ThruNite® Ti5T

このメーカーのLEDライトが気になっている。

Ti5Tの最後のTはTitanのTらしい。

LEDの色はNW(ニュートラルホワイト)が安かったので買った。

重さは本体が28g。
Panasonic eneloop pro(BK-4HCD 1.2V 930mAh)が12.8g
両方合わせて40.8g。

明るさの切り替えは後ろにあるスイッチを押すことで切り替わる。

気に入ったのはこのスイッチ、最初は一番暗い0.08ルーメンからスタートして次に10ルーメン、次が130ルーメンの最大光量になるシステム。

更に、もう一度繰り返すことでLow、Mid、High、次が点滅になる。

尚、後ろのプッシュボタンは半押しで点灯させることが出来る。

ThruNite®というメーカーはChinaで割合に良い物を作っているメーカーだと聞いたことがある。

と言うかこういうものを作っているのはほぼ100%がChinaなんだが・・・・・

そのなかでもNiteCoreとかThruNiteは特に良心的だと思う。

で、これをどうしたかって?

買ったに決まってるじゃないか。それも4つ。

※買ったときの価格はAmazonで2,595円。