珍しいにも程がある

最近、投稿が滞ってるのには訳がある。

4月は思いのほか体調が悪くて寝てばかり。

4月中旬あたりから発熱が続いて呼吸が苦しくなり、4月25日にインフルエンザA型に感染した。
その後の治りも遅くて、熱が下がらず呼吸が苦しくて、少し歩くだけで、息が上がりゼイゼイとヒィヒィと気道が変な音を立てる。
5月3日から足に妙な紫斑が広がり、脚を使ってもいないのに、筋肉が痛み出した。

少し歩くだけで息切れして、もう死ぬんじゃないかと思って家内とせがれについて行ってもらって市立奈良病院救急外来を受診。

レントゲン撮影、血液検査、尿検査、CT検査をして即入院。

原因が肺気腫+肺炎だけだと2週間、アレルギー性肉芽腫性血管炎あるいは好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(指定難病45)と言うヤツなら厄介らしく1ヶ月以上だと言われた。

これは酸素吸入を取りつけたベッドに横たわりながら書いている。

難病情報センター引用