1911用CQCホルスター

2ヶ月ほど前にGLOCK用の樹脂製ホルスターを買って使い心地が良かったので、同じところから1911用のホルスターを買ってみた。
Amazonで2,780円

これも最初、銃を入れるには固くてスムーズではない。
銃が軽く入るように調整が必要でヒートガンで外側と内側を熱して少し外側に広げた。(まぁフェイクだから)

その修正が終われば銃はきっちり収まる。

持っているエアガンやモデルガンを入れてみた。

TANIO-KOBAの1911 .45AUTOTAITO(旧MGC)製のSpringfield  M1911.38Superマルシンのコマンダー東京マルイのデトニクスもちゃんとホールドできる。

少し問題があったのは東京マルイ M1911 Series’70 ニッケルフィニッシュを入れたとき、スライドストップのノッチがホルスターに付いている銃を固定・開放するためのレバーの先に微かに干渉するため、抜く際に完全に押しきれないことがあった。

他のエアーガンやモデルガンでは気にならないので、個体差か?

左列の真ん中、TAITO(旧MGC)製のSpringfield  M1911.38Superはスライド幅が少し広いので、抜き差しするのに少し抵抗がある。



関連情報:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です