと動いた針に追いつくような動きをするのがこのタイプのストップウォッチである。

IMG_722610年ほど前に新品で購入したHanhartのストップウォッチがこのタイプだ。

クオーツならこんな動作はお手の物で、前回に掲載したSEIKOのアナログクォーツなら針が一本でもこういった計測が可能だ。

しかし魅力を感じるのは竜頭でゼンマイを巻き上げるアナログなストップウォッチだと思う。

※ヤフオク!で2,500円で落札したSEIKOストップウォッチ88-5051。
出品者はy_koji2002さん