蹴り入れたった

今朝も7時には28度超え。

暑いやないかい。

ワンコたちを連れていつもの天満さんへ。

お参りをしたあとはスモモの樹の下に熟したスモモが落ちているのを頂いて帰る。

ところが、今日はひとつも落ちていない。

しかしこのままでは帰れない。

で、樹の幹に蹴りを入れたらボトボトッ!コッツン!(頭に当たった)と落ちてきた。

それがこれだ。

熟しきっていない青さがなんとも魅力的だわい。

ヌフフッ!な色合いだ。


すももを欲しいと話していたら

谷口さんから「すもも食べますよね?いりませんか?さきほど知り合いが・・・・」となんとも嬉しい連絡をもらったので夕方少し涼しくなってからインサイトで出かけていった。

今日の奈良市内は爆熱激熱な気温で、室内に設置した室内・外気温計の表示には室内が28度で室外は38.9度!!!

これでは出られませんわ。

夕方、17時に谷口さんのおうちにお邪魔してすももを分けていただいた。

それがコレ。

持って帰って水洗いしてから早速冷蔵庫の中へ。

シャーベットにして食べるんだ。

外の皮がスルッと剥けて甘い果肉がシャリシャリとした感じがたまらない。

追記:

糖度計で測ってみたら15%だった。どおりで甘いわけだ。


すももがたわわに

うちのご近所にこれだけたくさんの“すももがたわわ”に実っているおうちが有った。

前を通りかかってふと見上げたらたくさんのすもも。

ちょうどお住まいになってる方がいらしたので「それ、すももですか?」と聞いたら

「そう、すももなんよ。要ります?」と言われたので即答で頂いた。

こんなに紅く色付いたすももがたわわに実ってるのを見たのは初めて。

良い事有るかな?


順調に育っているスモモ


思いもかけなかったスモモの種が発芽して芽を出したのが4月の中旬のこと。

4月29日には一気に葉の数も増えた。

5月の11日には更に葉の数も増えてスクスクと育っているスモモの芽。

何年経ったら花が咲くのだろう?

今からワクワクしている。


芽が出た!

昨年の7月、天満神社で取ってきた(拾ってきた)李(すもも)。

美味しく頂いて、中の種は捨てていたが、もしかして芽が出るかな?と思って1個だけ種を鉢に植えておいた。

鉢を置いた場所は二階のベランダのエアコンの室外機の上。ここは寒いし日当たりは悪い。条件としてはかなり最悪に近い。

パキラの枝から出た葉っぱも、この場所に置いておいたら枯れてしまった。

今年の寒い季節も過ぎて4月も後半になった頃、室外機の上に置いた鉢を片付けようと手に取った時に真ん中に小さな芽が出てきていた。

2017年4月21日に見たら小さな芽が出てきていた

これってもしかして李の芽かな?(4月21日)

周りの雑草を指で取り去って写真を撮っておいた。

それから8日後の4月29日に鉢を覗くと芽が大きくなっていた。

2017年4月29日にはこのくらい芽が伸びていた

寒い冬を越してようやく芽が出たのはとてもうれしい。


植物の体内時計はコンプリケーションウォッチか


3月3日の天神社。

毎年きっかり3月3日になると李の蕾が開いて花が咲く。

今年も待ちかねたように3日に花が咲いた。

植物の体内時計はコンプリケーションウォッチ並みの精度。

写真の下が2日で上が3日。

昨年も3月3日になると蕾が割れて花びらがあちこちに開いていた。


久しぶりの強い雨のおかげで

P1010733こんな日の朝には天満神社の李(すもも)が落ちているのではないだろうか?

きっとこの強い雨と風でドッサドサと李の実が芝生の上に散乱しているんじゃないかとワンコ達を家に置き去りにして天満さんに行って来た。

もちろんお参り・・ついでに李・・・

正確には李があれば独り占め・・・・うふふっ (^^)

8時40分頃に傘を指して長靴を履いて天満さんに向かって足早に歩いた。

家を出てすぐに救急車が停まっていた。

その後ろに笑顔で立っている和菓子屋の若旦那が。

どうやら僕のハイビスカスのアロハシャツを見て「早速、着とるやないかいこのオッサンは。」と思っていたのに違いない。

挨拶をして聞いてみたらやっぱりアロハシャツを見て笑っていたらしい。ププッ!

8時55分、天満さんの石段を登っていつもどおりにお参りを済ます。

東の入り口に向かうと・・・落ちとるやないかい・・・スモモ (^o^)

念の為に用意していったビニール袋に落ちている李を掴んでは入れ拾ってはまた放り込みを繰り返して持ち帰った。

重さは約1kg(アナログ手持ち感覚スケール)

ズッシリくる重さである。

選別せずに持ち帰ったので水洗いしながら見てみると落ちた衝撃で傷んでいるのが約半数。

これも捨てずにナイフで傷んだ部分を切り取って食べてみた。

「甘い!」

天満さんの李の甘さはスーパーで売っている李とは段違いに甘くて美味しい。

これを独り占めしたんだからウハウハ(死語)である。

なんと罰当たりなオッサンだろう。

雨風が強い日の朝になったらまた行くぞ!


天満さんの李(すもも)

IMG_0823昨日、ワンコ達の散歩で天満神社に行った時に拾ったスモモ。

熟れて赤いのを食べたら甘くて美味しかったので、今日も楽しみに天満神社に行って来た。

午前8時過ぎには30度を超えている高温の中、地面の温度を非接触温度計で測りながら散歩に行って来た。

天満さんに着くと石段の横にアメリカンなバイク。IMG_0845

この類のバイクの知識には疎いので車種やメーカーがよう判らんところがオレ。

石段を上がったところに男性がふたり。ともに年配である。

「あのバイクはご主人のですか?」と聞いたら

「ああ、そうだよ。ホンダ」

「あれ、ホンダ?ハーレーちゃうの?」

アメリカンなバイクのことは全く判らんオレ。

お詣りの前に冷たいお茶を入れてもらってワンコの話やバイクの話しで盛り上がってた。P1010696

おとなしくしていたジャスミンとプーアルを連れてお参りしたあとはスモモの実が落ちていないか見に行ったら・・・あるある。

食べられそうな赤いのばかり拾って持って帰ってきた。

外の皮が少しでも弾けていたら甘い果汁が出てきているのをペロッ!

明日も拾いに行くぞ。


sumomo?酢桃?

ほぼ毎日、ワンコたちを散歩がてらに連れて行っている天満さん。

この天満さんの東側入口にある木の葉の間をよく見ると実が付いている。

IMG_0600実は昨日、ここの神社の宮司さんが虫取り網でこの実を取っているのを見ていたので、「コレハナンノミデスカァ?」と流暢な日本語で聞いてみた。

「sumomo? 」すもも・酢桃なんですって。

酢桃にしてはまだライトグリーンではないだろうか?

天満さんのここで赤くなったのは見たことがない(気づいていないだけか?)もう少し待ってみよう。P1010577