鶴ちゃん

1995年、私が40歳の頃にMacWorld EXPOのコレクションのブースで鶴ちゃんと初めて出会った。
彼女はこのブースでAppleのグッズの販売をしていた新人だった。
帰国子女で大学を出たばかりの22歳だった。
その時の明るい笑顔がずっと記憶に残っていた。

2013年11月にFacebookに登録していた鶴ちゃんを見つけて友だちになった。

3年前の2017年1月、23年ぶりに再会を果たした。
結婚して北海道の小樽に住んでいる鶴ちゃんは仕事で大阪に来る時に関空からバスに乗って奈良に立ち寄ってくれてウチの家で楽しく話しをしたあと洋食春で夕食を一緒にした。
乳癌の手術をしたと彼女が話したのはこの時だった。

それ以降、季節の折々に互いの健康を確認するようにメッセージを送っていたが、5月22日に送ったメッセージに返信が来なかった。
その少し前の4月8日にMessengerでお互いに話しをしたのが最後だった。

どうしたんだろう?とずっと気になっていた。

今日の夕方17時過ぎ、メッセンジャーに登録していない方からメッセージが届いた。
メッセージを読んだら宛名に私の名前が書いてあったので内容を読んだ。
彼女が5月1日に癌で亡くなったと書いてあった。
メッセージを送ってくれたのは鶴ちゃんのご主人だった。

全身に鳥肌が立ちカラダの震えが止まらなかった。

鶴ちゃん