節目になった最初の満月

春日中学の学年同窓会の打ち合わせで東向商店街にあるトラットリア・ピアノで同級生9名と打ち合わせで集まった日曜日の午後3時30分。

私は昔から人付き合いが苦手なので話をするのは今日が初めてという同級生も居た。

まだまだ日時も場所も決定していないのでこれから決めるらしいが、少しでもたくさんの同級生が集ってほしいと思うのは集まったみんなの共通の想いである。

でもなあ、なかなかそういうわけには行かないのがこういった集まりの常。

友人が少ない私にはよく分かるのだ。

そんな人に来てもらうのってどうしたら良いんだろ?

と、自分に問いかけていた日曜日の午後だった。

少しだけ先に御暇して猿沢池の辺りを歩いていると、東の空にきれいな満月が輝いていた。


幼馴染の誘いでお好み焼きへ

12時を少し過ぎたとき、めったに鳴らない電話が鳴った。

画面に表示された顔写真と名前は飛鳥小学校・春日中学の同級生であり幼馴染からだった。

「セイちゃん、もうお昼食べたか?まだだったらお好み焼きを食べに行かへんか?」と連絡があった。

「行くよ、もちろん。どこに行こうか?」

「うちの近所やからこちらに来てくれるか。」

インサイトで15分足らずの距離である。(混んでたし・・)

義幸くんは家の前で待っていてくれたので、助手席に乗ってもらい、5分距離である。

お店に入ると友人のご近所のお知り合いか顔見知りの方が4人。

そして注文はお任せで。

喋りながら熱々のお好み焼きをふたりで食べているとすぐに時間が過ぎてしまう。

珈琲を飲んでまったりしながらふたりで午後を過ごしてきた。

2時間あまりお好み焼き屋さんで話し込んでいて、ぼちぼち帰ろうと支払いをお願いすると、「先程のお客様が皆様の分もすべてお支払になって行かれました。」と。

えええええええっ?!


同級生と遭遇

大安寺ビッグエクストラのペット美容室へワンコたちの爪切りと肛門絞りと耳の毛のカットに連れて行き、買い物客でごった返す店内をブラついていたら、見たことのある顔が・・・・

ヘモさんである。

声を掛けてアレヤコレヤと立ち話しながらまわりを見回したらここは女性の下着売り場だった。

ブラやパンティがまわりに並んでいて、その真中でおっさんふたりが会話しているシュールな光景。

そのあとまたまた春日中学の同級生でクラスメイトの女性とばったり。

ここのショッピングセンターは同級生の出会いの場所なのか?そうなのか?


オジサン達の盆休み

松阪から森本くんが奈良にやってきた。

Facebookで「奈良に行くから一緒にランチする人!」と問いかけがあったので夏男の北岡くんと3人で猿沢の池南側にある公園で11時に待ち合わせた。

10時45分に行くとすでに二人は哀愁を帯びた背中を北に向けて待っていた。

若造と違って背中から見る姿が哀愁が漂っていてとても格好よろしい。

さあ、どこに食べに行こう?

特に場所は決めていないようだったのでさくらバーガーを提案。

10分ほど歩いて11時4分に東向北の入口付近にあるさくらバーガーに到着。

11時からだというのにもう満席!!!!!

急いで名前を書いて表の日陰で待つこと20分余り。

ようやく席に着くことができた。

「何にする?オススメはデフォのさくらバーガーで飲み物は色々あるよ。」

ふたりは生のビールで僕はホットコーヒー。

待つこと15分。ようやくさくらバーガーが運ばれてきた。

食べ方は僕が説明しておく。(手慣れたものである)

「どう?味は?」「美味しいやん!コレ。」

ナンダカンダと話しで盛り上がりながら1時間ほどここで過ごした。

支払いを済ませて東向きから餅飯殿商店街まで歩きながら「次はどこへ行く?決めてなかったならウチにおいでよ。」

餅飯殿の中にある仏像のガチャポンで運試し。

僕は弥勒菩薩。森本くんは阿修羅像。

「阿修羅像が欲しかったなあ」と言ったら優しいなあ森本くん。交換してくれたよ。

13時15分ぐらいから16時辺りまで懐かしい話や趣味に仕事に話題は飛んだ。

おじさん3人で過ごす休日もイイもんだ。


ミッちゃんが立ち寄ってくれて

9時30分に玄関の呼び鈴(昭和っぽい)が鳴った。

玄関に降りていったら小・中・高と一緒でクラスも一緒だった仲良しの女の子(当時は)のミッちゃんだった。

この前、ミッちゃんがおかあさんと一緒に歩いている後ろ姿を写真に撮ったので、おかあさんが描いた絵のコピーを持ってきてくれた。

明日は一条高校3年7組の同窓会なんだけど、僕が同窓会に来なかったら渡せないので直接持ってきたって言っていたミッちゃん。

ありがとう!おかあさんによろしくね。


ステキなひとから届いたラスク*


2017年6月5日(月曜日)の朝のお話。

呼び鈴が鳴ったので玄関に行ったらいつもの郵便局のお兄さんが普段とは違った口調とニコニコした笑顔で「福井清一郎さんにお届け物です!」と言った。

受け取って送り主を見たら・・・・まぁ!!

女性名が書いてあったのでそれであんな口調になったんだな。

てめえ!羨ましいのかい?

ってほんとにうれしいのは僕なんだけどね。

女友達の眞澄さんから届いたのはラスク。

可愛らしいパッケージにいろんなラスクの詰め合わせが入っていた。

そして小さく折りたたんだメッセージも一緒に。

朝から嬉しいスタートだった。

I love ma.眞澄さん


手紙*

クルマで出掛けて帰ってきたらカミさんが「ラブレターが来ているよ。」とぶっきらぼうに言った。
郵便物の山を掻き分けていくと可愛らしい絵柄の入った封筒をみつけた。

ひさしぶりに眞澄さんから手紙をもらったのでワクワク((o(´∀`)o))ワクワクしながら封を切った。

ちょっと丸くてきれいな文字と可愛らしいイラストが散りばめられた文面を目で追っているだけで幸せな気分になる。

便箋に書かれた近況の一言一句を読むのはとても新鮮。

その日の夜に呑んだ焼酎の炭酸割りが心地良かったのは当然である。

I love ma.


Early spring*

abenoseimei

眞澄さんが水先案内人

.

.阿倍野にある安倍晴明神社に行ってきた。

この辺りの地理はあまり詳しくない。

12時前に住吉車庫前まで僕は沢ノ町から歩いた。

バスに乗って王子神社前のバス停で降り、王子神社を抜けて安倍晴明神社に向かった。

ここは陰陽師、安倍晴明を祀る神社である。

気温はまだ低いけれど陽射しは明るくて春の兆しが感じられる神社の境内の長椅子に座り、違う世界の空気を肌で感じた。

そんな初春の穏やかなひとときを描いてみた

I love ma.


氷点下の素晴らしい休日*

昼前の10時24分から氷点下の中を雪上ドライブに出かけた。

年末から計画していた日が数年来の寒波の日になるなんて想像もしていなかったが、きっと楽しいだろうとワクワクした。

奈良市から約60kmほどの距離を新品のスタッドレスタイヤを履いたZE2で走って楽しい時間を過ごして帰ってきた。
(凍結してかなり危険な路面だったが平均時速は45km/h)

路面は凍結していて荒いハンドル操作やアクセル操作は命取りになるような路面凍結の日曜日

そんな日だったけど今までで一番楽しい時間を過ごせた。
眞澄さんとお亀の湯までドライブ眞澄さんとお亀の湯までドライブ.

気の置けない友人とのドライブは楽しいものだ

詳しくはコレ

I love ma.