DMC-GX7


レンズ交換式デジタル一眼カメラ
マイクロフォーサーズ
ボディ内手ブレ補正(センサーシフト方式)
1/8000秒シャッター(メカシャッター・電子シャッター)
最高ISO感度25600
高精細 約276万ドットのLVF
約104万ドット静電容量方式可動式タッチパネルモニター
全面マグネシウムボディ

ブラックボディ

エエのと違うかな?


LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

消費税が5%から8%に上がる前日の3月31日、カメラのキタムラへ写真のプリントで出かけていった時にレンズコーナーで見かけたPanasonicのLumix用ズームレンズを見つけたので買った。
買ったのはLUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

近頃のマイクロフォーサーズレンズのマウントはエンジニアリングプラスチックで出来ているものが散見されるが、あれはどう贔屓目に見ても好きになれない。

OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rはプラスチック。

レンズのマウントは金属以外に考えられへんやろ!

LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS014045のマウントは金属。これだけで買う気になる。

で、買った。

OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ Rは使う前に短くなっているレンズを伸ばす操作がいるのが嫌い。
写りはまあまあだが。

これでLumixのレンズはLUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.と今回のLUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.で3本になった。
レンズマウントはもちろん全部金属。

購入金額は11,980円


Lumix G 14mm F2.5 ASPH.

P1000511s
2年前、友人がGF2を買った時に付いていたパンケーキレンズLumix G 14mm F2.5 ASPH.をテスト撮りさせてもらってからずっと気になっていた。

気になっていたのはセットレンズなのに非常に写りが良い。インナーフォーカスでレンズが動かないのが良い。厚みが15mmしかなく重量が55gなのが良い。

OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8は見掛け倒しで周辺は色収差があるがズームよりはマシだ。

それよりPanasonicのLumix G 14mmが気になる、やっぱり気になる。
で漸く買った。
カメラのキタムラの中古。18,980円(ブラック)

Lumix DMC-GX1のエスプリブラックのボディを買ったのがきっかけかもしれない。

Panasonicというメーカーはカメラ(レンズ)メーカーじゃないがLeicaと提携して素晴らしいレンズをいくつも持っている。

OLYMPUSのレンズかPanasonicのレンズのどちらを買えば良いのか迷っているなら私は迷わずPanasonicを勧める。

※撮影:Camera Panasonic LUMIX DMC-GX1 1/160sec F7.1
Lens LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025
COMETストロボ TWINKLE 04II


聖バレンタインデーの落札

2月13日のヤフオクでひさしぶりに落札したのはPanasonic製のミラーレス一眼。Lumix DMC-GX1(B)ブラックボディ。

【中古】Panasonic LUMIX DMC-GX1 ボディ エスプリブラック

  • 以下は出品時のコメントから抜粋

●使用頻度は非常に少ないです。
●底に若干のへこみと画像のコメントに記載しましたがきれいな丸いへこみで製造時からのもので仕様と思われます。問題ないと思われます。
●防湿庫で保管していました。
●他にもカメラを数台所有しており
このカメラは使用頻度が非常にすくなかったので外見はきれいなほうだと思います。
●中古品です。神経質な方は入札をご遠慮下さい。
●ノークレーム・ノーリターン(返品不可)にてお願い致します。
●送料と振込み手数料の負担お願いします。

kikukawa8888-img600x451-1392130013cmulqb15550kikukawa8888-img600x451-13921300137di19x15550kikukawa8888-img600x451-1392130014yhelis15550

価格は10,000円スタートで12,000円の希望落札が付いていて、すでに10,000円の入札がひとり。写真は正面から写したものが1枚もなくちょっと気になったが、説明を見る限りでは問題無さそう。

使用頻度についてはひとそれぞれ感じ方が違うので一概には言えないが、数百枚なら少ないと考える人、デジタル一眼レフだと10,000カウントなら少ないと思う人もいるので、こればかりは確認してからでないと分からない。

希望落札価格を入れて即落札。

送料を含めた12,840円をすぐに入金して返事を待つ。

しばらくして返事が来て2月14日に発送とのこと。

到着する翌日の15日(土)を楽しみに待ったが、14日に日本を襲った大雪で関東地方の交通網は全滅。

出品者は東京で、すぐに発送して下さったが宅急便のトラックが東名高速を通行できずに商品は届かず。

翌日の16日にも関東からの宅急便は滞っていたみたいで、ヤマト運輸に電話をかけるが到着は17日かもしれないとのことを申し訳なさそうに伝えられた。

そして2月17日月曜日の朝、ヤマト運輸のWebサイトから荷物のお問い合わせ検索をするとようやく8時に配達に出たと表示された。やっと到着して配達されるようで楽しみだ。

9時前にいつもの宮田嬢が配達してくれた。

DSC_4221DSC_4224
丁寧にテーピングされた梱包を開封して商品を確認をしたところ、詳細に見ても全く傷や凹みや汚れはない。

P1000187_Fotor

PWRCNT: 204 SHTCNT : 515 STBCNT:9

例の電源オンでDISP・WB(右)・Fn2を同時押ししてから左ボタン・メニューボタン・Fn2ボタンを2回押してシャッターカウントを確認すると以下のような表示になった。
PWRCNT:  204(電源を入れた回数)
SHTCNT :  515(シャッターを切った回数)
STBCNT:    9(ストロボを発行した回数)
予想以上に少ない回数だった。なんで手放したんだろう?

IMG_5382

写真左は今日届いたヤフオクから落札したBlackと右は2月7日にカメラのキタムラで購入したネット中古のSilver

Panasonic DMC-GX1関連商品


DMC-GX1のショット数

P1030117
判るそうです。

どうやって判るかって?

チェックメニューの出し方は以下のように。

こうやります。
もちろん私が知っているわけではありません。
「DMC-GX1のシャッター回数」と検索したら価格.comに書込されていた情報です。
すごい方がいるんですねえ。そのまま引き写しです。

1.電源オフ
2. AF/AE Lock、 DISP.、右矢印(WB)を押しながら、電源オンにする
3.AF/AE Lock、Menu/Set、左矢印を同時に押す
4.3を繰り返す

PWRCNT:電源をオンにした回数
SHTCNT:シャッター回数
STBCNT:内蔵フラッシュの発光回数

これで私が買ったDMC-GX1を調べたら1395回でした。あんまりシャッターを切ってなかったようです。

※2月17日にヤフオクで落札したGX1のブラックが到着した時にもう一度ショット数を確認した時の写真がコレです。
P1010151_Fotor


まだ入荷してません。だって?

P1030114

Panasonic DMC-GX1(S) BODY No:FT2AA001949

2月5日にカメラのキタムラの中古コーナーでポチったPanasonicのミラーレス一眼DMC-GX1(S)。東京は日本橋にあるキタムラ店から奈良のキタムラ南店に届くはずだった。

ご希望のお渡し店に商品到着まで4日~7日程度いただいております。
商品のお渡しの準備が整いましたら、あらためてご連絡いたします。
今しばらくお待ちください。

ということらしいが、たいていはもうちょっと早く到着するのが常。

午前中に奈良のカメラのキタムラ南店に電話をするが「5日に注文ですとまだ届いていません。」とケンモホロロ。

でもきっと今日届くはず。

午後3時にカメラのキタムラからメールが届いた。

注文予約を頂いておりました下記商品をお渡しする準備ができましたのでご連絡申し上げます。

ほらな、来ただろ〜が。

20分ほどでカメラのキタムラ南店に受け取りに行く。ネットで取り寄せたものはキャンセルも出来るが、今まで一度もしたことがない。評価は良心的だし品数は豊富だから割合に安心なお店だ。

持っていったLeica Summilux25mm f1.4で手軽なテストを済ませ、14,980円を支払ってお持ち帰りした。

P1030117P1030099

Panasonic DMC-GX1関連商品


ミラーレス一眼ボディ

ミラーレス一眼はOlympusが2台とPanasonicが1台とNikonが1台。

最初に買ったOlympus EP-2はボディ内手ブレが付いているのが魅力でした。

付属のレンズはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 [ブラック]で、これは準広角と呼べる(35ミリ換算で35mm)レンズで割合使えそうなレンズでした。

次に買ったのがOlympus EPL-3。付属のレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R [シルバー]とM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II [シルバー]で、マウントはプラスチックでコストダウン感がバリバリ。
特に目立った良さも欠点もない普通の描写ですが、作りがチャッチイのが×。

付属しているレンズはPanasonicも同様なんだろうけど、単体で発売しているレンズの中にはあの天下のLeicaのレンズ名を頂いたLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPHという素敵な単レンズがあって、これの描写は別世界。
f1.4の開放だと周辺光量の低下は顕著だが描写は優秀。
f2.8あたりで周辺光量の低下は無くなり描写はシャープに。
f4からf5.6で最良の描写を示す素晴らしいレンズです。

開放からボケ味は素晴らしくキレイ。

作りは流石に本物のLEICAとは行かないけど、インナーフォーカスでマウントも金属製。唯一気に入らないのはマニュアルフォーカス用に付いているゴムローレットのヘリコイドです。これはホコリが付きやすいし安っぽい感じがします。

SUMMILUX 25mm/F1.4はCOMETストロボ撮影の時に使うのですが、ストロボのシンクロ速度は1/160secとか1/180secで、絞り値がf5.6とかの設定にするとOlympusEP-2やEPL-3では後ろの液晶画面が暗くなってしまって見難くなってしまいます。

シャッターを半押しした瞬間だけ明るくなります。

※LVブーストをONにすれば解決しました。

Panasonic製のGF2ですとM(マニュアル)で同じように1/160sec f5.6にしても後ろの液晶が全く暗くならずに明るいまま。

お判りですよね。室内でCOMETストロボを使用して撮影するのにとても使いやすいのがPanasonicのボディです。
※LVブーストが付いているならOlympusでもOKだったな。

そんなわけでもう1台Panasonicのカメラボディを追加で注文しました。

つい最近に製造中止になったDMC-GX1ボディです。


遅れてやってきたPanasonicのミラーレス一眼

P3134672P3134671P3134670
前々から気になっていたけど買うまでには至らなかったPanasonic DMC-GF2。

2011年9月25日に友人からカメラ購入の相談があった時にはGF3が発売されていたけど薦めたのはGF2。
GF3にはホットシューすら無いのが気に入らなかった。
一番良かったのはその前のGF1だった。
モード設定が軍艦部に付いているダイヤルで変更出来るようになっていたのが◯。(これはGX1で可能になった)

友人に薦めたGF2。
あれは僕も欲しかったが、ホディ内手ブレ補正が無いのが残念だったので、私が買ったのはOLYMPUSのE-P2。
昔のカメラは手ブレ補正なんか無かったのでその気になれば僕も昔のように低速シャッターでも気合で撮れて・・・。
なんて我慢して努力するのが面倒くさくなった。
それでボディ内に手ブレ補正機能が入っているオリンパス。あの何度騙されたか判らないOLYMPUSにした。
今度こそまともなカメラを作ったんだろうな!という期待を込めて。

あれから1年と半年、小柳時計店のご主人が本物のLeicaレンズのSUMMILUX-M 35mm F/1.4 ASPHにアダプタを咬まして使っておられたGF2のボディを譲り受けることが出来た。
それも格安で。
箱も取説もケーブルも付いてない本体だけなので妥当な価格と思われる $74(¥Rate = 95)で譲ってもらった。

Panasonic製のミラーレス一眼が欲しかったのにはひとつ理由があって、2012年7月に購入したPanasonic製の25mm/F1.4のズミルックス (LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.)を付けて撮影してみたかったこと。
OLYMPUSに取り付けていると明るさの変化で頻繁に絞りを動かすために生じる音が非常に煩かった。
それを本来のPanasonic製のボディに取り付けたらどうなのかと気になっていた。

結果はOlympusと比べると非常に明るいところでは絞りが一気にF5.6ぐらいまで絞られるが、少々の明るさの変化では絞りは開放値のまま固定されているようで多少は静かだ。

OlympusもPanasonicも絞り値の制御をステップでやっているのでカシャカシャという音を立てる。

問題は本体側での制御の違いでこのような動きをするのだと思われるが、OLYMPUSのボディに付けた時はPanasonicと比べると多少うるさく感じる。

手ブレ補正は付いていないが、GF2を使っていたらこれより新しいモデルのGX1が欲しくなった。