Hooligan 3+5はやっぱり(イイ)

IMG_8472
今日の奈良は湿気も少なくて気持ちの良い気候になったので、ガレージからHooligan 3+5を引っ張りだして乗ることにした。

東のほう(奈良市内は東に向かうと登りになっている)に向かって行くと細い腿がパンパンになった。

格好良いよなあ、Hooligan 3+5。

SHIMANOの内装アルフィーヌ8段が特に恰好ええわ。


Hooligan3+5とソフトクリーム

IMG_4857 IMG_4858
一夜明けて10月11日のHooligan3。
ガレージに引っ張り出して撮影しました。
横から見ても替わったところがどこかは解らないでしょ。

リアのハブが元のよりも太くなって黒くなって・・・・。
IMG_4859
Insightに積んで帰るのはちょっと大変でした。

これからはHooligan3+5と呼ぶことにしよう。

午後からHooligan3+5の試乗を兼ねて家の周りをシフト具合を確かめながら奈良町散策。

庚申堂近くの元興寺町にある奈良町らしい佇まいのソフトクリーム屋さんの前を通りました。
いつも閉まっているのですが今日は開いている。

ここのソフトクリームが食べたいなあと思っていたので早速「キャラメル味をください!」
キャラメル味が欲しかったんだけど売り切れ。
お店の方が「プリン味も美味しいですよ」とのことでプリン味を注文。

IMG_4874
お店の中にはうちと同じ手巻きの柱時計があって「奈良~~!」という雰囲気がいっぱいの素敵なお店。
また来よう。


10月10日にALFINE化計画が完成

IMG_4854
ALFINE8をHooligan3に取り付けたい。
ノーマルのSRAM i-motion3ではあまりに段数が少なすぎて実用的じゃないと思って2年近くが過ぎた。

こんな時にWebは便利ですわ。Hooligan3をモディファイとかで調べると引っかかって来るのは決まってShimanoのALFINEを取り付けるって話しです。

最初はALFINEとは?から始まって、えらい高級なコンポやなあと思って見ていました。

内装変速で8段と11段があって8段だと2.2万円ほどやのに11段やと4万円以上。無理!無理!
でも8段なら何とかなりそう。

キタサイクルさんに相談しましたがな。Hooligan3のALFINE計画を話すとやってみる?ってことでトントン拍子(でもないが)でお願いすることになった。

内装8段のALFINE8以外は出来るだけもとのパーツを使ってコストダウンのはずがブレーキディスクもXTのパーツを使うことにして必要のない前のディスクも交換することにした。だって揃うと格好がエエじゃないの。
リアのディスクローター:SM-RT81
フロントのディスクローター:SM-RT86
どちらもICE TECHNOLOGIESというスペックで、アルミをステンレスでサンドイッチした特殊な構造のディスクローターです。放熱性を考慮した設計とか。

シフトはSRAMのグリップシフト8段用というのも考えたけどALFINE純正のラピッドシフターにした。

スポークはオリジナルをALFINEに合わせてキタさんがカットしてネジを切って使用することにしたと説明を受けた。

他に替えたり必要な部品はグリップとリアスプロケ18T。

リアスプロケットは20Tと18Tと16Tがあったらしいが、18Tしか無いと思っていたので18Tを頼んで取り付けてもらった。

実際に試乗してみると16Tのほうが良かったような気がするが、これもまた後日に替えるかもしれん。

今日は僕の希望通りに完成した状態で持ち帰ってきた。
持って行った時はせがれのFITだったので楽勝で積載出来たんだけど、今日はInsightだったので積載するにはちょっとコツがいる。
シートをシートポストごと引っこ抜いてベダルを外してヨッコラショ!とパズルのように積載。

これで明日の楽しみが増えたぞ。


ALFINE8

IMG_4786
キタサイクルさんから頼まれていた印刷物が出来上がったので、納品を兼ねてFooligan3のALFINE化計画の進行状態を見に行ってきました。

この日はALFINE8が箱から出されてスポークの仮組みをしているところでした。
IMG_4785
メカメカしい内装8段がこの中にぎっしりと詰まっているのかと思うだけで心がワクワクします。


SRAMをALFINEに交換計画

Hooligan 3の変速機構はSRAM I Motion IHG 3-speedが搭載されていて、Lo,Mid,
Highの3段変速です。 下位モデルのHooligan
9や8には外装式の9段・8段の変速機がついているので走行状態に合わせて細かな選択が出来るのが良いのですが、なんでか知らんが最上位モデルのHooligan
3にはSRAMの内装3段変速としょぼい段数しかない。
シンプルでチェーンが外れることもないのでイメージポリシーとしては良いと思いますが、走り出しはMidですぐにHighに入れてしまう走り方ではあまりに物足らない。
ケイデンスを考慮すると内装の3段でHighでの巡航は20〜25km/hが限度です。微妙な坂ではもうちょっと細かなギヤ段数が欲しくなるのは当然です。
ShimanoからALFINE(アルフィーヌ)という超精密な内装ハブが出ているのを知ったのは購入後すぐでした。それまで内装式はママチャリなどの安い自転車専用だと思ってた。
ALFINEの内装8段は今までからあったようで、2010年から内装11段も発売されました。
今のSRAMと交換するにはALFINE内装式8段(11段)とは別にShimanoのディスク・リアスプロケット・内装8(11)用シフトレバー・スポークが必要になります。残念ですけど現在付いているディスクやスポークは使えません。
11スピードモデルはギアレシオ(409%)トップノーマル構造 41,226円
8スピードモデルはギアレシオ(306%) ローノーマル構造 21,302円 で、スポーティなのは11スピードの方です。
そして両方共1.6kgとほぼ金属の塊みたいに重いです。 さらに8段と11段では価格がほぼ倍近く違っていて思わず仰け反りましたがな。
それでも現在使っているSRAM3段でほぼ150kmほど走行しましたので、そろそろ交換したくなっています。
product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SL+SL-S700-L_600x450_v1_m56577569830709670_dot_jpg.bm_.512.384.gif product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+CS+CS-S500_600x450_v1_m56577569830709639_dot_jpg.bm_.512.384.gifproduct.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SG+SG-S501-L_600x450_v1_m56577569830709645_dot_jpg.bm_.512.384.gif product.image_.+media+images+cycling+products+bikecomponents+SG+SG-S700-L_600x450_v1_m56577569830709643_dot_jpg.bm_.512.384.gif


Hooligan3用のフラットペダルとシートポスト

622-1 622-2
昨年末に買ったCannondale Hooligan3のシートポストがフレームの仕上げの悪さで抜き差しするたびに傷が出来てしまっていた。

新しいシートポストを探すが31.6mmで長さが500mmもあるものはなかなかない。

純正は補修パーツとしても出ないそうなので、出来るだけ純正に近い長さのものを探したらBBB製のLongScraper BSP-23を見つけた。

アルミニウムの6061 T6の冷間鍛造で作られている。

長さは450mmで、純正よりも少し短いが問題なし。
重量は368g。純正が480gなので少し軽くなる。

622-3
ペダルは純正がオクトパスというファニーなカタチをしたペダルが付いてきていた。
重量は1セットで414g。

これもパーツとして入手が出来ないらしいので新品のままストックしておくことにして、気に入ったTIOGA製のシュアフット ミニペダルを購入した。

材質は6061 T6の削り出しというのがイイ。

重量は1セットで208gとかなり軽量。

ペダルは早速取り付けたが、シートポストは純正のままで当分過ごそう。


Hooliganにサイクルコンピュータを

618-1Hooliganに取り付けたいものでサイクルコンピュータがある。
今までの自転車にも必ず付けていたもので、今回もどれにしようか迷っていた。
なにせ最後に買ったのは数年前なのでそれくらい良くなったか気になっていた。

昨日の火曜日にキタサイクルへ入荷しているはずのシートポストを受け取りに行ったらまだ入荷してなかった。

「腰を痛めて乗られないから注文を・・・」おおおおっ。なんでやねん。して欲しかったなあ。

じゃあ、センタースタンドを買おうと思ってお願いしたら昨日に最後の1本が売れてしまったとかでこれも品切れ。

なんて運のないオレ。

ショーウィンドウを眺めていたら気になっていたサイクルコンピュータが目についた。

定番のキャットアイ製がいろいろあって、価格は2,700円ぐらいから数万円まで。
その中で目を惹いたのが小振りの「キャットアイ STRADA WIRELESS CC-RD300W」

冬限定でネックウォーマー付きっていうのがいいじゃないの。
これを買おうと思って出してもらうと、奥さんが一言。
「横にある白色のCC-RD300Wは限定ですよ。ある会社が製作したもので通常のとは違うカラーなんです。」
この言葉に弱い。

ネックウォーマーは付いていないけど限定っていうのがいいなあ。

「黒を止めて白にしてください。おねがい」

結局、限定って言葉に惹かれて白色のストラーダにした。

さて、いつ取り付けようか。

たぶん、明日になったら取り付けているだろうなあ。 続きを読む


ちょっとだけ乗ってみたHooligan3

615-1
T兄ちゃんが自転車でやってきたので、部屋で自転車談義花ざかり。

夕方になってちょっとだけ自転車に乗ってみようということになって、T兄ちゃんに付いて猿沢池の方まで(すぐ近く)走ってみた。

ちょっとした段差に入ると腰が「ウッ!」となるほど痛い。

まだ自転車で走るのは無理みたい。

残念・・・・・・。


Hooligan 3にセンタースタンドを

614-1

12月7日に購入したHooligan用のセンタースタンド。

買ったのはいいが腰を痛めてしまったので取り付けることも出来ずに放置プレー中だったが、意を決して(大げさではないくらい腰が痛い)取り付けてみた。

Hooigan専用商品みたいだがどうやらそうではないみたい。
フレーム下に取り付け用のステーがある自転車だとはさみ込むパーツ無しで取り付け出来るが、Hooliganだと上下からフレームを挟むように取り付ける必要あり。

614-3
もう少しスマートな取り付け方法が無かったのかいCannondaleさん。

スタンド単体の重量は233g。8mmキャップボルトとアダプタを加えると298g。

そのまま取り付けてフレームを傷つけるのが嫌なので、ゴムシートを挟み込んで絞めつけた。

614-2
ディスクブレーキのワイヤーが干渉するのでクランプから取り外して、スタンドを取り付けてから結束バンドで再固定した。

重量の面でも(見た目も)スタンドは付けないほうが良いのだが、壁にもたせかけておいて倒れた日にゃ目も当てられない。

20インチのミニベロにしては重いHooliganがまた重くなってしまった。