AirMac Express 802.11n(2nd Generation)を設定

既存のAirMac Extreme 802.11n(5th Generation)のWiFiを拡張する目的で購入したAirPort Express(2nd Generation)を午後も遅くなってから設定してみた。

朝、Amazonの配達をヤマトさんから受け取ったのが10時20分。

パッケージを開けて設定しようとしたときにiPhoneのアラートが鳴った。

画面を見たら11時に生駒市高山の会社を訪問する予定の日だった!

慌ててクルマに乗って高山のお客さんのところへ。

これがモーターサイクルジャッキ

楽しい仕事が終わった帰りに神功にあるロイヤルホームセンターに立ち寄りして、5.2mmの鉄対応のドリルビットとステンレスの5mmの棒を買ってから仕事場に戻り、ランチを食べたあとは壊れていたバイクジャッキを買ってきた部品と道具を使って修理して、ワンコ達をお風呂に入れてシャンプーしてあげて乾かし、一眠りしたあとようやくAirPort Expressの設定に掛かった。

設定するのはせがれに声を掛けて一緒に悩みながらやるのは楽しいものよ。

今までのバッファロー製では130Mbpsが上限だったが、AirPort Extremeを拡張するカタチで設定したら5GHzで300Mbpsの速度が出るようになった。

ネットワーク名とパスワードを同じものにする事で広いエリアをシームレスに繋ぐことが出来る。

ああ快適!

※AirPortをAirMacと呼ぶのは日本だけ。理由は日本では先にAirPortという名称が商標登録されていたかららしい。