Lightningコネクタの端子が錆びると

AppleのiPhoneやiPad用のLightningケーブルの端子をよく見ると左から4番目(右から5番目)の接点が汚れたように黒くなっていることがある。

今朝のこと、家内が「私のiPhone、充電していたらものすごく熱くなって、音がポンポン!と鳴っているからケーブルを引き抜いたのであんまり充電できていない。」と私に話した。
※ポンポンと鳴るのは通電したりしなかったりを繰り返している音。

これ、接触不良だね。家内のiPhone用ケーブルを見ると…

Lightningコネクタの両面共に左から4番目(右から5番目)の金メッキされた端子の一部が黒くなっていた。

細かい耐水ペーパー(#800)でチョイチョイと磨いてから接点復活剤を綿棒で塗りつけておいた。

この接点はどうやらPWR端子らしく、給電するための電気が流れるところだという。汚れや油脂が付いていると接触不良になって熱を持って焼けてしまうらしい。

早めに気づいたから良かったものの、気づかずに使っていたら加熱して爆発するかもね。