万年筆で手紙を書きたい


そう思って万年筆を探した。

とにかくモノが多いので捜し物は困難を極める。

6月6日の夕方、Appleのボールペンを幾つか保管している箱の中に見慣れぬ箱を見つけた。

思い出せないが、Appleからもらったペンだろう。

箱を開けると・・・・万年筆だった。

銀のボディにAppleマーク。

インクはペリカン4001を使うようである。

これのインクを買ってきて近いうちに手紙を書いてみようと思う。


Appleの修理は超速

apple-mail2017-01-06-18-20-06アップルからiPhoneの引き取りがヤマト便でやってきて、箱詰めして渡したのは昨日の朝のこと。

このメールが来たのは年末の12月28日だった。

正月を挟んでいたので途中の空白の日はあるが、機械を引き取りに来て即日修理してすぐに発送しているようだ。

 

 


apple-repair-iphone修理の状況はAppleのWebサイトですぐに確認できる。

スゴイなあApple。

ワタシ、実は1991年から1997年の間、CanonがAppleの総代理店をしていた頃にAppleCareのサービスを受け持っていた時期があった。

部品の発注を含めてもこんなに早い仕事は出来なかったなあ。

アップルジーニアスの方たち(女性・男性)の知識の正確さと対応の良さは素晴らしいと思っている。

あの頃の僕はもっとええかげんだった気がする・・・(^_^;)


情報システム総合フェア2015

7月23日の夕方、株式会社イムラ封筒情報システム総合フェアに行って来た。
開催場所は奈良文化会館。
ナパラゴルフクラブ一本松コースの支配人のウッちゃんに家まで迎えに来てもらって一緒に出かけて行った。

実は彼もイムラ時代の仲の良い同僚である。

この会社は僕が1990年から1997年に勤めていた会社で、入社してから辞めるまでいつも楽しんで仕事してた。
(と自分では思っているが「こいつ遊んでやがる!」と周りは思っていたはず)

このフェアの帰りには受付でバームクーヘンのお土産が貰えるらしい。(^^ゞ

文化会館の二階にある会場に着いたら奥には見た顔・懐かしい顔がずらり。

例えるなら同窓会状態である。

システムフェアの内容なんぞ全く見ずにあの頃の仲間たちを休憩場所に来てもらって楽しい話に耽っていた。

と後ろを見ると井村会長の姿が・・・・。(^_^;)

井村会長(当時は専務)には入社時から退社時までずっとお世話になりっぱなしでアタマが上がらない。

8年あまり好き勝手なことを社内でヤラせてもらえたのも井村会長のおかげである。

ずいぶんと楽しんだものだった。

で、今もこうやって楽しませてもらっている。

「会長、自撮りしますよって一緒に写ってください。」と声を掛けてふたりで写真を撮った。
※写真はFacebookの友人にのみ公開している

いつまでも楽しい思いをさせて頂いてありがとうございました。