HONDA TL125sイーハトーブのLED化

3年前に譲ってもらったHONDA TL125sイーハトーブはすぐに12V化したが、LEDに換えたのはメーター横にあるニュートラルパイロットランプのみ。

電力消費が多いのはウィンカーランプが12V10W(元は6V8W)で、これはバッテリーから供給される電力でリレーを通してメーター横のウィンカーパイロットランプ12V3.4W(元は6V3W)も点滅している。

ヘッドライトは12V 30/30W(元は6V 25/25W)で、オルタネーターからの交流でレギュレーターレクチを経由した交流電流で点灯しておりメーター照明12V3.4W(元は6V3W)も同様。

今回はヘッドライトをLED化してブレーキ/テールランプ球もLEDにし、メーター照明もLED化した。

イーハトーブのブレーキランプはバッテリーからの直流だがヘッドライトをONにすると点灯するテールランプはエンジンが掛かると点灯するため供給はオルターネータからレギュレーターレクチ経由の交流なのが分かる。

テールランプに供給される電流を直流にするためにヘッドライトハウジング内にある茶線(テール・メーター照明)に刺さっているオルタネーターからの交流線(茶線)を探して引き抜き、黒線(キーONで+)から分岐させたオスギボシを抜いた茶線が刺さっていた箇所に差込むだけだ。

※但し、こうするとキーをONにするとメーター照明とテールランプが点灯するようになるが、LEDに交換するので消費電力については問題ない。ヘッドライトのON-OFFは今まで通り。

◯ ブレーキ/テール球 12V 21/5W12V 1.2/0.5W LED

◯ ヘッドライト PH7 12V 30/30W12V 12/12W LED

◯ ニュートラルパイロットランプ 12V 3.4W12V0.5W LED

◯ メーター照明ランプ 12V3.4W12V0.5W LED

※ ウィンカー 12V10W×2 = 20W +1.7wだけがタングステン球のまま。