エアガンの初速を測る弾速計

2000年に買った弾速計

前から持っていた弾速計は15年以上前の2000年5月12日、日本橋のスケープランドで買ったCombro cb-625クロノスコープというもの。購入価格は10,290円。

これは実銃(空気銃)の弾の速度を計測する道具だったらしく、それなりに高価だった。しかし使いにくいのなんの。

それが今では数千円出せばもっと気軽に計測できてフルオートの回転数も計測できるこんな弾速計も売っている。

サバゲ(サバイバルゲーム)もエアガンのチューニング(加工)もやらないが、測定機器が好きなので買ってみた。

XCORTECH X3200 MK3という名称でYouTubeで検索したらあちこちでテストしている動画を見つけることが出来る。

購入価格は6,300円(Amazon:ギア・サプライ

早速、先日買った東京マルイ GLOCK 18cを計測してみた。

弾は東京マルイ純正でベアリングバイオ0.2gBBというBB弾。

初速は72〜77m/sだった。

同じく東京マルイのデトニクス.45を計測したら62m/sだった。銃身長が短いからちょいと初速が遅いのかもしれない。

東京マルイのFN57(エフエヌファイブセブン)の初速は72m/sだった。

今年のような暑い夏と気温の低い冬でどのくらい初速が変わるのか測ってみよう。

計測機器は楽しいね。