朝食は習慣で

IMG_6622.JPG
病院の朝食は何も言わずにいるとたいてい和食である。
今朝は湯葉巻きチキンにほうれん草の御浸しとサツマイモの味噌汁。
そして白ご飯だった。

小さな頃からワタシはパン食だったので起き掛けにご飯と味噌汁を食べるのは難しい。
味噌汁も漬け物も自分の意思では食べない(欲しいと思ったことが無い)のも理由のひとつだが、パン食だったのには少し訳がある。
母が勤めで朝ご飯を炊いている時間が無かったらしい。(本人談)
それで子供の私らや父親や母はパン食だったと聞いたが、実のところ半分は母がパン食が好きだったのだと思っている。

そんな生活が物心がついた頃から続いていたので、習慣で食べる朝食はクロワッサンとスクランブルベーコンエッグに熱いホットコーヒーがあれば良い。

時に人と朝食の話題になった時、「パン食なんて食った気がしない。」と相手が言い出すとパン食の人間に喧嘩を売ったことになる。

「ずっとご飯を食べてきたのでご飯の朝食は私には有難いな。」と答えれば趣味性や好みの問題なので角は立たない。

食生活は気遣いの心に尽きる。