Irwin Allen

imageimageimageimageimageimage
年末は掃除もせずに寝たままYouTube三昧の日々。

腰椎の圧迫骨折で年末までは寝たままで居なさい!とのきつい御達しを市立奈良病院の担当医から頂いて居たので寝て居た。

仰向けに寝ているので見るのはTVではなく手に持ったIpad miniでYouTube三昧。

見ていたのはアーウィン・アレンの名作「原子力潜水艦シービュー号」「タイムトンネル」である。

「原子力潜水艦シービュー号」は小説でも読んでいてネルソン提督がシービュー号を作った経緯からクレイン艦長とモートン副長の関係など未だに記憶に残っている。

今日観たのは「タイムトンネル」である。

imageimage imageimageimageimageimageimage

アメリカの砂漠の地中深くに建設されたタイムトンネル。
(アリゾナ砂漠と書いている方がいるが、英語のナレーションではSomewhere American Deserts.と言っている。)
若き科学者のトニー・ニューマン博士とダグ・フィリップス博士。
それと紅一点?のアン・マグレガー博士。
所長のヘイウッド・カーク。

見ていたのはタイムトンネルのinside story。
ウラ話である。

巨大なトンネルのセットと地中深くをシャフトで繋いだ構造の映像は今見てもドキドキもんである。

それに何より主役たちが当時の想い出を語っているシーンや、トニーと一緒に写っている綺麗な女性はあの「可愛い魔女ジニー」役のバーバラ・イーデンじゃないの?なども写っている。

字幕が無く全てが英語なので一部しか理解出来ないのが淋しいが、当時の記憶を呼び覚ましてくれるには充分な映像であった。

imageimage