1/12のDUCATI 900SS(Vol.3)

5月5日から作り始めたTAMIYA 1/12 Scale DUCATI 900SS。

フレームにエンジンを搭載してから燃料タンク・フロントカウル・テールカウル等を塗装してデカールを貼ってからクリア塗装して仕上げた。

今日はエキパイとマフラーとフロントフォークに取付けたディスクブレーキ関連のホースを取付けてから取付説明書には書いていない箇所を仕上げた。

どこかというとフロントキャリパーにブレーキホースが直接挿すようになっていたが、箱絵の通りに金属のパイプを介して取り付ける方法に変更した。

ピンバイスで穴を穿ってから90度に曲げたゼムクリップをそれらしく作るのだ。これだけでかなりリアルに仕上がる。

エキパイとマフラーを取付けてからクリアブルーとクリアオレンジを使ってエキパイに焼き色を塗ってみた。走行したあとのエキパイの雰囲気である。

残るところはフロントスクリーンとペダル類とテールランプ類である。

もう終りが見えてきた。