iPad Air 2のバッテリー交換(見ても参考にならないかも)

 

Amazonで注文したiPad Air 2のリチウムイオンバッテリーが今日の午後に佐川さんが持ってきてくれた。

発送はChina Partsなので、日本では佐川さんが受け取ったものを配送しているようだ。

さあ、これから生まれて初めてiPadを分解するぞ!

到着したパッケージを開封して中身を確認。

プチプチクッションに包まれたリチウムイオンバッテリーと分解に必要らしいドライバーが同梱されていた。

このドライバー類、ルーペで見ると到底使用に耐えないような雑い仕上げ。もちろんコレは使わない。

今まで一度もiPadのバッテリー交換はやったことがないので、参考になりそうなサイトを探して参考にした。

iPadAir2のバッテリーを自分で交換する方法

 iPadAir2の液晶ガラス・パネル交換・分解手順

どちらもBUNKAIというタイトルで各種コンピュータやタブレットの分解修理方法が詳しく書かれている素晴らしいサイトである。

まず、ヒートガンを使って画面周辺を温めて(熱して)接着剤を柔らかくするらしい。

大きめの吸盤を使って画面の右上から持ち上げようとしたが、全く隙間すら出来ないので、再びヒートガンでアチチとなる手前まで熱してから吸盤を持ち上げたら、少しだけ隙間が見えたので、そこにピック状のものを差し込んでおいた。

差し込むのは4mm以下だそうで、それ以上差し込むと結線を切ってしまうらしい。

右上から時計回りに、更に右上から反時計回りにFaceTimeカメラの周りをグルっと回ってホームボタンのところまでピックを入れてゆく。

最後に右下の方にあるケーブルを引き千切らないようにそっと液晶画面とアルミの後ろ側ボディを分離した。

精密ドライバーのプラスを使って液晶画面を止めているブラスネジ3本とバッテリーを止めているプラスネジ1本を取り外した。(かなり細い精密ドライバーが要る)

次にアルミの裏蓋に接着されているリチウムイオンバッテリーを取り外す方法は、アルミの裏側からヒートガンでバッテリーを固定している接着テープを温めて柔らかくしてからヘラでゆっくりと持ち上げて取り外した。

次に新しいバッテリーをコネクターに差し込んで取り付け、液晶画面側のコネクターの2箇所を元通りに指の腹で抑えるようにして取り付け、上からシルバーのプレートを取り付けてネジで固定する。

これで液晶画面を元のように圧着すれば完成。

恐る恐る電源を入れてみた。

画面が表示されないのではないか?カメラが映らないのでは?ホームボタンが反応しなくなっているんじゃかなろうか? そんな心配が脳裏を過る。

画面にアップルマークが出て起動した。

バッテリー容量は7340mAhで充電量が40%と表示された。(Battery LifeというApp)

これでバッテリー交換は大成功!やったね。