NIKKOR−UD 20mm F3.5 Ai”が届いた

Collage_Fotor8月22日月曜日の午前10時18分にクロネコヤマトがポストに不在通知を投げ込んだ。

施餓鬼でお寺に行っているあいだにクロネコヤマト便の配達が来たようですぐに電話をしてヤフオクで落札した商品を持ってきてもらった。

ドキドキしながらパッケージを開封する。

なんと!傷ひとつ無い(大袈裟ではない)キレイな“NIKKOR-UD 20mm F3.5 Ai”が入っていた。

これが28,000円で手に入ってビックリ。

ヘリコイドの動きもスムーズでバックラッシュも無く、中古にありがちな不満点は全く無いキレイなレンズである。

早速、三脚に載せたNIKON Dfにレンズを取付けてベランダから撮影テストをする。

ISO100で絞値を開放のF3.5からF22まで順次絞っていた画像を確認した。

開放のF3.5からF4までは周辺光量の低下が見られるがF5.6でフラットになり周辺部の画像の流れも開放から殆ど見られない優秀なレンズである。

傷の付きやすいあの時代のヘリコイドなのに全く傷も擦れもないニッコールレンズを久しぶりに見た。

これで40年間憧れ続けた想いがようやく晴れる。


レンズの話 “NIKKOR-UD 20mm F3.5 Ai”

Collage_Fotor久しぶりにレンズを買った。

正確にはたったいまヤフオクで落札したところだ。

こんなきれいなレンズが28,000円で落札できた。

“ニコン UDニッコール 20mm F3.5 Ai改造” (NIKKOR-UD Auto1:3.5 f=20mm)

このレンズ、1960年代後半のレンズである。

僕が大阪芸大に在籍した1974年頃にはクラスの仲間で持っている奴がいて羨ましかったなあ。

僕がもっていたNIKONの20mmは、このレンズのあとに出た新しい奴。

New Nikkor Auto 20mm F4 と言われたヤツでフィルター径が52mmのもの。

もちろんマルチコートされた設計で写りは良いはずなのだが、この旧型の72mmフィルターを使う大きめのレトロフォーカスレンズが何故か魅力的に見えていたのである。

ニッコール千夜一夜物語にその辺の詳しい話しが載っている。

あれから40年が経った。

ヤフオクに出品されることも度々あるニコン UDニッコール 20mm F3.5はAi以前のレンズなので、NIKONでAi改造されていないものも多い。

今でもニコンサービスセンターでAi化をやってもらえるなら別だが、20世紀末でAi改造サービスは終わっている。

Ai化が始まったのは1970年代だから30年近くもサービスを続けてくれたニコンは素晴らしい会社だが、流石に今ではAi化するのは不可能。

それならAi化されたレンズを探すしかないが、なかなか良品は出てこないものだ。

たまに出てきても価格がべらぼうだったり、外観が傷まみれだったりするとそれだけで興ざめである。

今回ヤフオクで落札したものは写真で見る限り綺麗な状態に保たれているようでとても楽しみなレンズだ。


SEIKOストップウォッチ再び

2月17日の到着したSEIKOストップウォッチ(ワンプッシュ)を手に入れてから、またぞろストップウォッチ病が発症してしまった。

ヤフオクに出品されているSEIKOストップウォッチを“ウォッチリスト”にいれて眺めていると良さそうな(ワタシの好みを基準)ヤツが2つ。
P1020505
ひとつは前回に落札したものと外観はほとんど同じで秒針が60秒で一周する1/5sec計測の30分積算計が付いたタイプ。

スタート・ストップは龍頭で行い、リセットは11時に付いているリセットボタンを押すことで針が復帰するモデルだ。
P1020504
もうひとつは更に古い時代のSEIKOストップウォッチで秒針が60秒で一周する1/5sec計測の30分積算計の付いたワンプッシュタイプ。

昔の鉄道時計とほとんど同じ形状で懐中時計のようなカタチである。

2月22日(日曜日)の遅くにオークションは終了し、何度か絡んで来る他の入札者と競り合ってようやく落札することが出来た。

リセットボタンが別になっている88-5061。価格は5,662円
出品者はsmile_networcさん。

もうひとつのSEIKOストップウォッチ手巻。6,962円
出品者はrodds_tokyoさん。

2月24日(火曜日)の午前11時に相次いで到着したSEIKOストップウォッチ。

ざっと眺めたところ問題はなく、とてもきれいな状態だったのは幸運だ。

SEIKOは1979年に手巻のストップウォッチを製造中止しているので、40年以上経過しているものとしてはとてもきれいな部類だろう。

前回は秒針が30秒で1回転する15分積算計が付いたワンプッシュ。

今回は秒針が60秒で1回転して30分積算計が付いてリセットボタンが11時位置に付いたタイプ。

同じく秒針が60秒で1回転して30分積算計が付いた古いSEIKOワンプッシュタイプのストップウォッチ。

どう違うねん?

30秒で1回転するのは1/10秒計測で60秒で1回転するのは1/5秒の計測が出来る。
そして1/10秒計測のほうはハイビートである。

みんな違うやろ?


SEIKOワンプッシュストップウォッチ

IMG_7223アナログのストップウォッチの話しをしながらヤフオクを検索していたらいくつか気になるSEIKOのアナログストップウォッチをお気に入りに入れておいた中でワンプッシュタイプのものを落札した。

ワンプッシュタイプとは12時位置に付いている竜頭を押す度にスタート・ストップ・リセットを繰り返すものをいう。
ワンプッシュ以外のストップウォッチは竜頭を押してスタート・ストップだけでリセットは11時位置(一般的なモデル)にあるボタンを押すことでリセットされるものがある。

どちらが良いとか便利だとかではない。用途の違いである。

ストップウォッチには上記のものとは別に、秒針がふたつあるモデルも存在する。

例えばサーキットを走るクルマのタイムを測る場合、周回しているクルマの1周毎のタイムを測る場合、リセットされてしまうと困るわけで、目の前を通過した時にストップを押したらひとつの針は停止するが、もう一方の針は動いたままになっていて、停止した針を再び動かすと動いた針に追いつくような動きをするのがこのタイプのストップウォッチである。

IMG_722610年ほど前に新品で購入したHanhartのストップウォッチがこのタイプだ。

クオーツならこんな動作はお手の物で、前回に掲載したSEIKOのアナログクォーツなら針が一本でもこういった計測が可能だ。

しかし魅力を感じるのは竜頭でゼンマイを巻き上げるアナログなストップウォッチだと思う。

※ヤフオク!で2,500円で落札したSEIKOストップウォッチ88-5051。
出品者はy_koji2002さん