VespaとTL125でプチツーリング


朝、少し早めに目覚めた。

起きたら必ずすることが東の空を見ること。

今日も良い天気やないか。

クルマで出掛けたが駐車できるところにクルマを止めるなり、30数年前からバイク仲間で師匠の谷口さんに「プチツーリングにいかへんか?」とLINEで誘ってみた。

谷口さん、今日は朝から片付け仕事があるらしいがひとつ返事でOKを返してくれた。

いいなあ、即決だよ。

11時に高井病院西にあるセブン&イレブンで待ち合わせた。

僕はHONDA TL125sBイーハトーブ。

10時45分に到着すると谷口さんも2分後に到着。

谷口さんはVespa100である。

セブンコーヒーを飲んでから南に向かって走った。

目的地はないが甘樫の丘方面ってことで。

12時過ぎに甘樫の丘の駐輪場に到着。(写真)

そのあとは給油に明日香サービスステーションに立ち寄って、忠ちゃんに挨拶。

12時30分には橿原神宮前駅近くのCOCO’sでお肉のランチ。

いいなあ、バイク仲間。


氷点下の素晴らしい休日*

昼前の10時24分から氷点下の中を雪上ドライブに出かけた。

年末から計画していた日が数年来の寒波の日になるなんて想像もしていなかったが、きっと楽しいだろうとワクワクした。

奈良市から約60kmほどの距離を新品のスタッドレスタイヤを履いたZE2で走って楽しい時間を過ごして帰ってきた。
(凍結してかなり危険な路面だったが平均時速は45km/h)

路面は凍結していて荒いハンドル操作やアクセル操作は命取りになるような路面凍結の日曜日

そんな日だったけど今までで一番楽しい時間を過ごせた。
.

気の置けない友人とのドライブは楽しいものだ

詳しくはコレ

I love ma.


飛燕レストアプロジェクト*

竹本っちゃんも行って来たらしい。

辰己くんもおととい行ったってさ。

今日が最終日だって!

僕も行かなきゃ!

初めて三宮行きの近鉄電車に乗ってしまった。img_1949

扉が閉まった。もう降りられない。覚悟した。

神戸三宮阪神の到着時刻は1200時。

1時間と26分電車の中。

神戸三ノ宮で降り、ポートターミナル駅に乗り換えて少し走って降りたら、辰己くんに聞いたとおり目の前がポートターミナルモールだった。img_1951

入口でリーフレットをもらって折れ目のつかないようにバッグに入れて右を見たらキ-61二型の姿が。(キ-61ってところが通っぽい)

ハイアングル・ローアングル・ぐるっと回って前から後ろから生まれてから70年を優に越える年月を過ごして来た三式戦を撮りまくり。

各所に修理の痕が残ってるし、翼端部は凹みまくっていたが、コレ、一度も戦闘に出て空戦したりしてない箱入り娘的な機体。

ちょうどYAMAHAが買ってバラバラに分解してトヨタ7の参考にしたというフォードGT40みたいなモノ。

搭載はしてないが、ハ-140の倒立V型エンジンも横に展示。

飛ばなくても良いからエンジンを修理してプロペラを回してほしいな。
飛ばさなくても良いから・・・(^^)

エンジン無しでがらんどうの首無し機体がゾロゾロ並んでいた話しを思い出した。

最後に。
知覧からこっちに持って帰ってこれてホントに良かった。

特攻の記念館に飾っておくなんて馬鹿馬鹿しい。

そこは撮影禁止だとか。

この機体はそんなもんと違うやろ。

生まれ故郷に帰ってきてユックリとおやすみ。

また会いに行くからね。img_1974

I love ma.


中学の友人とランチタイム

朝から慈眼寺に行ってきた。

急ぎ足で戻ったのには訳がある。

今日は気のおけない春日中学校の友人たちとランチの日。

11時40分には眞澄さんを乗せた哲っちゃんのクルマがガレージに入ってきた。

「ガレージに入ってきたのモニターに写ってた?」と聞かれたので、

「もちろん、バッチリ捕らえていたよ。」

「どうする?すぐにランチに行く?」

「洋食春は人気のお店なので混雑するから早速行こう!」

やって来ました“洋食春”

店の前で代わる代わる写真を撮り合ってお店の中へ。

良いタイミングで5人掛けのテーブル席が残っていた。

みんなが揃って注文したのはオススメの「天然有頭海老とハンバーグのセット」

しばらくして運ばれてきた熱々のハンバーグと有頭海老フライ。

サラダを頂いてからハンバーグにフォークを入れてナイフで切った途端に肉汁が吹き出した。

「うわっ!スゴイなあ。美味しそう。」

ワイワイガヤガヤ話しながらも海老の美味しさとハンバーグのソースを味わいながら楽しい食事をしてきた。

「どう?美味しかった?」「もちろん!美味しかったわぁ!」

満足である。

ゴチになりました!

食事の後はうちのロフトスペースに置いた櫓炬燵に足を突っ込んで珈琲を飲みながらまた楽しい会話が始まった。

こんな楽しい時間、他にないものね。


江戸川でランチ

IMG_8836
前から約束していた春日中学同級生でランチの日。

昼過ぎに大阪から眞澄さんがやってきて、哲っちゃんと3人で江戸川に行ってきた。

座敷とテーブルのふたつの場所があるが、今日はテーブルと椅子が設えられたところに案内された。

天井が高くて元は調理場だったと説明が書かれている。

眞澄さんと哲っちゃんは同じものを注文し、ワタシは鰻重を注文した。

しばらくして注文品が運ばれてきた。
IMG_8839
テーブルごとの間隔が広くてゆったりしたお店の中はいい雰囲気。

哲っちゃんが横を向いてる間にコソッと刺身を食べたり。

江戸川からうちの家まで奈良散策をしながらアトリエに戻って珈琲を淹れてiPhoneの勉強会。

写真の便利な撮り方や転送の仕方など基本的だがiPhoneでは必須のものである。

そしてついに哲っちゃんもLINEを始めることになった。


仲良しな3人でお好み焼き


昨日の雨も上がって週末の土曜日の奈良は好天。

奈良航空自衛隊の基地祭に行った眞澄さんと哲っちゃんとランチを食べる予定の日。

12時前に哲っちゃんから電話が入ってうちまで迎えに来てくれました。

乗ってきたクルマを専用の駐車場に入れて猿沢池へ。

眞澄さんとのツーショットを撮ろうとすると隠れる哲っちゃん。

パノラマ写真を撮ったらようやく写りました。

電柱の陰に隠れても見えてるよ、眞澄さん。

「これから何処行くの?」と聞いたら
「これから三条通りにあるお好み焼き屋さんに行こうと思ってる。」と哲っちゃん
「初めて行くお好み焼き屋さんやな。楽しみ!」
と言うことで僕も加わって3人でランチです。

お好み焼きを食べながら三人でさんざん喋り倒してお腹いっぱいになった帰り道は再び猿沢池のほとりに腰を掛けて初夏の爽やかな空気と景色を楽しんでました。

昨日が雨だったの今日の空は澄み切った紺碧の空です。

気持ちが良かったなあ。

猿沢池南側の公園の工事中の看板にはこんな文言が書かれていました。


プチ同窓会のプチ

P1000875P1000876P1000878P1000880b
1130時
明後日の23日に春日中学で開催する「井戸端プチ同窓会」の打ち合わせと称して有志5人が北東向き商店街の「さくらバーガー」に集まった。

“打ち合わせと称して”

眞澄さんは今年の1月17日に奈良に来てさくらバーガーを食されているが、あとの3人は初めて。

出てきたさくらバーガーを見て「これ、デカイなあ。大口開かないとあかんなあ。」と哲っちゃん独白。

そして食べ始めたら美味しさにみんな無言。

打ち合わせ?そんなのあったか?状態。

でも打ち合わせはせなあかん!ということでさくらバーガーを食べたあとは近鉄奈良駅前からバスに乗って春日中学へ。

眞澄さんは哲っちゃんの運転する2シーターに乗って春日中学へドライブ。

とぅび〜こんてぃにゅー・・・


着物の眞澄さん*

「お昼出れたらさくらバーガーを食べに行きません?」

と連絡をもらったのは5日前の日曜日。

もちろん!眞澄さんとなら是非ご一緒させて頂きます。

そして金曜日の昼前に近鉄奈良駅前の行基像の前で待ち合わせ。

やって来たのは着物姿の眞澄さん・・・・・(*_*) 目が点

とてもステキや。(つば飲みこんでる音)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一緒に歩いていたら振り返る人(男性も女性も)が何人も。
(見るんじゃねぇよ!)

一緒に入った北東向きにある“さくらバーガー”

定番のさくらバーガーを注文してふたりでかぶりついてました。(^_^;)

もっともかぶりついていたのは僕で、眞澄さんはお淑やかに・・・そっと。

とてもステキな金曜日の午後を過ごさせていただいて感謝です。

I love ma.


眞澄さんから書籍が*

DSC_1586宮崎駿監督の「風立ちぬ」で主人公の堀越二郎が話題になっているので書店にも堀越二郎の設計で日本を代表する戦闘機「零戦」に関する書籍が出ていると思います。

8月27日、家のポストに書籍が届いていました。
誰が送ってくれたのかと送り主を見たら同級生の眞澄さんからでした。
こういう細やかな気遣いが素敵な方です。

零戦関連の書籍はたくさん持っていますが、このムックは初めてです。零戦に関してはすでに語られ尽くされた感はあります。設計者からの目で見るか運用側の目で見るかパイロットからの目で見るかで零戦の評価は大きく変わってきます。
堀越二郎は優秀な設計者であることは異論はありませんが、フォッケウルフ社でFW190を設計したクルト・タンクのようにパイロットではなかったことが「ある部分人事」みたいなところが有るように思います。

そんなことはさておいても僕に書籍を送ってくれた眞澄さんには感謝です。
眞澄さんに読んでもらえたらと思ってギャビン・ライアルの「深夜プラス1」を7月29日に送ったのでそのささやかなお礼だそうです。
そんなことは全く気にしなくてもいいのに。


3連休の初日は眞澄さんとランチでデート*

7月13日土曜日の10時50分にメールが・・・。

急に思い立って奈良に来たんだけど今から襲撃してもいい?と眞澄さんからのメールです。
もちろん大歓迎。話したいことはいっぱいあります。

眞澄さんがやって来て30分後に城森にはメールで「眞澄さんが来てるで〜!」
中村哲ちゃんには電話で「眞澄さんが来てるで!」と連絡したら「なんや、来るのが判っていたら打ち合わせを断って待っていたのに。」だって。

11時にやってきた眞澄さんと悪魔の館で2時間あまりたっぷりと話が出来ました。

13時過ぎから楽しいランチタイムです。
東寺林町にあってヘルシー素材にこだわった低アレルギーのお菓子などを製造・ 販売しているプティ・マルシェで「眞澄さんとランチでデート」しようと思いましたが・・・・

その後、うちの家の前にやって来た城森。

「眞澄ちゃんがまだいるんやったら連絡してくれよ。」と怒られちゃいました。

アタマから湯気が上がっている城森と連れ立って田中町バス停前の城森の家へ。

10分ほど話しをしたあとは眞澄さんと「せいびっ子まつり」に行ってきました。
夕方の4時に済美小学校の正門前で末吉くんと待ち合わせ。

僕一人で来ると思っている末吉くんを驚かそうと眞澄さんと相談して、済美小学校が近づいたら僕だけが末吉くんのところに近づいていって、後ろからそっと歩み寄った眞澄さんが末吉くんを驚かそうという企てでした。
済美小学校に近づくと、歩道の前で待ってくれている末吉くんの姿が目に入る距離になったときに、眞澄さんと距離を離して歩いて行きました。
正門近くで待ってくれていた末吉くんと僕が並んで学校に歩いている後ろから眞澄さんが末吉くんを驚かせて・・・。
眞澄さんが来たことを全く知らなかった末吉くんの驚いた顔。
そして僕がもっと驚いたのは末吉くんが言った言葉でした。
「向こうから福井くんが歩いてくるのは判ったんだけど、横に素敵な女性が一緒にいて、俺の方に近づいてくるときに彼女との距離を取ったので、あれってもしかして(と小指を立てる仕草)見てはいけないものをオレ、見ちゃったのかなあ。と思ったよ。」とポツリ。

そりゃだれが見ても眞澄さんは素敵ですものね。

間違えられたとは言え、想像の逞しさに驚くやら嬉しいやら。

前原眞澄
会場で忙しく働いている池口くんも眞澄さんの姿を見るなりビックリするやら大喜びするやらで楽しいお祭でした。
17時過ぎに大雨に見舞われたりしましたが、日中の暑さも和らいで過ごしやすい「せいびっ子まつり」になりました。